明日から「変わる」ために、今すぐ捨てるべき19の考え方

人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々あるようです。

Elite Daily」の女性ライター、Ashley Fernさんがまとめた「変えるべき考え方」を紹介しましょう。

それらを手放すだけで、いま感じている窮屈さから開放されるかもしれません。

01.
「明日が良ければいい」
という曖昧な予想

Ca31f00e30a1a8ff1c272612dccf0531843ce7bf

目的や目標をしっかり見据えて生きることは、幸福へのカギです。うやむやなままの「なんとかなる」は、ただ明日を乗り切るだけの考え方。頭の片隅にでもいいので、5年後、10年後のビジョンを持って、毎日を過ごしましょう。

02.
「お金持ちになりたい」
という漠然とした希望

多くの人が、本音では「お金持ちになりたい」と願っているもの。でも、必要以上にお金を手にしたいと願えば願うほど、人生の価値がお金でしか判断できなくなってしまいます。お金は、あくまでも目的を得るための手段にすぎません。

03.
「幸せはすぐそこに…」
という根拠のない甘い妄想

自分から積極的に外に出て充実感を得るような体験を積まなければ、いくら待っていたって幸せは望めません。幸せは自分から掴みとりにいくものです。

04.
「他人からの意見」に
一喜一憂する自分

Dd2a562df9ed2008e28f5d8e73319ce1c2fff9ef

あなた自身が下した決断、他人が咎める権利はありません。もちろん、アドバイスや意見を聞き入れることは大切ですが、最後に信じられるのは自分の意志だけ。でなければ、どうやって自分自身で道を切り開いていくことができるでしょう。

05.
「知っているつもり」と
頭から決めてかかる

まだ味見もしていないうちから食べた気になるのは、愚かな行為さえと言えます。偏見は人を盲目にさせます。いつになっても真実に気づくことができなくなりますよ。

06.
手が届きそうもない
「完璧な人生」を夢見る 

完璧な人生なんて存在しません。努力を惜しまず、困難に立ち向かってこそ、初めて人生に価値が出てくるものです。迷いながらも自分で選択するひとつひとつが、あなただけの人生を反映していくのですから。

07.
成功に乗っかるだけ?
「他人任せ」の幸福

幸せを共有することは、人生の醍醐味のひとつです。でも、他人の幸せをシェアするだけでは、いつまでたっても都合がいいだけの人になってしまいます。

08.
自分の見た目に
「コンプレックス」がある

F77a82e9e1694250d4289c8ba60f87ba81341abd

あの子はキレイなのに、なんで自分は…。そういったネガティブな印象を他人に伝えるのはやめましょう。大丈夫、誰だってコンプレックスの1つや2つあるのですから。

09.
パートナーに完璧を
求める「自分勝手」さ

完璧さを求めるということは、相手をよく見ているようで、じつは何も見えていないということ。理想をすべて求めることはやめましょう。

10.
モノであふれて
「身動きできない」生活

モノに囲まれた生き方は、必ずやあなたを窮屈にするでしょう。人生において本当に必要なものなんて、それほど多くないはずです。不要なモノを整理することで、新しい考え方を宿すスペースをつくりましょう。

11.
過去の恋人に
「縛られて」生きること

過ぎた日々をいつまでもダラダラと引きずることは時間のムダです。一時の感傷に浸ることは誰にでもありますが、それをバネに跳躍してこそ、人生は楽しみを増していくのですから。

12.
怒りや不満で
盲目になること

614b2e08e7c7e0858fb505e97a9043cde946eca2

怒りは、あなたの内面を食らい尽くします。あなたを誤解している人たちからも学ぶ必要があるでしょう。怒りは人を盲目にさせるし、真実を閉ざしてしまうことを忘れてはいけません。

13.
やれるのに、やらない
自分への「言い訳」

弁明や言い逃れのために時間を割くことには、何の意味もありません。できること、やれることから逃げているだけでは、一歩も前には進めません。

14.
凝り固まった
「ひとりよがり」

他人との寛容性を持たずして、自分の成長は望めません。他人の意見を受け入れることができて初めて、生きる意味を見いだすことができるのではないでしょうか。他人から学ぶことは、とても多いものです。

15.
前に進む勇気を阻む
「消極的」な考え方

「どうせ」「だって」。否定的な考えから入るのは止めにしましょう。自分で自分の可能性の芽を摘むような行為は避けたほうが吉。まずはやってみる!この気持ちで始めてみましょう。

16.
ズルズルと
先延ばしにすること

D8655957e7307e7940bda570659afe8affc5fbeb

今日できることを明日に延ばすのは、やめましょう。能力を最大限に引き出し、目の前のタスクに挑むこと。もっと自由な時間を得るためには、今どう動くかが大切です。

17.
他人の幸せを喜べない
「嫉妬」のキモチ

誰の人生も個性的で、ひとつとして同じものなどありません。他人を羨んでばかりいるより、自分から行動を起こしましょう。幸せに嫉妬する時間があるくらいなら、自分の幸せを見つけに行きましょう。

18.
自信の無さがもたらす
「ひ弱な心」

失敗や不安は誰にだって起こりえます。これらを恐れて先に進めないのは、自分の弱さです。まずは自分に打ち勝つこと。

19.
「過去」に囚われて
生きる日々

過去は教訓であり、より良く生まれ変わるためのツールです。だけど、縛られていては同じ過ちを繰り返すだけ。過去から学び、未来へ進みましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
あなたが幸せになりたくてもなれない原因、何かわかりますか?それは「あなた自身」にあるのかもしれません。あなたの中にある欲やプライド、さまざまなことが幸せを...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...
これは、「Elite Daily」のライターSydney McBrideさんが2014年末に書いた「2015年には絶対やめることリスト」。少し前の記事では...
人は易きに流れる生き物。だからこそ、苦しいことや辛いことと向き合えば成長が待っているはず。たとえば、こんなことから目を背けずにいられれば、日々のモチベーシ...
人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。例えば、こんなセリフを知らず知...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
幸福の形は、人によって異なります。幸福かどうかは人それぞれの心の問題にすぎません。つまり、捉え方次第であらゆる感情を幸福に結びつけられるのです。商社、市役...
家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
人生には、変化を恐れずに行動を起こした方がいい時があります。「I Heart Intelligence」に掲載された20のサインは、人生の転機を知るために...
仕事も人間関係も順調なのに、何だか気分が上がらない。そんなときは、面倒くさいと思っても自分をハッピーな気持ちにしてくれる人やコトを、いま一度振り返ってみま...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...