2016年を迎える前に、サヨナラすべき16の「人・モノ・習慣」

ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめている内容は、年末のこの時期にピッタリ。というのも、新年を迎えるにあたってサヨナラを告げるべき“悪しき習慣”が挙げられているのです。

自分ではわかっていても、悪いクセってなかなか直らないもの。まずは自分に該当する項目をチェックし、意識することから始めてみては?

01.
“どうせ◯◯だろう…”
という思考

756076

「これは無理…」「こんな人間にはなれない…」といった思考には別れを告げましょう。そうした囁きに意味はありません。今すぐそれに気づくべきです。

02.
行動を振り返り、
反省するクセ

私たちは自分の行動をすぐに振り返りがち。でも、すべてを反省する必要はありません。反省もいいですが、自分の可能性や達成したことに、もっと自信を持ちましょう。

03.
過去のネガティブな記憶

同様に、過去のネガティブな記憶にサヨナラを。それらを忘れて、自分は常に“生きる方法”を学んでいることを覚えておいてください。

04.
実現しそうにない約束

33412964

守れない約束はしないようにしましょう。何事にもタイミングがあります。良いことをするには、時間がかかることを理解する必要があります。

05.
まず“否定”から入ること

何事も否定的に考えてしまうーー。これもなんとか別れを告げたいクセ。やめることができれば、幸せな生活を始めるきっかけになるでしょう。

06.
悲しくて涙した過去

傷つき、泣いた時間を清算しましょう。直面するかもしれない困難に対応するために、自分の過去を受け入れるのです。

07.
一緒にいるべきでない
“有害な”人間

ja022117717_Large

一緒に居たくない人とは、もういないようにしてください。彼らは何らかの理由で、あなたの人生にとって意味のない存在になっています。本当に自分の大切な人とだけ付き合うように。

08.
いい思い出も…

たとえいい思い出であっても、何度も思い返すのはやめましょう。「そういえば◯◯はどうなったんだろう…」などど考えることがありますが、それはあなたがそこで立ち止まっている証。今こそ、新たなことに目を向けるべきタイミングです。

09.
便利なテクノロジー

スマートフォンやPC、SNSなど中毒のように取りつかれているものを手放してみてください。自然の中で多くの時間を過ごすように。何事も、やりすぎては自分を息苦しくさせるものだと自覚しましょう。

10.
過ぎ去ったことへの後悔

Pensive/dreaming woman on the beach

「あの時、ああしておけば…」と過ぎ去った過去への後悔はご法度。そう悔やんだところで何も変わらないでしょう?

11.
誰かに言われた悪口

他人に言われた悪口を忘れれば、あなたは自分をもっと愛することができます。自分を良く見せるために、他人を軽視する人はたくさんいるものですから。

12.
常識がなかった
“未熟”な自分

未熟な自分にも別れを告げるべきです。ただ単に、あなたにまだ常識がなかったのだと心に刻み、前へと進みましょう。恥ずかしかった経験として覚えておき、前進の糧にするのです。

13.
過去に愛した人

Couple holding hands at sunset

もうあなたの元へは戻ってこない人を思い出し、寂しさを感じるのは無駄。そのうちあなたは、その人のことを思い出さなくなるでしょう。そして、その人よりもあなたのことを考えてくれる人の存在に気づくはずです。

14.
逃してしまった
魅力的なチャンス

行けなかった旅行や場所、参加できなかった結婚式など、自分が逃してしまった機会もサヨナラの対象。すべてが計画通りに進むことなどあり得ません。参加できなかったことに罪悪感を感じる必要はないのです。

15.
気に入らない
自分の見た目

鏡に写る自分の“見た目の欠点”を考えても仕方ありません。大切なのは、自分自身の見方を変え、自分を好きになることです。

16.
“来年も何も変わらない”
という考え方

Pensive woman in bed

「どうせ来年も今年と変わらない…」 そんな風に考えるのはやめましょう。その思考を変えれば、きっと素晴らしいチャンスや夢に出会えるはずです。

Licensed material used with permission by Rania Naim (Facebook / Twitter)
Originally published by Thought Catalog at www.thoughtcatalog.com
Rania Naim is an Egyptian aspiring writer; currently writing for Thought Catalog & MOGUL.
Or an aspiring writer; currently writing for Thought Catalog & MOGUL. Made in Egypt!

言い訳は、聞き飽きたここで紹介するのは、新しい1年に挑戦するための決意の数々。今年こそはーー。01.自分の中に毒をもつ!岡本太郎氏の名言にもあるが、人間、...
ここで紹介するのは「Inc.com」に掲載されている「2016年を素晴らしい一年にするための、たった1つの言葉」という記事。どうやら、あるキーワードに焦点...
2015年も残りあとわずか。そろそろ意識が新年に向き始めている人も多いのではないでしょうか。そこで「Higher Perspective」に掲載されている...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
ここで紹介するのは、アメリカのメディア「Higher Perspective」に掲載された「6つの仏教の教え」。それは、あなたの人生を変えてしまうほどの可...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
「まだ若いから」という理由で、いま何かと向き合うことを避け続けているのであれば、それはいずれ自分の首を絞めることになるでしょう。見て見ぬフリをすることに、...
新年は心を入れ替える大チャンス。この機会に、自分のダメな習慣を見つめ直してみませんか?今回、そのヒントをくれるのはライターBianca Sparacino...