真の自由を得るために、20代で身に付けておきたい10の習慣

これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シンプルに生きるための162のコトバ』(日本経済新聞出版社)だ。

Vol.2では、そのなかから「自由に働く人の習慣」に関する言葉を紹介。

自分自身を鼓舞したい時、一歩前へ踏み出すきっかけを探している人へ。


 001.

習慣が運命を

変える

習慣は少しずつ生活を変えていく。わずかな元手でも複利で運用することで大きな資産になるように、習慣で少しずつ生活が変われば、その積み重ねで人生と運命が変わってくる。

002.

常識にしばられるな

nomad

「しばられている」、という感覚はないかもしれない。しかし、「常識」という名の「他人が都合良く作ったルール」に支配されているということはよくある。

003.

会社の理不尽な習慣や

ルールに耐えるのは、

ストレス耐性を

高めるための筋トレ

どんなに好きなことでも、それが仕事になれば、必ず苦痛やストレスを伴う。ストレスに強くなくては、どんな世界でも成功できない。

 004.

動機付けは、

内部から湧き起こるものでないと、

なかなか前に

進むことができない

nomad

親が子どもに「勉強しなさい」と言っても、外部からの動機付けなので、やる気を起こさせることはできない。「日曜日に遊園地に行く」というのは内部からの動機付けなので、どんな早朝からでも喜んで出かける。

005.

長期的な視点でやっていかない限りは、

短期的にいくらプラスだったとしても

最終的にはマイナスになる

一発屋のお笑い芸人より、ぱっとしなくてもずっとテレビに出演し続けている芸人の方がすごい。続けていくことの大切さは、会社経営、人間関係、仕事の能力、お金の使い方などあらゆる分野にあてはまる。

006.

人生には何かに焦点を合わせて

徹底的に頑張る時期が必要だ

nomad

「今が楽しければいい」と思って刹那的に生きていたら、何の能力も身につかない。自分に必要な能力を身につけてからでも、人生はたっぷり楽しめる。

007.

1つの物事をするときに、

同時に何かできないかを考える

nomad

たとえば、朝5時に起きて風呂に入りながら読書をし、通勤中はビジネス書を読めば、限られた時間で本を読む量が増える。ジョギング中はiPodを使って音声教材を学ぶと決めれば、体を鍛えながら頭も鍛えることができる。

008.

ビジネスパーソンにとっての

英語は投資アイテムではなく、

最低限もっているべき資本

英語は「できたほうがいい」という有利なオプションではなく、「できなければマイナスになる」という必須アイテム。英語を勉強するのは面倒くさいけれど、勉強しなければもっと面倒くさいことになる。

009.

早起きは人生の
重要なスキル

nomad

ノマドライフを目指すなら、とにかく早起きするべき。朝はさわやかで気持ちがいいし、頭も冴えている。考えることやインプットすることは、朝やったほうがいい。

010.

ゆるい服装が思考を広げる

nomad

着ている服装によって発想が規定されたり、逆に自由になったりすることがある。

LIVE SIMPLY シンプルに生きるための162のコトバ
コンテンツ提供元:本田直之

知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
今の時代、私たちの生活環境は、めまぐるしく変化しています。昨日の常識が、もしかしたら今日には非常識になることもある。そして、その変化に順応していける者しか...
「European Journal of Social Psychology」が「習慣を断つにはどれくらいの期間が必要なのか」について96人を対象に12週...
長い人生、ずっと同じ自分じゃつまらない。どうせなら、毎日少しずつ内面を磨いて、より良い自分へと変身しませんか?「Inc.」のライター、Nicolas Co...
社会に飛び出して、自信をつけた人もいるでしょう。逆に、周りから差をつけられて焦っている人もいるでしょう。30代に向けてのステップアップでもある20代…。「...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
執筆者・牧浦土雅1993年、東京生まれ。アフリカ、主にルワンダで国際協力機関と農民とを繋げるプロジェクトを牽引。日本企業の東アフリカ進出へのコーディネート...
毎日を健康的に過ごすためには、体と同じように脳にも運動が必要です。ほんの数分だけでも頭の体操をしてみませんか?思考力と記憶力を意識的につかうことで、心を落...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...