65歳以上なのに20代と同じ若い脳をもつ「スーパーエイジャー」の習慣とは?

誰でも、いつまでもはっきりとした意志を持って生活していたいですよね。どうすれば脳の働きを維持できるのでしょうか?

ライターのMinda Zetlinさんは、「Inc.」でこんな調査について紹介していました。

スーパーエイジャーになるためには
「簡単にできること」は
やらない

626e07ced952e27498674e3ee719fc565100041e

マサチューセッツ総合病院では、実際の年齢が65歳以上なのに脳年齢が20代の「Superager」17人を対象に、調査を行いました。

すると、「Superager」たちの脳は、クロスワードやパズルゲームで鍛えられるような認知を司る部分よりも、強い感情を司る部分のほうがより発達していたことが判明したのです。

では、どうすれば感情を司る部分を働かせることができるのでしょうか?パッと思いつくのは「悲しい映画を見る」や「思い切り感情を爆発させる」といったことですが、専門家によるともっと有効な方法があるのだそう。それは「簡単で、すぐできるようなことはやらない」ことでした。

毎日同じことばかり繰り返していても、感情は動きません。やったことがない新しいことや、難しいことに挑戦し続けることが脳に刺激を与えます。初めはできなくてストレスを感じますが、それを乗り越えるとさらに挑戦したくなるのです。

大切なのは、自分の限界を少しだけ超えること。「できない」というストレスと、それを乗り越えてできるようになったときの達成感が、感情を揺り動かします。

では具体的にはどんなことをすればいいのでしょうか?4つのアイデアを紹介します。

01.
楽器を学んで
発表日まで決める

9a49525e5bee3d5151c10c3b53d748f4db3bfe9a

まだ一度もやったことがない楽器を習ってみましょう。目標設定は、友だちや家族、同僚などの前で1曲を完璧に披露できるようになること、としましょう。

さらに自分にプレッシャーを与えるために、発表日を決めてみんなを招待するのもおすすめ。

02.
言語を学んで
その国へ旅行をする

0b178383b1d9c8576c7e8c11a84a56ec5920cdae

全然勉強したことがない、あるいは、少しだけかじったことがある言語を学んでみてください。

まずは、その国の言葉で書かれた本を「この日までに読み切る」という期限を自分で設定すること。その言葉を使う国への旅行を計画して、滞在中は積極的にその言葉を使うようにするのもいいでしょう。

03.
トライアスロンなど
挑戦しがいのあるものを探す

2f0d616a149025db38d0dd82e701937d13c19b27

もし興味がなければ、トライアスロン以外のことでも構いません。ジムに入会したり、武道を習いに行ったり、ハイキングや水泳のクラブに参加するのでもいいでしょう。

今までやったことがなくて、少し頑張らないとできないようなことに挑戦するのです。できるかどうかと悩む前に、申し込みをしてしまうのがポイント。

04.
思い切って
ステージに立つ

E47ea6305ae3005e1059aef35a73a642c098d0ad

スピーチをしたり、人前で何かを発表したことがないなら、ぜひ挑戦しましょう。大勢の前でステージに立つことは、とてもいい刺激になります。

もしスピーチやプレゼンに慣れているなら、演技や歌のクラスに参加してみるのもいいでしょう。

何より大切なのは、チャレンジすること。「やったことがある」「簡単だと感じる」ことでは意味がありません。新たな挑戦をし続けて、元気な脳をキープしましょう。

Licensed material used with permission by minda-zetlin
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
毎日を健康的に過ごすためには、体と同じように脳にも運動が必要です。ほんの数分だけでも頭の体操をしてみませんか?思考力と記憶力を意識的につかうことで、心を落...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
最近嬉しかったことは何ですか?今日は新しい発見がありましたか?明日、楽しみな予定はありますか?椅子から動かなければ肩がこるように、毎日が変わらなければ脳も...
「まだ若いから」という理由で、いま何かと向き合うことを避け続けているのであれば、それはいずれ自分の首を絞めることになるでしょう。見て見ぬフリをすることに、...
毎日、目の前の仕事をこなすことで精一杯になっていませんか?新しい発見やちょっとした喜びなど、刺激のある生活をしないと、脳にサボり癖がついてしまいます。ヤフ...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
もうすぐ30歳になる私は、20代が終わることに少し不安がある。人生が大きく変わるような出来事ではないとわかっているのだけど、年齢が上がることに少しネガティ...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
常日頃から筋トレをしている人って、歳を重ねても若々しいイメージがありますよね。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老...
ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナ...
とある少女がスーパーで、おじいさんに声をかけたところから始まる物語。スーパーで知らない人に声をかけても、その場限りの会話になることがほとんどですよね。しか...
いつまでも若くいたい!というアナタに。カウンセラーのT-Ann Pierceが、これまで出会ってきた若々しい人々の中から見出した共通点を紹介していますよ。...
「生活にハリがない」と嘆く人がいるとします。もちろん、人それぞれ環境の違いはありますが、どんな状況でも自ら動くことで、それを解消することができるはず。そう...
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...