最年少65歳、最年長94歳。世界最高齢のヒップホップダンスクルーがめちゃ青春してる!

ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。

そこで暮らしている高齢者たちが、2013年にヒップホップダンスクルーを結成しました。5人の子どもを女手一つで育てた94歳のメイニー。夫が認知症のテリー。ヒップホップの動きは好きだけど音楽が苦手だというカーラなどなど。

平均年齢は83歳。だれもが腰を手術したことがあったため、クルーの名まえは「The Hip(腰) Op-eration(手術) Crew」に決まり。

若人は夢を追いかけ、
老人は思い出の回想に浸る?

E12730dd78643a4e5ab49e99e1f295c9c6a96c5c

そんなステレオタイプは彼らに当てはまりません。目は見えないし、耳は聞こえないし、体は動かない。大きな心臓手術を経験した人もいれば、車イスが必要なメンバーもいます。

それなのに、彼らはラスベガスで開催されているワールド・ヒップホップ・ダンス・チャンピオンシップに挑戦したのです。それは、ヒップホップダンスのオリンピックとも言われている大会。でも、なんでまた?

「エイジズム」への反抗。

263642cb8493119981470ffc5db34c470e593208

2012年に話題になったYouTube「世界最高齢のフラッシュモブ」は、“世界最低レベルの振付師”と自身を説明する女性、ビリー・ジョーダンによるもの。この時はまだグループとして体を成してはいませんでしたが、この活動が「The Hip Op-eration Crew」の前身となりました。

エイジズムを課題として捉えていた彼女は、その偏見を変えたかったのです。年を重ねることに反抗したかったわけではありません。老人は虚弱で、社会に貢献できず、新しいことを学べない、テクノロジーも使いこなせず、何もしたがらない、自分が快適だと思っている環境に閉じこもっているーー。そんな、社会が持つ一方的なイメージを払拭したかったそう。

動画は再生回数300万回を超えて大ヒット。その結果を受けて、2013年にヒップホップダンスグループを結成することに。

挑戦するにあたって参考にしたのは、オークランドにある「デザイア・ダンス・アカデミー」の在校生たちでした。彼らは、2004年にニュージーランド勢として初めてワールド・ヒップホップ・ダンス・チャンピオンシップに出場した経験があります。人生の後輩だけど、ダンスでは先輩。そうして彼らと交流をはじめ、一緒に夢を追いかけはじめたのです。

夢を追いかけるのに、
年齢は関係ない!

7351cd8a05d7f01344ed9e96cec398f7499ec035

耳慣れないリズムに、昔のようには動かない体。持病もあるし、なにかあれば家族に迷惑がかかる。ラスベガスまでの旅費もないし、パスポートもない。 前途多難だったけど、彼らには“勇気”がありました。

悪戦苦闘をジョークで笑い飛ばしながら、メンバーは一つひとつ課題を乗り越え、「ラスベガスに行く」 という夢へと向けて一直線に進む。新しい世代や音楽との出会いを楽しみ、「今が一番楽しい!」と語り合いました。

そうしていくうちに、クルーは10代が集まるニュージーランドの大会に出場してスタンディングオベーションを受けるまでに成長。その活動を知ったアーティストたちからMVの撮影や楽曲提供のオファーがきはじめたのです。高齢者が掲げたアリエナイ夢は、メディアに取り上げられ、関心を集めるようになっていきました。大きな夢への道が拓けてきたのです。

ドキュメンタリー映画にも!

2014年6月。「The Hip Op-eration Crew」は、ギネスブックに「世界最高齢のダンスグループ」として登録されました。彼らの挑戦を追ったドキュメンタリー映画が同年9月に公開され話題にも。その後も世界を股にかけて活動をしているようです。こんな楽しそうなおじいちゃんおばあちゃん、ほかにいないはず!

ドキュメンタリー映画作品『はじまりはヒップホップ』の日本公開は、2016年8月27日(土)よりシネスイッチ銀座をはじめ、順次全国ロードショーが予定されています。そのほか、彼らを日本に招こうと資金を募るために、クラウドファンディングも実施中。映画の公式ホームページにはこう書かれていました。

「人生で一番若いのは、この瞬間」。
「心は永遠に年をとらない」。
「ちいさな勇気と好奇心のステップから、ときめく人生がはじまった」。

まさに青春。ラスベガスへの挑戦がどうなったのか気になるけれど、劇場へと足を運んで確かめてみましょう。そのほうが、きっと伝わってくるものがあるはずだから!

■映画
『はじまりはヒップホップ』
■上映スケジュール
8月27日(土)よりシネスイッチ銀座ほか、順次全国ロードショー開始。
■出演
The Hip Op-eration Crew
■監督
ブリン・エヴァンス
■原題
『HIP HOP-ERATION』
■配給
ポニーキャニオン

(c) 2014 Rise And Shine World Sales / Inkubator Limited / photo_Ida Larsson

Licensed material used with permission by はじまりはヒップホップ
最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気...
「今日が人生最高の日。不可能なんて何もないって毎朝思うのよ」。彼女が頻繁に口にするのがこの言葉。今年で98歳。世界最高齢のヨガインストラクターとして現在も...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブな...
やりたいことを始めるのに年齢は関係ない。それを証明してくれる、77歳の女性がいる。Wirginia Samytさん(77歳)は、世界最高齢DJ。ポーランド...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
誰でも、いつまでもはっきりとした意志を持って生活していたいですよね。どうすれば脳の働きを維持できるのでしょうか?ライターのMinda Zetlinさんは、...
1980年に出版され世界的な反響を呼び起こした、とある女性の回顧録がある。日本では「ロビンが跳ねた」というタイトルで発売された「TRACKS」のことだ。7...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...
リリースされるやいなや大ヒットとなった、Bruno Marsのファンキーな新曲「24K Magic」。そのノリノリのリズムに合わせて踊るのは、なんと平均年...
これまでの歴史の中で確証のある最高齢の人物として知られているのは、122年と164日間を生きたフランス人女性、ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんだ。しかし、...
原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げた大ベストセラー小説『14歳、僕らの疾走』。ドイツ児童文学賞をはじめ多くの賞を総ナメにして、舞台版でも最多上映...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
4月公開予定の映画、『ザ・トライブ』は、カンヌ国際映画祭批評家週間で3冠を受賞した作品で、セリフも字幕もなければ、ナレーションやBGMさえない異色の衝撃作...