毎朝、起きた時に思い出したい!「人生に大切な11のこと」

「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)

Elite Daily」にライターのPaul Hudson氏が書いた毎朝起きた時に思い出したいこと。その11項目には、自分らしく生きるためのヒントが隠されています。

11-remind02


 01.
選択する権利は
すべて自分にある

なぜ私たちは、無力感を感じてしまうことがあるのでしょうか。それは、自分を納得させるための言い訳かもしれません。まるで配布資料が配られてくるように、何かが与えられることを待っているのです。でも、人生に正しい配布資料なんてありません。したいことがあるなら、自分で実現しましょう。
そして今日から始めるのです。今日がよい日かどうか関係ありません。天気や気分によって左右されるものでもなく、外的要因も関係ないのです。
素晴らしい1日をつくるのは、他でもない自分なのですから。

02.
結果なんて
大切じゃない

11-remind003

私たちはみんな、大きなことを実現したいと思っています。でも、何かを達成することは偉大なのでしょうか?
偉大になるということは、日々を戦いながらよい1日を作り上げていくこと。
大切なのは自分が好きなように生きるために、毎日努力し続けること。結果ではなく、状態のことなのです。
勝利を求めるのではなく、常に満足していることを意識しましょう。

03.
失敗しない唯一の方法
「諦めない」

奮闘している時、このように考えると少し安心するのでは?実際、何かをやり続けることは至難の技。ほとんどの人は、始める前に諦めてしまうのです。でも挑戦している人は違います。

目を覚ますと、大変な1日がはじまります。諦めず、現状に逆らいながら泳ぎ続けるのです。失敗を受け入れず、他人から「あなたにはではない」と言われても耳を傾けません。自分を信じて挑戦する人は、敗者ではありませんよ。

04.
人生でやるべきは
「やりたい」と思うことだけ

11-remind00kr3

余計なものはすべて捨てましょう。人々はしたくないこともすべきと言いますが、それはウソ。
毎日毎秒、自分のやりたいことができていないなら、それは間違った生き方なのです。
確かに、私たちが行うことすべてが楽しいとは限りません。その時に必要だと思うからやることもしばしば。ただ、この時に必要なのは楽な道を選ばないこと。

05.
与えられる人生から
自分で切り拓く人生へ

人生にはコントロールできないこともありますが、逆も然り。自分の人生は自分でデザインするのです!あなたは、今までの選択の積み重ねでここにいるのです。
人生はコントロールできないと諦めるのは、怠惰で臆病な証。そういうことを考える人は逃げたいだけなのです。

06.
大切な人は
とても少ない

あなたにとってほとんどの人は、重要ではありません。このことをよく忘れてしまいがち。そして、間違った人たちに自分の人生を蝕まれてしまうのです。
よくない人に出会うこともあります。特に、あなたが大企業で働いている場合や、人口密度の高い地域や職場にいるとなおさら。

彼らは自分の人生が平凡なので、あなたに人生はつまらないと洗脳し、自分たちと同じようにさせたいのです。

07.
世間に期待するなんて
バカらしい

11-remind15397324

この考えを受け入れるのには、長い時間がかかります。
よく私たちは相手を助けるために、間違いを正そうとします。でも実際、そういった間違いを聞きたい人は少ないのです。
そして、世界中には愚かな人で溢れていて全員を助けることはできません。
そんな中で、ストレスを最小限に抑えるためにできる最善のことは、相手に期待しすぎないことです。

08.
幸福なんて
考え方次第

私たちの幸せが、周囲の環境の結果によって起きると思っていませんか。この考えは今すぐ変えないといけません。
私たちは、今この瞬間から幸せを手に入れることができます。自分が現在いる状況に感謝する、という視点を手に入れる努力が必要なのです。
幸せになるということは、自分が満たされている状態なのです。

09.
他人のことは
忘れよう!

11-remind7

前述したように、ほとんどの人は愚かで、多くの人はあなたの人生と何の関係もありません。
また、人は自己中心的で自分のことばかり考えています。なので、相手の間違いを攻撃してくることもあります。この時にどの​​ように反応するか注意しなければいけません。あなたがすべきは、こういった人を許し、起こったことすべてを水に流すのです。またはそういう人とは一切付き合わないこと。

10.
今、持っているものを
アップグレードする必要はない

私たちは、つねに隣の芝生は青いと考えてしまいがち。ですが、人生はアップグレードする必要なんてありません。
幸せで充実した人生を送るために、私たちは自分が持っているものに感謝して愛する努力をしましょう。恋に落ちたなら、関係を続けるよう最善を尽くしましょう。最終的に、すべては終わりを迎えるのですから。

11.
生きていることの
喜びを噛み締めよう

11-remind15397324

たくさんの人々が、毎日死んでいます。
朝に目を覚ますことができるのは、ありがたいこと。確かに、私たちは大変な世界に住んでいます。事故が起こることもあれば、それによって死んでしまう人もいます。だから、いま呼吸をして生きていることは奇跡なのです。死んだ後に何が起こるかは分かりません。死によって何もかも終わる可能性すらあります。だから可能な限り、生き続けましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily

「私は自分のことを完璧だなんて思ったことはありません。常に成長しています。そして、大切なことは何も人からだけではなく“愛犬”からだって学べるのです」-Wr...
人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思...
ここで紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された、記事。タイトルの通り、ちょっと落ち込んでいる…という人に読んでもらいたい記...
幸福の形は、人によって異なります。幸福かどうかは人それぞれの心の問題にすぎません。つまり、捉え方次第であらゆる感情を幸福に結びつけられるのです。商社、市役...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
幸せは自分でつくり出すもの──。なんてよく言われていますが、実際これができる人が少ないのは、難しく構えているからかも。もしかしたら、「Thought Ca...
人間関係や仕事、家庭でのトラブル。毎日生きていればつらいことだってありますよね。でもイヤなことだって自分の捉え方次第では、幸せにだってなり得ることだって…...
どんなに辛いことが起きても、いかなる困難に出会っても、いつも前を向いて行動する人がいます。そんな人たちに共通していることは、難しく考えずポジティブな言葉を...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
「Thought Catalog」のライターBianca Sparacino氏が書いた、あなたは知らないうちに人生をムダにしているという記事が公開され、大...
もうすぐ30歳を迎えるワタクシ。気づいたらもうこんな年齢かと思い、これまでの人生を振り返ってみた。すると、「もし、あの時◯◯だったら」なんて後悔がいくつも...
人は易きに流れる生き物。だからこそ、苦しいことや辛いことと向き合えば成長が待っているはず。たとえば、こんなことから目を背けずにいられれば、日々のモチベーシ...
すべてが上手くいくときもあれば、その逆もしかり。だからこそ人生は面白い。そんな達観したようなマインドは、常人ではなかなか持てないもの。辛い状況のときに気持...
人生は楽しいことばかりではありません。生きてることに感謝したくなるくらい幸せな時もあれば、幻滅するくらい落ち込むことも。けれど、正解などないこの世の中を、...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
数年前に世界的ヒットとなったダニエル・パウダーの『Bad Day』。落ち込んだ人に向けて「頑張る必要なんてないよ」というメッセージに癒された人も多いのでは...
幸せな人生は、どうすれば手に入るの?つい難しく考えがちですが、そのための鍵は、意外と日々の生活の中に潜んでいるかもしれません。「Little Things...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...