なぜチベットでは「焼身抗議」が後を絶たないのか?心優しき遊牧民のリアルな姿

インド北部の町ダラムサラから、チベット人の「焼身抗議」をブログで発信し続けている一人の日本人がいる。建築家、NGO代表という二つの顔を持つ中原一博氏だ。彼は、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が暮らすこの町に30年間住み続け、故郷を失った数多くのチベット人を支援してきた。

改めて説明すると、「焼身抗議」とは中国の圧政に対して自らに火を放ち抵抗を示すもの。その数は2015年3月3日時点で141名とされており、今でも多くの命が失われているという。

映画『ルンタ』は、そうした「非暴力の闘い」に込められたチベット人の心を描く渾身のドキュメンタリー作品だ。

「ルンタ」サブ2_R

監督は、2002年公開の『延安の娘』で文化大革命に翻弄された父娘の再会を描き、世界30カ国以上で称賛の声を浴びた池谷薫。

1989年にテレビドキュメンタリーで中原氏と出会った彼は、そこから四半世紀の準備を重ねて『ルンタ』を完成にこぎつけた。2005年公開の『蟻の兵隊』、2012年公開の『先祖になる』に続いて、本作が彼にとっての劇場公開4作品目となる。

「ルンタ」サブ1_R

「ルンタ」とは、チベット語で「風の馬」の意。人々の願いを仏や神々のもとに届ける存在だと信じられている。本作は、そのルンタが導くチベット人の心を探る「旅」の記録だ。

「ルンタ」サブhigh_R

「旅」の中で出会うのは、決死の抗議活動を外国メディアの前で行なった青年僧、長期間収監されながらも仏教の教えを守り抜いた老人など不屈の精神を持つチベットの人たち。

そんな彼らが発する声の根底に流れるのは、「慈悲」や「利他」といったチベット固有の精神だ。世界各地で起きるテロ行為が我々を脅かしている今、暴力とは一線を画した闘いを続けているチベット人たち。本作は、彼らの優しくも強い姿を鮮やかに描き出している。

「ルンタ」メインlow_R

映画『ルンタ』は7月18日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラム他全国で順次公開予定。「非暴力の闘い」に込められたチベット人たちの誇り高いメッセージに、あなたもぜひ耳を傾けてみては。

ちなみに、映画の公開を記念したイベント「チベットWEEK」が旅カフェ GIFT 下北沢 HOMEにて開催予定。期間は7月4日(土)から12日(日)までの8日間で、5日(日)はチベット音楽の生演奏、12日は池谷監督と中原氏のトークショーが予定されている。期間中は蒸餃子「モモ」や揚げ菓子「カプセ」、「バター茶」といったチベット料理も堪能できるとのこと。このイベントで一足先にチベットを体感すれば、『ルンタ』をより一層楽しめるかもしれない。

btn_runta_150703

 

Licensed material used with permission by Ren Universe 2015

チベットと聞いて思い出すのは、頭痛だ。僕が滞在したのは一週間。映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』にかけて“セブン・デイズ”の滞在だったのだが、毎朝ひ...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
 中国の浙江省に住む高齢の女性の歩んできた人生が、世界中で感動を呼んでいる。楼小英(ロウ・シャオイン)さん。これまでに30人以上の捨て子を拾い、育て上げて...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
米メディア「Greatist」でライターChalotte Andersen氏が心を奮い立たせる数々の言葉を紹介した記事が評判を呼んでいます。カウンセラー、...
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...