「見殺しになんて、できなかった」30人以上の捨て子を育てた、女性の人生に心が温まる

「彼らはみな、尊い人の命なのです」

767d55e580f3fbfa3b7643795a2948b0213d9eaf

 

中国の浙江省に住む高齢の女性の歩んできた人生が、世界中で感動を呼んでいる。

楼小英(ロウ・シャオイン)さん。これまでに30人以上の捨て子を拾い、育て上げてきた。彼女自身も決して裕福な暮らしをしているわけではない。街中のゴミを拾い、リサイクルすることで生計を立てている。

「ゴミ拾いに出かけたときに、小さな女の子を見つけたところから全てが始まりました。1972年のことでした。彼女は道端のゴミの中に横たわっていました。捨てられていたのです。私たちが連れて帰らなければ、死んでしまっていたでしょう」

楼さんはその後も30人以上の子供を保護し、実の子供と同じように愛情を注いだ。

「最初は弱っていた子が次第に元気になっていって、すくすくと育っていく姿を見るのは本当に幸せでした。そして、私は子供の面倒を見るのが本当に好きなんだと気付いたんです」

楼さんはなんと、82歳の時にも彼女の一番下の子となる男の子、麒麟くんを保護している。

「自分がすでに高齢だということはわかっていました。けれど、彼をゴミの中にそのままにして、見殺しにするなんてできませんでした。とても可愛らしい子で、私たちの力を必要としていたの。ただただ、連れて帰らなくてはという想いでした」

なんとか
学校へ通わせてあげたい

43cbb760810ce3473598420654976e64afe3f13e

楼さんは88歳となった2012年、腎不全のために入院生活を送っていた。彼女の唯一の願いは、まだ幼い麒麟君をなんとか学校に行かせてやりたい、というもの。

彼女の物語が中国のニュースで報道されると、瞬く間に人々の心を打ち、入院費を援助する募金サイトが立ち上がった。また、戸籍や学費の問題などで小学校への進学が難しいと見られていた麒麟君には、楼さんの地元の小学校から補助金付きで入学を認める旨のオファーがあったという。

「子供達は、愛情と、面倒を見てくれる人を必要としているのです。彼らはみな、尊い人の命なのです。どうしてあんなにか弱い赤ん坊を道端に置き去りにできるのでしょうか」

楼さんの子供たちに対するまっすぐな気持ちが、胸に刺さる。

Reference:Daily mail
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
本当の豊かさを追い求め、夫婦二人で2年間の世界一周の旅に出る。インドで人々と深く関わる中で、ひょんなことから小学校に机と椅子を贈るプロジェクトを実施し、そ...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
仕事も学校もある生活の中で、ホームレスになったわんちゃんのために家族を探す女性。「今でも忘れられない」というほど辛い別れを乗り越えつつも、「Friends...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
子育てに心配はつきものです。とくに男の子に比べて女の子のほうが何かと危険が多いと感じるのではないでしょうか。しかし、ライターのケイティ・アーノルドさんは、...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
「運命の相手」なんて本当にいるものなのでしょうか。映画やドラマに登場するような人が現実にもきっと存在するんじゃないか…誰もが一度は想像したことがあるでしょ...
美人は3日で飽きるとはよく言ったものですが、その格言に賛同するのは、米女性起業家のSaren Stiegel氏。男性がずっと側にいたいと思える女性は、美し...
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?そん...
人間は、自分自身を過小評価する傾向にあるとか。けれども、それは周りからの評価とは多分に異なります。それが最愛の人からの場合は尚更。「A Plus」が実施し...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、ど...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...