捨てられた子犬たちの「里親探し」に奔走する、心やさしき女性

オクラホマ州でエンジニアとして働き、夜間学校にも通う、がんばり屋のNina Doedelerさん。余暇はほとんどなさそうだけど、彼女は他にも注力しているボランティア活動がある。「Friends With Four Paws」、身寄りのない捨て犬たちの里親を探したり、ペットタクシーとして無償で汗を流す彼女。

過密なスケジュールの合間をぬってまで活動を続ける理由、犬好きなら共感できるはず。

捨てられた子犬たちに、
新たな幸せを与えたい

A9c549fc1d1f16fc03c5137e83b56869cdabc9df

きっかけは2010年に里親となった一匹の犬。前の家族に捨てられた理由、それが「もう子犬じゃないから可愛いと思えなくなった」から。Ninaの元にやってきたその子犬は、当時まだ1歳だったという。

だがNinaにとって、この犬との出会いが大きな喜びを与え、彼女の中にひとつの転換点をもたらしたようだ。過去に辛い経験をしてきた犬たちに、新しい人生を与えたい。そう感じるようになったと振り返る。

自分の手元を離れることが
犬たちにとってのハッピーエンド

52ff8c50d076a340982f829c859849ab54d651bf

新しい家族の元へ送り出すNina

たんに犬が好きだからという理由だけでない、Ninaの情熱も理解できる。その上で私には少しだけ気になることがあった。捨て犬を保護しては里親を見つけて送り出す、どこかで寂しさを覚えることはないのだろうか?

すると、彼女から素直な気持ちが返ってきた。何度も手放したくないと思ったことがある、と。

「犬って、コッチのことをあまりよく知らなくても、信じてくれようとします。心から打ち解けようとしてくれるっていうのかな。思い出すだけで、いまだに涙が溢れる別れもありましたよ。

その子はMaxって名付けたの。とてもなついていたので、新しい家族の元へ連れて行ったときは、別れが辛くて手放したくなかったんです。内心はね。だけど、嬉しそうな娘さんの表情をみて決心がついた。

あの時は、帰路の車内でどれだけ泣いたことか。もう3年も前のことだけど、今でもその家族から温かい写真が送られてくるんですよ」

どれだけ心の底からの結びつきを感じる子犬だったとしても、自分の役目に立ち返れば手放すことが正解だとNinaは強調する。自分の手元から離れることが、犬たちにとってのハッピーエンド、献身的な彼女のプロ意識に、胸の内側が熱くなった。

08e8f30043d1e3d92ce677fdd21ebee3a6a5ea398c4573721641f6bfbe809c7c39c916f34ea7022c
Licensed material used with permission by Friedns With Four Paws
これは、ハスキー犬・Kyroと、その飼い主で写真家・Amanda Trompさんの“二人五脚”ものがたり。傷つけられたふたりが、助け合うことで辛い過去を乗...
里親を待つシェルター犬たちが、お見合い成立後にさっぱりしてから新たな家族の元へ行くことはあるかもしれません。でも、第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が...
 中国の浙江省に住む高齢の女性の歩んできた人生が、世界中で感動を呼んでいる。楼小英(ロウ・シャオイン)さん。これまでに30人以上の捨て子を拾い、育て上げて...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
美人は3日で飽きるとはよく言ったものですが、その格言に賛同するのは、米女性起業家のSaren Stiegel氏。男性がずっと側にいたいと思える女性は、美し...
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
「女性は難しい」「何を考えているかさっぱり分からない」そうお悩みの男性の皆さん。実は、意外とシンプルなことで女性は愛を感じてくれるんですよ。「elepha...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...
遺伝子疾患で生まれた真っ白いグレートデーン。「きっと長くは生きられない」と獣医から告げられた日から、飼い主は子犬との別れの日までを映像に残すことに決めまし...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
とある少女がスーパーで、おじいさんに声をかけたところから始まる物語。スーパーで知らない人に声をかけても、その場限りの会話になることがほとんどですよね。しか...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
犬の救助ボランティアに参加していたシカゴの美大に通うErin Einbenderさんは、あるとき、首にエリザベスカラーをつけた犬たちに、なかなか貰い手がつ...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
新しい仕事を探して、ポートフォリオの準備をしたり、面接のシミュレーションをするのは、胃がキリキリするもの。不安でいっぱいになり、手は汗ばみ、吐き気すら催す...