赤裸々に同性愛を語る女性ライターのホンネ。「運命の人」を探すのをやめたら、人生が楽しくなった

誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「マスカラ・レズビアン」と呼び、同性愛やセックス体験についてもぶっちゃけて語るNY在住の人気ライターZara Barrie。

「運命の人にこだわっていたら、楽しい人生なんて送れない」と、自らの経験から語っています。傷つくことを恐れず、自分の気持ちにウソをつかない。そんな魅力溢れる彼女のアドバイスを見てみましょう。

“運命の人”なんて存在しない

5050aca5046ea0e195e869d7b8ccd7e768ee1b6d

私は、彼女に夢中だったわ。ただ「セックスをしたい」という気持ちじゃなくて、「一生そばにいたい」と思っていた。当時はまだ19歳で、彼女は、信じられないほどクールな25歳だった。ヨーロピアンで、髪の毛はまるで漂白されたようなホワイトブロンド。つねにタバコを吸っていて、体中に小さなタトゥーがあったの。

彼女はよくLAの小さなビストロに連れていってくれて、タバコを吸っては、たくさんお酒を飲んだ。25歳の豊富な体験談に、とにかく私は興味津々だったの。

ある日の夕方、彼女の新しい彼氏のことを話していたら、彼女、急にもったいぶるかのように黙って、真っ赤な唇で挟んでいたタバコから煙を吐き、

「私、出会っちゃったかもしれない。“運命の人”に」

って言ったの。私は彼女に視線を送り「なんでそんなことわかるの?」。彼女は微笑んでこう言った。

「ザラ、わかるときはわかるのよ」

でも数ヶ月後、彼女は彼と別れたみたい。

夜中の2時に彼女から電話がかかってきて、話を聞かされたわ。その声に悲しげな気配はなく、何か最悪なことがあった様子でもなく、ただただ気持ちが冷めたことだけが伝わってきた。

もちろん「運命じゃなかったの?」と彼女に聞いたわ。だって2ヶ月前までは、ソウルメイトだって言ってたのよ?なのに、今はまるで無関心。長い沈黙のあとに、彼女はこう答えたの。

「彼は、私の運命の人だったわ…“数ヶ月間の運命の人”よ」

そのとき私は、“運命の人”なんて存在しないってことに気づいたの。いたとしても、それはたったひとりだけじゃない。

そう言うとロマンのかけらもないし、ちょっと悲しい感じよね。それでも私は、運命の人探しをやめたほうが愛に対してもっとポジティブになれるし、人生が楽しくなると思うの。だって、“運命の人”にとらわれていたら、こうなっちゃうもの。

好きじゃない相手と
一緒にいるのはストレス

8282b0f10886cda0c7632a328e3002be1fc0ed5e

今度は私の友だちのレズビアン、マヤの話をするわ。彼女は3年前に「一生を共にする相手」に出会ったと確信して、付き合って1年でゴールイン。彼女は女優で、パートナーはとても優秀な映画製作者だった。セックスも最高だったって聞いたし、つねにお互いを応援し合い、養子についても前向きに考えていた。まさに文句なしの関係。でも、マヤは結婚して3ヶ月後、パートナーに愛情を感じなくなってしまったの。

彼女は泣きながら私にこの話を打ち明けて、ワインを一本飲み干したわ。「じゃあ、別れればいいんじゃない?」と私は提案した。このときマヤは、今はパートナーとセックスすることさえ想像できない、って言っていたからね。

「好きじゃない相手と時間を過ごしてると、嫌悪感すら生まれてくるの。だって、彼女が運命の相手だって信じていたから」

マヤは、“運命の人”という考えにしがみついていたからこそ、苦しんでいたの。一生を誓った相手と、一生を過ごさなきゃいけないっていうプレッシャーに打ちのめされた。

時とともに人間が変わっていくように、人に対する気持ちも変わるもの。“運命の人”が、あくまでも一時的なものだって認識できていれば、彼女は大丈夫だったはず。なのに彼女は、好きでもない相手と一生を過ごすことを決心していたの。

大切なのは
プレッシャーからの解放

マヤ以外にも、“運命の人”という考え方に執着してる友だちはたくさんいるわ。

みんな「運命の人探し」に大忙しで、友だちと過ごす時間すら作らない。それに、いつも相手との結婚を意識しているから、デートに出かけても楽しむことができていないみたい。先のことばかり考えなければ、自分の選択肢を狭めることもないだろうし、いろんな人との時間を楽しめるようになるのに…。そうやって、自然にパートナーと出会っていくものなんじゃないの?

自分にプレッシャーをかけなければ、自由になれるわ。心配ばかりしていないで、楽しむことを優先させれば見えてくることだってあるはずよ。

私は20代のとき、世界中を飛び回っていた。運命の人探しに興味がなかったからね。たまに、とんでもなくクレイジーで、まったく自分のためにならないような恋愛もあったけど、自分にぴったりの人と付き合っていたときもあった。

そのおかげで私は、自分の夢を生きる独立心の強い30歳になれたと思ってる。

運命の人探しをやめたら
人生はもっと充実する

C4aabbb27cbd32f88b7e381b2cf24e0daef93e2e

今までヒドイ恋愛もたくさんあったけど、ひとつも後悔なんてしてないわ。だって、新しい恋愛をするたびに、新しい自分に出会えたから。だから、運命の人探しに執着していないで、なんだって試せばいいと思うの。どんな恋愛からでも、学ぶことはあるんだから。

もしかしたら、絵に描いたようなパーフェクトなパートナーに明日出会うかもしれない。そしてその人とすぐに結婚するかもしれない。それはそれでいいと思うの。でも「一生」なんて信じない。例えばその関係が一生続いたとしても、ずっと同じ気持ちでいられるなんてこと、絶対にないしね。彼女に対する愛が大きく膨らむときもあれば、それが薄れてくるときだってある。完璧な愛なんてないの。

運命の人は、そのときどきで変わるかもしれない。でも「自分」とは一生の付き合いになるわ。だから、自分さえ幸せにできる力があれば、大丈夫。“運命の人”が見つかるかどうか心配するのはすぐにやめて、人生を楽しむことに集中してみたらどう?

Licensed material used with permission by Elite Daily
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
「運命の相手」は、どうしたらわかるだろうか?人生で体験することの多くは、幻のように実態がない。そのくせ不安や情熱といった自分の気持ちだけは本物で、頭の中で...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
"最高の相手"と出会えたとしても、それが"最高なタイミング"じゃなかったら…。その恋愛は発展するのでしょうか?「Elite Daily」の恋愛アドバイザー...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
素敵な誰かに出会い、些細なことでフィーリングが合う。そんな時、相手を「運命の人だ!」と考えたことはありませんか?でも、「Elite Daily」の人気ライ...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
最高の人生を手に入れるために必要なのは、運命の人との出会い?ネガティブな気持ちを振り払い、ポジティブに物事を見せてくれる相手と一緒にいると、この上ない至福...
いま、あなたは彼に夢中。それでも、「本当に運命の人なのかな?」と少しだけ疑問に思ったりはしませんか?5年後、10年後、さらには生涯を通して付き合える──。...
あまりにも長い時間一緒にいると、いろんなことが当たり前になりがちです。本当はうまくいっているのにマンネリを感じてしまったり、うまくいっていないことに気づけ...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
運命の相手って本当にいるのでしょうか?どういう時に、運命を感じるのでしょうか?「Elite Daily」で男性ライターが「今の相手が運命の相手か見極めるチ...