僕が「運命の人」を信じない理由

あなたは、運命の相手を信じますか?

Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介したいと思います。

永遠の愛なんて存在しない?

Medium 8fa9e8092a450483ceb3899677812463dab7269a

僕は、2003年にグラミー賞を獲ったヒップホップデュオ、アウトキャストの「HEY YA!」の歌詞をよく覚えているんだ。

“If what they say is, nothing is forever, then what makes love the exception?”
(この世に永遠のものなんてない。ならなぜ愛だけが例外だと思うの?)

すべての人に対して愛のあり方を問いかける歌詞が、多くのリスナーの共感を得たことで、この大ヒット曲が生まれたんだと、僕は思っている。

いま付き合っている人が
運命の相手とは限らない

運命の2人が出会って永遠の愛を誓う、というストーリーは物語の定番だけど、そんなこと本当にあるの?

恋愛感情を否定することはできない。けど、今の相手が必ずしも運命の相手であるとは限らないよね。これはちょっと特殊な考え方だということは、自分でもわかってる。

もしも本当に今の恋人が運命の相手だとしたら、絶対にフラれないはずだよね。じゃあ彼女を喜ばすための努力だって必要ない、ということになると思わない?

つねに「もっと良い相手がいるかもしれない」と思っておくべきで、それは相手にとっても同じこと。これを覚えておくことが、恋愛関係をもっと素晴らしい関係に発展させてくれるはずさ。

人生の可能性を
否定してはいけないんだ

Medium 3967e9c16d2e31fc88f04f8e4f1a8a156310390d

そう考えていれば、万が一彼女にフラれてしまったときも、ネガティブにならないでいいのさ。そもそも彼女が運命の相手だと思いこんでいたのが、間違いなんだ。君には他にもっと良い相手がいて、君がポジティブに考えてさえいれば、その相手を見つけることは難しくないはずだよ。

愛に依存して生きることは、確かに幸せかもしれない。でも、もっと自分自身に依存することが必要だ。人生には様々な可能性があり、それを受け入れるべきなんだ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
"最高の相手"と出会えたとしても、それが"最高なタイミング"じゃなかったら…。その恋愛は発展するのでしょうか?「Elite Daily」の恋愛アドバイザー...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
素敵な誰かに出会い、些細なことでフィーリングが合う。そんな時、相手を「運命の人だ!」と考えたことはありませんか?でも、「Elite Daily」の人気ライ...
最高の人生を手に入れるために必要なのは、運命の人との出会い?ネガティブな気持ちを振り払い、ポジティブに物事を見せてくれる相手と一緒にいると、この上ない至福...
「運命の相手」は、どうしたらわかるだろうか?人生で体験することの多くは、幻のように実態がない。そのくせ不安や情熱といった自分の気持ちだけは本物で、頭の中で...
いま、あなたは彼に夢中。それでも、「本当に運命の人なのかな?」と少しだけ疑問に思ったりはしませんか?5年後、10年後、さらには生涯を通して付き合える──。...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
運命の相手って本当にいるのでしょうか?どういう時に、運命を感じるのでしょうか?「Elite Daily」で男性ライターが「今の相手が運命の相手か見極めるチ...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
人生を変える、運命の選択。おそらく多くの方がこれまで、何度かそういった経験をしていることでしょう。そして、その結果はやはり誰にも分からないものです。だけど...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
運命の相手なんているわけない。そんな風に恋愛に臆病になってるあなたも、もしかしたらすでにソウルメイトに出会っているのかもしれません。海外メディア「High...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...