シェルター犬を無償でトリミングし続けた男性。結果、里親が続々見つかる

里親を待つシェルター犬たちが、お見合い成立後にさっぱりしてから新たな家族の元へ行くことはあるかもしれません。でも、第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が現れてくれないようです。

そこに着目した一人の男性。MBAを取得し、さあコンサルとして働き始めようという矢先でしたが、あるワンちゃんと出会ったことがきっかけで運命が変わりました。その後、無性で彼らのトリミングを続けているのだとか。

貰い手のないシェルター犬を
さっぱりと大変身させる計画

78dc83518d11eff3a783f2d019e94c0926dc32ca

Mark Imhofさんは、ニューヨークのアニマルケアセンター(ACC)に集まった犬たちの世話をしています。彼の仕事はトリマー。ワンちゃんをお風呂に入れ、のび放題になった毛をきれいに整えてあげます。

前述したとおり、これは彼がもともと志望していた職業ではありませんでした。その人生の換期となったのは、2匹のシェルター犬。Imfohさんの想いが「The Dodo」に紹介されていました。

「最初、シェルター犬を譲り受けにいったとき、のび放題になった毛を見て『なんてみすぼらしい子たちだ』と思ったんだよね」

見栄えが良ければ、もっと里親が増えるはずなのに…。彼は、その時の印象が頭から離れず、フィアンセを説得。技術を身につけるべく、トリマー学校へ通う決意を固めました。今ではACCにボランティアとして加わり、無償で犬たちのトリミングをしています。

0f6b98fe0899605d06d78670f65797dcd33b20d8

ACCで働くImhofさんが最初に担当したのが、上の写真のショーンくんは、団体で預かっている犬の中でも、貰い手が現れにくい“望み薄”のリストに入っていたそうです。

しかし、カットの甲斐あってか、まもなく里親が現れ、めでたく引き取られていったんだそう。以下の写真はショーンくんのビフォーアフター。

531fa2f4866a0b2da13f9d09d5cbef5c6c10a8c8

さっぱりしましたよね。

そのほかのワンコたちにも
貰い手が続々と!

0bf08610d420016395c40013bcc498bcf5274cacEc009015596ef6c67a0fa6ef79eb536deaa4f5c1Dbc45c0d8ffe3ec541a4d59df43355b34311e9f9B7d0a4ce8c8149fc04faa48861ebeaacfa06e2f8049e7f6a0b1bc077fd53f93ec6d51ac87ba515053742b57dd6a2628b44926141a85347fb6aa7fbe87cc23ae370c003e5ad60adf98b0d7e7c291f37fcF945919c1da0f57c76967aac0ce9b073594cbc38

「考えてもみてよ。もしも人間が、ボサボサごわごわ、寝ぐせだらけな髪の毛のまま取引先に商談に行ったら、それこそ問題だよね。これも同じことなんじゃないかな?」

と語る彼。なるほど。

C2745b5c724f61234a50138bbd75532bf210c100

いま、Imhofさんは、自身が運営する「Mark The Dog Guy」で、トリミングやペットシッターなどのサービスを提供中。それでも定期的にACCを訪れ、彼らの身だしなみを無償で整え続けているそうですよ。

Licensed material used with permission by Mark The Dog Guy
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
瞳を持たずに生まれたにも関わらず、とても明るい性格でニコニコ幸せそうに毎日を過ごすゴールデンレトリバー「スマイリー」の写真に世界中がメロメロ!現在は心の病...
「Good Boy(いい子だね)!」と声をかけたときに、犬が理解しているのは言葉の意味だけではありませんでした。人間と同じく左脳では言語を、右脳ではそのイ...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
愛犬家なら、一度は気になったことがあるかもしれません。いったい、ナゼ犬たちは、排泄前にベストポジションを見つけるかのように、クルクルと徘徊するのか?いった...
犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体「Angels Among Us Pet Rescue」。彼らがFacebookに投稿したある一枚の...
ここで紹介する記事は「Little Things」のライターAngel Chang氏が書いた、犬が持つ8つの不思議な能力。この記事を読んだら、犬の見方が少...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
これは、シェルターで死にかけていたあるチワワの実話ー。米国動物愛護協会によると、アメリカでは一年間で390万匹の犬猫がシェルターに連れてこられるようですが...
Facebookに投稿されてから瞬く間に広がり、3,300万回以上も再生されているカワイイ犬の動画があります。なんでもその犬、謝り上手。どんな悪さをしても...
「うちの子に限ってそんなことはない!」。そう思いたい方の気持ちも分かりますが、驚きの調査結果を「Psychology Today」に発表したのは、動物心理...
「パパ、犬を飼ってもいい?」子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
Facebookに投稿された2匹の犬の写真は、米テキサス州ダラスの道路上で撮影されたもの。息絶えた茶色い犬の側で、ただじっとたたずむ白いグレート・ピレニー...