殺処分予定の犬が「お花」と一緒に写真を撮ったら・・・600匹以上の里親が見つかる!

ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬用に改良された犬なんです。彼らに待ち受けているのは、「安楽死」という悲しい現実。そこで一人のフォトグラファーが立ち上がりました。

荒々しいイメージを払拭
“かわいさ”アピールで里親探し

B7a3f62b2ff637fef91e6e39483c44372dfb9177

フランス人フォトグラファーSophie Gamandさんの被写体は犬。2010年からこれまで、犬たちの様々な表情を撮り続けてきました。2012年には、ワンちゃんたちのバスタイム写真をまとめた『Wet Dog』を発表し話題となった人物。いま、彼女が新たに取り組んでいるのがこの「Pit Bull Flower Power」プロジェクトです。

アメリカン・ピット・ブル・テリア(通称ピットブル)は、もともとアメリカで闘犬用に品種改良された犬。犬同士を闘わせ賭け事に利用されてきたこの犬種は、闘争本能が身上。今でこそ、凶暴性を抑えたピットブルの登場で犬種として認められてはいるものの、健全な犬の育成を目的としたAKC(アメリカンケンネルクラブ)からは、長く公認されずにいた歴史があります。ただ、やはり荒々しい性格のイメージは今も人々の中に根強いようで、ペットとして飼っても面倒を見きれずに捨てられるピットブルが後を絶ちません。

イメチェン大成功!
600匹以上が新たな家族の元へ

7b85e9f384b91af7d3dd8bee861955e5df84d4c9

一匹でも多くのピットブルを救いたい──。犬を題材に活動を続けるSophieさんだからこそのこの思い。ボランティア団体と協力し、2014年よりこのプロジェクトを開始しました。もちろん、目的は里親探しです。そのためどの写真もアニマルシェルターに無料で提供している彼女。

Sophieさんの写真の効果は大きかった!これまで、じつに600匹以上のワンちゃんたちがイメチェンした写真のおかげで、新しい家族の元へと受け入れられているんですって。

5836515abbd9f7a33307c666af67433fa6c10e0098c0299d850fc1204725cc0929963e83272bb29c1c2355cd49ce5961baf933cbe68fb21572dd76ebB7b0ce199e69a737efcc8ac01d2e97c8d20ceafd578dce3c9345e7fb35bb70af3e432fc91f27def2B2b5fbd1d776ff0e525e94d12e51f9905eb71b8b632060c4d47c1655c77cbe4b91b9caa0ecaa8861C1ff3721bd90223450f0e2932bfc2e57429848db147eaeb005c5648c14e0636a170f4bae75758569803748501bc68608a5a0d9b71f586652a1260f728be4f570c3ef84ee34fcaab625953914c80ca3bb584ccf6a448bc2884b74be6b9912a748ec59b389Acced2886779a2dcff1dda22b6c30aa58d092ef4
Licensed material used with permission by Sophie Gamand, Facebook, Instagram, Twitter
犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体「Angels Among Us Pet Rescue」。彼らがFacebookに投稿したある一枚の...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
環境省によると、全国の犬・猫の殺処分数は毎年減少中。ただし、ここ30年でもっとも少ないとされる2013年でさえ、12万以上もの尊い命が失われています。今回...
近所に捨てネコがいる。「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。赤ちゃんを産んだのだ。毎日のように子ネ...
2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
全国の保健所には、たくさんの「行き場のない犬=保護犬」が収容されているという。凶暴な犬や野犬など、問題行動アリと判断された犬は譲渡対象にならず殺処分になる...
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
里親を待つシェルター犬たちが、お見合い成立後にさっぱりしてから新たな家族の元へ行くことはあるかもしれません。でも、第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
バージニア州の高校で、生徒一人ひとりの顔写真が並んだ卒業アルバムに、ちょっと見慣れない「犬の写真」。このワンちゃんの名前は、Alpha。重い糖尿病を抱える...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
犬の救助ボランティアに参加していたシカゴの美大に通うErin Einbenderさんは、あるとき、首にエリザベスカラーをつけた犬たちに、なかなか貰い手がつ...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
3匹の犬と1匹のブタ。オーストラリアのフォトグラファーであるアリッサさんと旦那のニックさんは、なんとも不思議な組み合わせのペットたちと一緒に暮らしています...