【閲覧注意】ある議員が目撃した、犬の殺処分現場。

環境省によると、全国の犬・猫の殺処分数は毎年減少中。ただし、ここ30年でもっとも少ないとされる2013年でさえ、12万以上もの尊い命が失われています。

今回、その“現場”に向かったのは、東京都議会議員・塩村あやか氏。彼女のHPに掲載された「活動報告」の内容が、大きな話題になっている模様。記事内には目を覆いたくなるような光景が登場しますので、閲覧にはご注意ください。

無責任な飼い主のせいで、
今日“死んでもらう”ことに

FireShot Capture 1340 - 2015-10-30-09.19.50.jpg (3264×2448)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

視察したのは某自治体の施設。この日に処分される予定の犬は10頭。この檻の中で、そのときを待ちます。

FireShot Capture 1341 - 2015-10-30-09.21.23.jpg (3264×2448)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

時間になると、職員が水と餌の器を下げるために檻の中へ。すべてが撤去されたことを確認すると、奥の扉が開き、殺処分機へと続く廊下が出現。手前の柵が奥に動き、彼らを追い込みます。

FireShot Capture 1342 - 2015-10-30-09.25.39.jpg (3264×2448)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

すべての犬が処分機へ。怯えて震えている犬も。

FireShot Capture 1343 - 2015-10-30-09.27.54.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

二酸化炭素注入のボタンが押されると、犬たちは苦しそうに上を向き、喘ぎ始めます。部屋の空気はどんどん薄くなり、窒息させている状態に。

FireShot Capture 1345 - 2015-10-30-09.28.00.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

苦しさから、少しの間のたうち回り、

FireShot Capture 1347 - 2015-10-30-09.28.05.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

静止。

すべての犬が倒れたあと、確実に致死させるため、扉を閉めたまま約15分ガスの濃度を保ちます。

FireShot Capture 1349 - 2015-10-30-09.48.30.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

中には、口から血を流している犬も。口内を噛み切るほど苦しかったのではないでしょうか。

塩村氏にも「とにかく苦しそうに見えた」そうで、「決して“安楽死”ではない」との記載も。

FireShot Capture 1350 - 2015-10-30-09.51.30.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

床が開き、数メートル下に音を立てて落下。落ちた先の扉も閉まり、焼却へ。

首輪をしているため、過去には人間と一緒に幸せに暮らしていたはずの犬たち。そんな彼らの最期は、「モノのように、システマチックな処理で終わってしまった」と彼女は表現しています。

FireShot Capture 1351 - 2015-10-30-09.52.09.jpg (3264×2448)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

現状を目の当たりにした塩村氏は、「行政殺処分を行わなくても済んでいる国を見習うことが一番」と言及。本質を見抜き、抜本的な施策を展開していく必要性を訴えています。そうでないと、「処分された罪なき命が報われない」と―。

ちなみに彼女は、動画ではないことと、多くの人に現状を知り、命の大切さと重みを考えてもらいたいと、この記事を公開したのだそうです。

Reference:環境省
Licensed material used with permission by 塩村あやか

2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
全国の保健所には、たくさんの「行き場のない犬=保護犬」が収容されているという。凶暴な犬や野犬など、問題行動アリと判断された犬は譲渡対象にならず殺処分になる...
犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体「Angels Among Us Pet Rescue」。彼らがFacebookに投稿したある一枚の...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
近所に捨てネコがいる。「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。赤ちゃんを産んだのだ。毎日のように子ネ...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
まもなく開幕を迎えるリオデジャネイロ五輪。競技によっては、それぞれの国の中で、出場枠をめぐる「代表選手選考会」が開催。4年間継続してきた努力の成果がたった...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
バージニア州の高校で、生徒一人ひとりの顔写真が並んだ卒業アルバムに、ちょっと見慣れない「犬の写真」。このワンちゃんの名前は、Alpha。重い糖尿病を抱える...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
ときどき、可愛いスカートやベストを着てキメていたり、泡々のバスタブに浸かって気持ち良さそうにしている「セレブ犬」をSNSで見かけることがある。きっと、お金...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
3匹の犬と1匹のブタ。オーストラリアのフォトグラファーであるアリッサさんと旦那のニックさんは、なんとも不思議な組み合わせのペットたちと一緒に暮らしています...