16歳の少年が開発!議員の「政治献金額」が一目でわかるツール

政治家がどこから献金を受け取っているのかがブラウザ上で一目でわかってしまうプラグインが話題になっています。つくったのは、なんと16歳の少年です。

この機能をインストールすると、webページに表示された議員の名前を自動認識し、名前にカーソルを合わせるだけで彼らが「どこから・いくら」受け取ったのかを、瞬時にポップアップしてくれます。無料ということもあり、アメリカではかなり注目されているようです。

議員が受け取った献金の内訳を
一目で確認できる

難しい設定などは一切なし。政治家の名前がある記事ページを開くと議員の名前部分にうっすらと色が付きます。カーソルを合わせてみましょう。

Medium d70fb980108874a4e5f1132eeda9ce17f484cc04

議員の顔・名前・所属に加え、ズラっと産業名と献金額がポップアップ。一目でどんな政策に注力しているのかを知ることができます。

プロフィールやSNSにも
簡単アクセス

ポップアップ下部にはより詳細な議員プロフィールをまとめたページへのリンクがあります。

Medium 7d8df1c95d31ad1b444b17dd9b57e9f69f826ec0

そこには、経歴やホームページリンク、各種SNSに加えメールアドレスまでまとめられたページが。

つまり、読んでいる記事の中の発言が、どんな人物によって行われているのか、献金額という指標を基に判断できるようになり、あらゆる議員の情報へのアクセスがより身近なものになるわけです。

作ったのは16歳の少年!

プラグイン「Greenhouse」を公開した2014年当時、開発したNick Rubin氏(17歳)はまだ16歳でした。ホームページにはこんなコメントを残しています。

「私はまだ16歳で、投票に行くにはまだ若すぎます。が、政治のシステムを改善するべきだということは十分知っています。このツールがその第一歩になることを願います」

この機能は、Chrome、Safari、Firefoxに対応しており、無料で追加可能。ポップアップには、政治の世界でお金がどうやって使われ、市民の生活にどう役立っているのかをまとめているwebサイト「OpenSecrets.org」から最新の情報が表示される仕組みに。

政治をより見えやすくするという意味では、多くの人にとって重要な役割を担うことになりそう。さらなる情報へのアクセスを可能にするべく今後もアップデートを進めていくとのこと。投票への判断材料としては、とても重要な指標となるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Nick Rubin
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
この状況、7歳の少年を誰も責めることはできません。プロ野球オーストラリアン・リーグの公式戦で、起きた珍事に世界中から少年へのエールが届いています。きっと、...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
約3か月前に、米ノースカロライナ州シャーロット市で撮影された、一枚の写真。パトロールをしていた警察官ティム・パーディは、たまたま駐車場にいたひとりの少年を...
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...
どこの国を旅していても、必ず訪れるのが現地のスーパーです。野菜やフルーツ、お肉、魚介類はもちろん地域ごとの違いがよく分かるのですが、それよりもお菓子コーナ...
一体タイムはどのくらいだったと思いますか?まずはその喜びの瞬間を見てみましょう!「オオオオオ!」と会場中が一気に沸きます!動画はアメリカのメリーランド州ク...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家A...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...
自分の背丈ほどもある6弦ベース(一般的にベースは4弦)を自在に奏でる少年。大人のミュージシャンたちの中に入っても、まったく引けを取らない洗練されたアレンジ...
ただ、食べるだけじゃない。マカロンは、気持ちを伝えるためのツールにだってなり得るんです。この「六本木マカロン」ならね。2016年6月6日(月)にオープンし...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“...
彼のガッツに、世界中が注目した。そして勇気をもらった。これはガンを患った少年Zach Zeilerがそれを乗り越えて、ボディビルダーになった物語だ。ぜひ、...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...