世界一貧しい元大統領が語る、「政治とお金」を切り離すべき理由が深い・・・

「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。

“世界で最も貧しい大統領”のキャッチフレーズで、世界中から賞賛される元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏。2014年「CNN」のインタビューに答えた彼のメッセージを抜粋して紹介します。「お金持ちは、政治の世界から出ていってもらうべき」この言葉の真意とは?

政治にお金なんて
必要ないさ。

Medium d318a241382d1283c0d0011d197f8630bb38bed7

第40代ウルグアイ大統領を務めたホセ・ムヒカ氏は、「政治にお金は必要ない」とはっきり言及しています。

「私たちは、過半数によって決められる“議会制民主主義”というものを発明しました。多数派が決定権を持つ世の中。ならば、国家元首の生活も大多数の人々と同じであるべきでしょう?」

本名ホセ・ムヒカ・アルベルト・コルダノ。愛称はエル・ぺぺ。小国の大統領だった彼が、一躍世界的に有名になったのは、2012年「BBC」が“世界一貧乏な大統領”と見出しをつけて紹介してからでしょう。

かいつまんで記事の内容を紹介すると、ムヒカ元大統領が任期中、報酬月額25万ウルグアイペソ(現在約100万円)の90%を慈善団体に寄付していること。さらに、自らは大統領公邸には住まわず、郊外の農場で夫婦二人、静かに暮らしていることが紹介されたもの。
この日から、“世界で最も貧しい”というネガティブなようで、最も賞賛されるフレーズで多くの人の耳目に触れるようになりました。

みんなの幸福のための“闘争”
それが、政治だよ。

Medium ee8e64d1efbeb5233c9fb3a7b4f678638e3ba320

およそ5年に渡る大統領任期を2015年2月に終え、現在、ムヒカ氏は自分の保身や支援献金ばかりに奔走する政治家たちを、痛烈に批判します。なぜなら、彼には真意があるから。
たとえば、ウルグアイの国会議員は今日、100万ドル近い純資産を得ていると指摘します。政治家への規制は大幅に緩められ、候補者への直接献金以外、事実上無制限となっているからだそう。

この現状を元大統領は、こう揶揄します。「レッドカーペットの上を政治家が歩いて、いい気になっているだけ。そんなものは、封建時代の遺物」だと。

しかし、ムヒカ氏はお金持ちが悪いわけではないと否定します。ただ、彼らには世界のために何ができるかを考えるだけの力が足りないと一蹴。

「べつに、金持ちやお金が好きな人を嫌って言っている訳じゃないんだ。だけど、こと政治においては、きちんとすみ分けがなければいけない。政治と金。これを完全に分離して考えられなければ、世の中はひとつとして良くはなっていかない。お金に関心があるならば、産業や通商に精を出したほうが、よっぽど健全さ。でも政治だけは違う。みんなの幸福のための闘争なんだよ」

政治家が自分の視点に
お金のフィルターを
通してはいけない。

Medium 86ec20ba955f0fe193284dde479741cf06e0b2f7

なぜ、貧しい人たちのためにならない代表者を、裕福な人々が選出してしまうのかを尋ねられたムヒカ氏。彼は、手心を加えるようにこう表現してみせます。

「彼らは自分の視点にお金のフィルターを通して、物事を捉える傾向にあるからさ。たとえ、善意で世界や生活を良くしようという高い志があったとしても、それもどこかに“富のため”という心が働く。もしも、私たちの住む世界が多数派によって統治されるのであれば、私たちは自分の視点の拠り所を、多数派に置き換える必要があるんだ」

ネクタイ着用を求められたムヒカ氏、何の役にも立たないただのボロきれだ、とインタビュー中にも信念を貫き、「私は消費至上主義の敵」とムヒカ氏は自身を例えるユーモアを見せたそうです。

80歳になった元大統領は、今もモンテビデオ郊外にある農場で、妻と二人、静かな暮らしを続けています。

Top Photo by Brazil Photo Press/CON/LatinContent Editorial/Getty Images
Reference:BBC, CNN
Licensed material used with permission by Higher Perspective
作家兼ブロガーとして活躍中のBen Irwin氏が、金持ちの人は気にもしない、貧しい人の20の真実をまとめています。確かに、述べられているのはあくまでもア...
2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
政治家がどこから献金を受け取っているのかがブラウザ上で一目でわかってしまうプラグインが話題になっています。つくったのは、なんと16歳の少年です。この機能を...
こんな当たり前のことをあえて取り上げるのは、やっぱり大切だと思うから。お金そのものが「豊かさを感じさせる訳ではない」。この記事の要点であり、まさに「プライ...
この記事をひと言で要約するならば、「正しいお金の使い道」。お金は使い方ひとつで価値が何倍にも膨らむものだと、ライターJill Pohl氏は、心理学者の研究...
幸せの定義って難しいですよね。価値観は人それぞれだし、幸せだと思っていたことが、ある日とつぜん180度ひっくり返ることだってあります。でも、「Elite ...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
「お金持ちになりたい」と考えているあなたに質問です。なぜ、お金持ちになりたいのでしょう?それは「幸せになりたいから」に他ならないと思います。しかし、お金は...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
「幸せはお金では買えない」とは、よく耳にする言葉ですが、はたして本当にそうなのか?科学を分かりやすく動画で解説する「AsapSCIENCE」が両者の相関関...
世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがど...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れ...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...
ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは...
インターネットの登場により、お金と人の関係は劇的に変化しました。人と人とのつながりをより重視する世の中へと価値が変化しています。自著『なぜ日本人は、こんな...
渡邉賢太郎大学卒業後、日本FP協会、認定AFP(=アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)取得。リーマンショックを機に、三菱UFJモルガン・スタ...
お金の夢を見ると、金銭面で何かあるのではないかと思いがちです。しかし、どちらかというと価値観や愛情、時間などを示すケースが多いです。また、お金の夢には逆夢...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...