5年間、ネコの「殺処分ゼロ」。千代田区の優しい取り組み

いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もあるでしょう。そんななか、東京都千代田区は2011年から殺処分ゼロを維持し続けているのを知っていますか?

2011年以降、殺処分ゼロ
東京都千代田区の挑戦

スクリーンショット 2015-12-30 14.24.17

皇居、日比谷公園、国会議事堂、そして東京駅。東京都のど真ん中に位置する千代田区も、かつては野良ネコによる糞尿、ゴミ荒らし、鳴き声などによる苦情が保健所に数多く寄せられていました。
こうした問題に対し、千代田区は2000年より「飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費助成事業」を導入。翌年には、区内の登録ボランティアや動物病院の協力を得て、「ちよだニャンとなる会」を発足させました。

同会の副会長でフリージャーナリストの香取章子氏は、朝日新聞「Sippo」に寄稿した記事の中で、区民からの苦情の声がいつしかネコへの同情の声に変わったことを記しています。この大きな変革を起こしたのが、野良ネコたちを去勢・不妊して地域で世話する「TNR活動」でした。

一時保護して去勢して
元いた地域で世話をする

スクリーンショット 2015-12-30 14.28.38

TNR活動とは、捕獲(Trap)、去勢・不妊(Neuter)、戻す(Return)この頭文字をとった造語。つまり、野良ネコたちを一時的に保護して、去勢・不妊手術を行い、そして地域に戻して世話をする。行政と地域ボランティアが連携を取りながら行っていった結果、千代田区は殺処分ゼロを実現できたようです。

こうしたTNR活動を実施する自治体が、いま増えつつあります。しかし、こうした活動資金(たとえば去勢手術代)など、一部は助成金が自治体から負担が出るものの、不足分はボランティア団体に寄せられた寄付によってまかなわれているのです。
また、去勢や不妊治療を担当するのも、実施経験のある専門家や獣医。こうして一時的にボランティア団体が預かるかたちで術後の経過を看ながら地域へと戻していくなど、その労力はかなりのもの。

スクリーンショット 2015-12-30 14.28.51

地域環境を鑑みて、野良ネコたちへのエサやりを決められた敷地で行う、いわゆる「地域ネコ」を取り入れる自治体も増えてきました。1997年、神奈川県横浜市磯子区のネコ好きな住民たちの優しさから始まった、地域ネコ。地元の野良ネコは地元民が世話をしようという取り組みはTNRと連動して、去勢された野良ネコを戻す活動も積極的にも、大きく貢献しているようです。

虐待じゃないんです。
TNRネコのトレードマーク

スクリーンショット 2015-12-30 14.25.33

ところで、片方の耳がまるで桜の花びらのように切れ目の入ったネコを街で見かけたことがありますか?彼らの耳は、決して虐待によってできた傷ではありません。この耳をしたネコたちは「サクラネコ」と呼ばれ、手術を受けた“しるし”として、手術の麻酔が効いているうちにカットされたもの。
「公益財団法人どうぶつ基金」によると、昨年TNRで確保された野良ネコのじつに63匹が、以前TNRを実施していたネコたちだったそうです。

スクリーンショット 2015-12-30 14.31.14

このこと自体を“虐待”と捉える見方もあるかもしれません。けれど、去勢し子ネコを生まなければ増えることもなく、不幸にも殺処分されるネコも減っていきます。環境省の調査によると、2013年殺処分となったネコは全国で99,671匹。行政に引き取られる飼い主不明ネコの約8割は、生まれて間もない子ネコだそう。

このサクラの花びらを耳に持つネコたちの後ろには、殺処分から彼らを救い、地域ネコとして受け入れ、世話してくれる、優しいネコ好きたちの心のサポートのシンボルでもあるようです。

Reference:公益財団法人どうぶつ基金 , ちよだニャンとなる会Sippo
 Licensed material used with permission by  のらねこふぉとす

 

全国の保健所には、たくさんの「行き場のない犬=保護犬」が収容されているという。凶暴な犬や野犬など、問題行動アリと判断された犬は譲渡対象にならず殺処分になる...
近所に捨てネコがいる。「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。赤ちゃんを産んだのだ。毎日のように子ネ...
環境省によると、全国の犬・猫の殺処分数は毎年減少中。ただし、ここ30年でもっとも少ないとされる2013年でさえ、12万以上もの尊い命が失われています。今回...
2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体「Angels Among Us Pet Rescue」。彼らがFacebookに投稿したある一枚の...
わたしたちが知ってるようで知らない、生き物の生態。当然ですが、あのハムスターでさえ、意外な生き方をしているのです。あらゆるものの寿命が掲載されている、いろ...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
一連の写真は『The Beauty of Blind Cat』と題名のついた写真集から抜粋したものです。登場するネコたちは、片目をなかには両目の視力を、あ...
それが世に必要とされる商品かは分からない。けれど、そのアイデアや熱意に投資したいと思わせる。これもクラウドファンディングのいいところ。ギリギリではあるもの...
ネコは、長い時間寝る子→ねるこ→ねこという名になったという説があるくらい、よく眠る動物。そんな彼らも、飼い主を起こすことがよくあります。おなかがすいたから...
去る8月8日は、動物愛護団体・国際動物福祉基金が定めた「World Cat Day」、つまり世界猫の日。それにちなんで、Facebook社がネコ派とイヌ派...
右目と左目の色が異なる、いわゆる「オッドアイ」のネコはときどき話題になりますが、ロシアに住む「アイリス」と「アビス」は、なんと双子の姉妹で同じ特徴を持って...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...