※応募終了『奇跡の2000マイル』特別試写会にご招待!世界が待ち望んだノンフィクションの映画化

1980年に出版され世界的な反響を呼び起こした、とある女性の回顧録がある。日本では「ロビンが跳ねた」というタイトルで発売された「TRACKS」のことだ。7ヵ月を費やして成し遂げた旅の記録を綴ったこの本は、舞台となったオーストラリアはもちろん、遠く離れたイギリスでも教材として使用されている。

発売以降、その驚くべき実話には映画化のオファーが絶えなかったようだ。『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞した名プロデューサー、エミール・シャーマンも映画化を熱望したうちの一人。

辛抱強い交渉の結果、彼はようやく映画化の権利を手にすることとなる。こうして、アカデミー賞を受賞した製作陣の手で待望の映画化を果たしたのが、7月18日(土)公開の『奇跡の2000マイル』だ。あなたは、これから紹介する映画の内容が実話をベースにしたものだと信じられるだろうか?

サブ3_R

主人公は24歳の女性ロビン。オーストラリア中央部の町アリス・スプリングスに、都会からたった一人でやってきた。

その目的は、広大な西部の砂漠地帯を踏破し、インド洋を目指す冒険の旅に出ること。距離にして、なんと2000マイル(約3000キロ)。その旅は、彼女の心の隙間を埋める「何か」を探すものでもあった。

サブ7_R

牧場や酪農農家のもとでホコリまみれになりながらも、荷物持ちとなるラクダの調教の仕方を学んだロビン。その後、なんとかラクダを調達するメドがついた彼女は、ナショナル・ジオグラフィック誌からの資金援助にも成功。1977年4月、4頭のラクダと愛犬を引き連れて、あまりにも果てしない旅の一歩を踏み出した。

「奇跡の2000マイル」メイン_R

サブ2_R

当然、旅は苦難の連続。凄まじい暴風雨により物資がホコリまみれになったり、荷物持ちのラクダが急に姿を眩ますこともあった。さらには、ある事情で200キロ以上も遠回りせざるを得ない状況にも。

サブサブ2_R

サブ8_R

それでも、度重なる困難に屈することなく、圧倒的な大自然の中を一歩ずつ前進していくロビン。この壮大な旅を通じて、彼女はかけがえのない宝物を手にすることに…。

サブ1_R

サブ6_R

サブ9_R

誰しもがうまくいかない人生に変化を求めることがある。日常に刺激がなく、なんとなく物足りなさを感じることが。そんな時、勇気を出して一歩を踏み出すことは、状況を改善する「特効薬」になり得る。この映画は、そうした当たり前な事実を、改めて我々に教えてくれるのだ。

サブ5_R

映画『奇跡の2000マイル』は7月18日(土)有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。ただし、今回はそれまで待ちきれないTABI LABO読者の方を、一足先に特別試写会へとご招待。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

日時:2015年7月13日(月)1830開場/1900開映
会場:ブロードメディア・スタジオ月島試写室(中央区月島1丁目14-7旭倉庫2F)
定員:25組50名様 ※応募者数が定員を超えた場合は抽選

btn_kiseki_150708_02

Licensed material used with permission by 2013 SEE-SAW (TRACKS) HOLDINGS PTY LIMITED, A.P. FACILITIES PTY LIMITED, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM
CORPORATION, SCREEN NSW AND ADELAIDE FILM FESTIVAL

2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
スマホやタブレットで映画を楽しむ人、最近とても増えましたよね。これから秋に向けて「夜長」をどう楽しもうか考えている人も多いでしょう。そこで、英BBC cu...
カリフォルニア州ロサンゼルスの映画館で、ミネラルウォーターを使ったあるドッキリが仕掛けられました。満席の館内、スタッフがミネラルウォーターを無料で配りはじ...