映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の試写会が開催

2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタリー映画が全国ロードショーで公開される。そして、その試写会が4月2日・3日にセブンシネマ倶楽部で行われる予定だ。

赤塚不二夫“生誕80周年”

F59bad83de3fe5a85db4322d30489245f2b751d3
Photo by 荒木経惟

注目するべきは“マンガも面白いが本人はもっと面白い!!!”との作品紹介文にもある、破天荒でデタラメな彼の人間ドラマ。だが、主題曲の作曲・唄を担当するタモリや、タブラ奏者のU-zhaanや音楽家の蓮沼執太など、豪華な制作陣や出演者も見逃せない。どんな話が聞けるのかーー。その詳細を見てみよう。

内容は、主に関係者インタビューや秘蔵写真、プライベート映像、幻のテレビ番組など、膨大な素材を再構築して作られたもの。最高傑作との呼び声も高い作品『レッツラゴン』のキャラクターがアニメーションで登場し、本人の肉声と関係者たちの視点で語られる様々な物語を案内する。

「笑ってくれれば死んでもいい!」

Fa8eab60fb76ba62687533d61d13ecfcfc491280
Photo by 國玉照雄
8218bb06eccbfba646c4fcfaafe2da2a78a174fe
Photo by 荒木経惟

映画をプロデュースした坂本雅司氏は、こうコメント。

「あの突き抜けた明るさと同時にあるシニカルなギャグセンス。それは、閉塞的でどんどん不自由になっている社会で、我々を勇気づけてくれます。彼を現代に降臨させることで、どんなときも自由な精神でいられることや、すべて『これでいいのだ!』という、そんな開放性をみなさんと共有していきたいのです。これからの世界を生きていくうえで、そんな明るいバカバカしさこそが、大きなヒントのひとつになるのではないかと思っています」。

タモリの「ハナモゲラ語」炸裂?
ほぼ即興で録音した楽曲とは…

C41b0c298a13088f2c9250d5ccbbae4d16859994

主題曲『ラーガ・バカヴァット』を唄っているのは、赤塚と親交の深かったことで知られているタモリ。ちなみに、“ラーガ”はインド音楽の旋法で、“バガヴァット”はサンスクリット語で「聖者」を意味する。“バカボン”の語源になったとされる言葉だ。

坂本氏からは、こんな裏話も。

「タモリさんには、当初はインタビューさせていただきたいと思っていました。ところが、あの有名な赤塚さんへの弔辞ですでに語り尽くしているため、改めて語ることは難しいというお返事だったんです。とはいえ、ふたりの関係はとても重要です。何か方法はないかと考えました。

今回、音楽を担当しているタブラ奏者のU-zhaanが『ヨルタモリ』に出演していたこともあり、歌ならもしや参加していただけるのではないかと、駄目元でお願いしました。すると、うれしいことにOK。多忙のなかレコーディング・スタジオに来ていただき、エンディング曲は『ハナモゲラ語』で歌って欲しいとも伝えました。チームは何度か『ヨルタモリ』でセッションをしていたため、録音も非常にスムーズ。ほぼ即興で歌っていただきました。いい意味でとてもいい加減な感じになり、まさに赤塚さんらしい曲になったと思います」。

0322660dd4e01b5777699807e7ad4db55f34b856A9fdaa557a7cc059beac479a29e71b01a897ec7f

2016年4月2日、3日とセブンシネマ倶楽部で開催される試写会には、プロデューサーの坂本氏に加え、漫画家・江口寿志氏や松尾スズキによるトークが行われる予定だ。貴重な話が聞けるかもしれない。詳しくはコチラから確認してみよう。

※都合により、出演者・内容が変更となる場合があります。

Licensed material used with permission by 株式会社グリオ
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
1980年に出版され世界的な反響を呼び起こした、とある女性の回顧録がある。日本では「ロビンが跳ねた」というタイトルで発売された「TRACKS」のことだ。7...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
『タクシードライバー』、『イングリッシュ・ペイシェント』に『シングルマン』。愛を失った男を描いた映画って、これまでどれほどたくさんあったた...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...