屋外映画祭に行こう。

映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもないですよね。場所や音の問題もあるし、屋外に大きなスクリーンを設置して、作品を楽しむ機会って、なかなかありません。

1960年頃にアメリカでピークを迎えたドライブインシアターブーム然り、解放感が感じられる快適なスペースで映画を楽しむというニーズに加えて、今はどんな環境が作品に合うかまで求められているもの。オースティンでは、水の上にプカプカ浮かびながら『ジョーズ』を見る、なんていうイベントが開催されているほどです。

つまり、「映画を見る」っていうことをもっとトクベツにするためには、映画館で感じられる迫力と、自宅でくつろいでいるような心地よさを兼ね揃えた上で、日常から解放されるようなスペシャルな演出が欲しいところ。海岸や森の中で開催される映画祭が話題になるのも、ビーチや星空という屋外ならではの魅力が加わるからですよね。

ってなわけで、都市部で屋上映画祭なるものが増えてきています。ルミネ新宿では4月末から期間限定で「ROOFTOP CINEMA」が開催されました。ビルの屋上で星空の下、映画を見るんです。そのほか、ワイヤレスヘッドホンをつけて鑑賞する“静かな屋上映画祭”もあるそう。たしかに、騒音問題がクリアできれば、もっといろいろなところで上映できます。

静かな、静かな、映画祭。

2d398754494fdc3a2660b3eb389100fca28c18bc

東京都台東区池之端。千代田線根津駅から徒歩わずか3分。閑静な住宅街にある「HOTEL GRAPHY」で、7月18日にサイレント映画祭が開催。鑑賞できるのは、1925年公開のアメリカ映画、バスター・キートン監督の『キートンのセブン・チャンス』。

東京スカイツリーが望める屋上は、花火大会の鑑賞イベントなども行われています。そこにスクリーンを設置して映画を見ようってわけ。ヘッドホンだから、音量は自分好みに調節して没入できるし、周りの迷惑になるような騒音も出ません。

Fdacf77801c004b92769d611c203f94632ee8283

この方法を利用したサイレントディスコと呼ばれる“静かなクラブカルチャー”が広まりましたが、上映場所が限られる映画への応用にはもってこい。

静かな街中にだって、素敵な屋上がある。そこでみんな一緒に映画を見たらどうだろう?そんな思いから始まったこのイベント。会場では、映画や小説、絵本などの印象から連想して料理をつくる「ものがたり食堂」のフードが味わえるそう。

オースティンで開催された水上上映会が会場を『ジョーズ』に合わせたように、作品にあわせたプラスαの演出が楽しめるかも。定員30名と小規模ですが、フラッと立ち寄れると嬉しいですね。会場の様子など、詳しくはコチラから。

そのほか7月25日(月)から3日間、目黒CLASKAでも屋上映画祭が開催される予定。詳しくは、移動映画館Kino Igluをチェックしてみて。夜、外で過ごすのが気持ちいい季節。屋外映画祭に行ってみませんか?

【開催概要】

■静かな、静かな、映画祭。

■開催日時
7月18日(月・祝)

上映1回目 19:00 OPEN/19:30-20:45 START(定員:30名)
上映2回目 20:30 OPEN/21:00-22:15 START(定員:30名)

※1回目/2回目の内容は同じです。
※雨天時はGRAPHYのラウンジスペースにて実施します。

■上映内容
『キートンのセブン・チャンス』
(1925年/アメリカ/サイレント映画)

あらすじ:27歳の誕生日までに結婚すれば多額の遺産が入るという祖父の遺言に従って、結婚相手を探すキートン。新聞に”結婚相手募集”の告知を出したら大変、何百人ものやる気満々の花嫁候補者が集合!たまらず逃げ出す彼を追いかけ追いかけ、町へ郊外へ。

■料金
4,000円
(映画・ヘッドホンレンタル・フード+1ドリンク込)

■関連ページ
HP イベント告知ページ
Facebookイベントページ

Licensed material used with permission by 静かな、静かな、映画祭。
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
95年のヒット作『スモーク』が、デジタル・リマスター版で蘇った!と話題になっていますよね。でも、知らなかった人も多いはず。80年代後半から90年代に起きた...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
①ふかふかのベッドにバフっと埋もれる。②飲んで食べてゴロゴロしながら映画を見る。③ウトウトしてたら、いつの間にか寝落ち。そんな体験が映画館でできるんです。...
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
もしかしたら、ほとんどの日本人はその街の名を聞いたことがないかもしれません。しかし、『Forbes』や『TIME』が発表しているランキングでは、アメリカで...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...