「東京ごはん映画祭」は美味しい食事と映画の欲張りセット!

近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!第6回東京ごはん映画祭poster大_Rもう少し詳しく説明すると、この「東京ごはん映画祭」は、2015年10月31日(土)から2週間にわたって開催されるイベント。“食でつながる人と人を描いた映画”や“ごはんが印象的な映画”のみが集められており、今年で6回目を迎えます。
会場は、シアター・イメージフォーラムのほか、都内の人気レストラン&カフェ。とりわけ、後者は、眺めのいい空間でおいしい食事をしながら映画鑑賞ができるとあって大人気なのだそう。

では、気になる上映ラインナップを紹介していきましょう。

 『赤い薔薇ソースの伝説
ディレクターズ・カット版』赤い薔薇ソースの伝説_R

メキシコ・リオを舞台に、料理を通して気持ちが伝えられる不思議な力をもった女性・ティタの物語。愛し合いながらながらも、結ばれない運命にある男女が、料理を通して結びつきを深めていく。料理のもつエロティックな一面を美しく官能的に描き出す。

『フライド・グリーン・トマト』フライド・グリーン・トマト_R

夫婦の倦怠期を迎えた中年の専業主婦は、ある日、老人ホームで暮らす老女と出逢う。老女は、1920~50年代のアラバマ州で、フライド・グリーン・トマトが人気のカフェを切り盛りしていた2人の女性、イジーとルースの出来事を話して聞かせる。その昔話は、温かく不思議な魅力に満ちており、やがて2人は人生の転機を迎えることになる。

『あん』あん_R

小さなどら焼き屋で粒あん作りを任された老女・徳江。彼女の美味しいあんの味が評判となり、店は瞬く間に大繁盛。しかし、彼女がハンセン病患者だったことが広まると、一気に客が離れていき、彼女は店を去ってしまう。あんに、四季の情景を美しく織り交ぜながら、人が生きる意味、幸せとは何かを描き出す。

『大統領の料理人』大統領の料理人_R

フランス・ミッテラン大統領の専属として腕を振るった女性料理人の実話を基にしたお話。女性として初めてエリゼ宮入りしたオルタンスは、規律厳しい男性社会の中で、美味しい料理をつくることに真摯に、ときに豪快に突き進んでいく。いつしか彼女の熱意と腕前は、官邸の厨房に新風を吹き込み、大統領と確かな絆が出来上がっていく。

『深夜食堂』深夜食堂_R

繁華街の路地裏にある小さな食堂を営むマスターがいる。この店には、毎晩、美味しい料理と居心地の良さを求めて常連客が集まり、様々な人生模様が垣間見られる。マスターのどこか懐かしい料理は、そんな彼らのおなかも心もほっこりと満たしていく。

『くもりときどきミートボール
(日本語吹替上映)』???

「美味しいものをおなかいっぱい食べてみたい!」子供のころからの夢が詰まった物語。風変わりな発明家・フリントが、美味しいものを食べられていない町の人々を幸せにするために、水を食べ物に変える食べ物マシーンを発明し、一躍ヒーローに。しかし、この発明が町中を巻き込む大騒動に発展してしまう。

と、ここまで紹介してきた作品は、映画祭で上映されるもののごく一部です。 全上映作品および詳しいスケジュールはこちらをご確認ください。
不朽の名作から話題の新作まで―。“食欲の秋”にピッタリな「東京ごはん映画祭」で、心も胃袋も満たしてみては?

【開催概要】
第6回東京ごはん映画祭
・日程:2015年10月31日(土)~11月13日(金)
・会場:シアター・イメージフォーラム(渋谷)、都内Restaurant&Cafe各所
・主催:東京ごはん映画祭実行委員会
・問い合わせ先:03-5771-3566、info@tokyogohan.com

Licensed material used with permission by ©2015東京ごはん映画祭

映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
映画もそろそろ終盤。感動のシーンが流れ、ストーリーに集中できなくなるほど盛大に号泣…。そんなフィクションのストーリーにも感情移入できるのは、あなたがとても...
95年のヒット作『スモーク』が、デジタル・リマスター版で蘇った!と話題になっていますよね。でも、知らなかった人も多いはず。80年代後半から90年代に起きた...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...