ファレル・ウィリアムス制作指揮。映画『DOPE/ドープ!!』が7月30日に公開。その音楽に注目!

舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケてる女の子とのデートでドラッグディーラーの誕生日パーティーへ行くことになるが、案の定とんでもない事件に巻き込まれてしまうーー。

7月30日より日本で公開される作品『DOPE/ドープ!!』は、ファレル・ウィリアムスが制作指揮に携わった映画。90年代といえば、1973年生まれの彼が10代後半〜20代を過ごした青春のど真ん中。ってなワケで、ここではその音楽に注目してみましょう。まずはトレーラーで雰囲気をチラ見してみて!

“ドープ”なBGMで、
非モテ男子が大奮闘!

BGMには、まさにこれぞ90年代ヒップホップ!とも言えるクラシックなものから新進気鋭のアーティストまで勢揃い。

以下、作中に使用されている楽曲の中から、当時の音楽シーンを語るには避けられないレジェンド達を紹介します。これを聞いてから劇場に足を運べば、映画が何倍も楽しくなるはず。

01.
A TRIBE CALLED QUEST
『BUGGIN' OUT』

90年代ヒップホップを代表する存在として外せないのが彼ら。88年に結成され、それまでにあった暴力的なギャングスタのイメージを払拭し、文系ヒップホップという概念を誕生させた立役者です。

映画の主人公、マルコムやその友だちとイメージが重なる?

02.
BLACK SHEEP
『THE CHOICE IS YOURS』

A TRIBE CALLED QUESTと同じく「ネイティブ・タン」というクルーに在籍していたお茶目なひねくれもの2人組。

#2分24秒からの「エンジンエンジンナンバーナイン♪」は、ヒップホップ好きならずとも知っているかも。

03.
Nas
『THE WORLD IS YOURS』

94年のアルバム『Illmatic』は、デビュー作にして大物プロデューサーがこぞって参加した異例の一枚。歴史的名盤と言われており、ドキュメンタリー映画にもなったほど。必聴です!

04.
NAUGHTY BY NATURE
『HIP HOP HOORAY』

「ヘーイ!ホー!」の掛け声が有名なヒット作。これも時代を象徴する楽曲と言って間違いなし。

05.
Luke
『I Wanna Rock』

BPMの速さと低音が特徴のマイアミベースで帝王と呼ばれているのが彼。

パーティグルーヴで、ウーハーなどでブーストしないと認識できない低音を盛り込んでいたりする、とてつもない音楽なのです。

06.
Eric B. & Rakim
『Juice (Know The Ledge)』

「最も影響力を持っていたラッパー」とも言われているアーティスト。Nasも多大なる影響を受けたとか。クールでシブい!

楽曲は、2Pacが出演した青春ヒップホップバイオレンス映画『Juice』の主題歌。

07.
PUBLIC ENEMY
『REBEL WITHOUT A PAUSE』

斬新なアプローチなども含め、ヒップホップに限らず多方面から評価されているアーティスト。社会・政治への取り組みも積極的で、現役バリバリ。

パーティーライクでノリノリなサウンドですが、この“高音”がまさかスクラッチだとは。

08.
AMG
『BITCH BETTA HAVE MY MONEY』

91年にデビューしたラッパー。翌年にリリースしてヒットしたのがこの曲!

09.
Onyx
『SLAM』

ハードコア・ヒップホップで知られるOnyx。なんと言ってもこの荒削りなダミ声テンションと、その表情から伝わってくる熱意が半端じゃありません。ロック好きにもファンが多数!

一部ではありますが、映画を見る前におさらいしてからいくと、“ナルホドここでコレを使ったか”なんて楽しみかたができるかも。詳しくはコチラから。

【映画概要】

■『DOPE/ドープ!!』
原題: DOPE

■公開スケジュール
7月30日(土)より、渋谷HUMAXシネマなど、
全国順次公開

■監督/脚本
リック・ファムイーワ

■製作総指揮
ファレル・ウィリアムス、マイケル・Y・チョウ、
リック・ファムイーワ、デヴィッド・ロンナー

■プロデューサー
フォレスト・ウィテカー、ニーナ・ヤン・ボンジョヴィ、PGA

■共同製作総指揮
ショーン・コムズ

■CAST
シャメイク・ムーア、トニー・レヴォロリ、カーシー・クレモンズ、
ゾーイ・クラヴィッツ、フォレスト・ウィテカー(ナレーション)

■提供
パルコ

■配給
ビーズインターナショナル
2015年/アメリカ/103分

(c) 2015 That's Dope, LLC. All Rights Reserved.

Licensed material used with permission by B’s INTERNATIONAL
2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSupers...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...
マンチェスター出身のプロデューサー兼コンポーザー、そしてDJとして活動している「Floating Points」ことサム・シェパード。ロンドンを拠点に活動...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
ファレル・ウィリアムス『HAPPY』に乗せて人々踊る動画が、世界同時多発的にアップロードされ、社会現象化したのは2014年のこと。あれから3年、あるダンス...
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
2015年12月18日、ついに新たな『スター・ウォーズ』3部作の第一弾となる『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』が全国同時刻スタートで公開される。あの...
2016年6月29日より日本科学未来館で開催される展示「Bjork Digital ―音楽のVR・18日間の実験」は、ビョークが最新テクノロジーを駆使して...
自分が生まれた日に、何の映画が全米で興行収入一位だったのかを簡単に調べられるサイト「Playback.fm」が話題になっています。自分が生まれた日の全米N...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、11月14日(土)より全国公開される。紀里谷氏が処...
ある意味、これは「苦行」に等しい。映画史のなかで最も上映時間が長い映画とされ、ギネス記録にもなっている作品が1987年に制作されたアメリカ映画『The C...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
今の時代、デジタル音楽と聞いてもまったく違和感を感じませんが、ツマミを捻って音を奏でる「モジュラーシンセサイザー」が、60年代に普及し始めた時の衝撃は凄ま...
2016年2月に公開され、わずか1ヶ月で100万回再生を突破した以下の映像。なんと、中学3年生(当時)が自主制作したものなんです。題材は、2045年の「技...
「自分の身は自分で守れ(Every Man for Himself)」という論文の存在を、一体どれだけの人が知っているだろうか?これはスウェーデン・ウプサ...