ファレル・ウィリアムスが、世界中のアーティストとSuperstarを再定義!

2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSuperstarは“多様性を通じた平等への称賛”を表現し、世界中を魅了した。
そんな両者の共演が今夏に再び実現。「Supershell」と命名されたそのプロジェクトの内容を紹介しよう。

PR-Print_5000x3500-wheel_R

「Supershell」とはファレル・ウィリアムスが世界中から選び抜いたアーティストとともに、シェルトゥを新しい形で解釈したもの。計2シリーズを展開する予定となっている。
まずは、史上初めてシェルトゥとグラフィックが融合した「Supershell Artwork Collection」。タッグを組むのは、ニューヨークのコンテンポラリーアーティストであるトッド・ジェームス、フォトグラファー兼ディレクターのキャス・バード、埼玉県を拠点とする日本のアーティストMr.の3者だ。

Supershell Artwork Collection – Todd JamesH20056_Originals_Superstar_Supershell_FW15_BTL-PR_imagery_JamesGraphic_S83353_S83356-with_pattern_HighRes_RGB_R

 Supershell Artwork Collection – Mr.H20056_Originals_Superstar_Supershell_FW15_BTL-PR_imagery_MRGraphic_S83358_S83354-with_pattern_HighRes_RGB_R

 Supershell Artwork Collection – Pharrell WilliamsH20056_Originals_Superstar_Supershell_FW15_BTL-PR_imagery_PharrellGraphic_S83362_single-with_pattern_HighRes_RGB_R

Supershell Artwork Collection – Pharrell WilliamsH20056_Originals_Superstar_Supershell_FW15_BTL-PR_imagery_PharrellGraphic_S83368_single-with_pattern_HighRes_RGB_R

地域限定デザインを含めた、計12種類を製作。そのうち、日本国内では6つのプロダクトが発売予定だ。
カラーはブラックとホワイトの2色展開で、シェルトゥには色鮮やかなアートワークが施されている。いずれも左右別々のグラフィックが描かれているため、それぞれのシューズを組み合わせて楽しむなど個性の表現が可能となった。

続いては、立体成型の3Dシェルトゥにアートを施した「Supershell Sculpted Collection」の紹介だ。

PR-Print_5000x3500-wheel2_R

ここでも、トッド・ジェームス、Mr.とのコラボレーションは継続。二人に加え、新国立競技場のデザインでお馴染みの世界的建築家ザハ・ハディッドが加わった。

Supershell Sculpted Collection – Zaha HadidH20056_Originals_Superstar_Supershell_FW15_BTL-PR_imagery_Hadid_S75388_S75337-with_pattern_HighRes_RGB_R

Supershell Sculpted Collection – Todd JamesH20056_Originals_Superstar_Supershell_FW15_BTL-PR_imagery_JamesMolded_S83349_S83347-with_pattern_HighRes_RGB_R

Supershell Sculpted Collection – Mr.H20056_Originals_Superstar_Supershell_FW15_BTL-PR_imagery_MRMolded_S83350_S83346-with_pattern_HighRes_RGB_R

Supershell Sculpted Collection – Pharrell WilliamsH20056_Originals_Superstar_Supershell_FW15_BTL-PR_imagery_PharrellMolded_S83348_S83345-with_pattern_HighRes_RGB_R

特別に開発された立体成型の3Dシェルトゥに、それぞれがユニークなビジョンを表現。先に紹介した「Supershell Artwork Collection」と合わせて、「Supershellプロジェクト」が完成することになる。
アートやカルチャーとの繋がりを持った「靴」という存在から、それ自身がアートやカルチャーを表現するプラットフォームへ。ファレル・ウィリアムスが、Superstarを究極のアートへと進化させたようだ。

【 Supershell Artwork Collection】
商品数 : 6商品 ※Cass Birdモデルを含む一部商品は日本展開なし
発売日 : 8月7日(金)
販売価格 : ¥13,000 + 税(自店販売価格)

【Supershell Sculpted Collection】
商品数 : 8商品
発売日 : 8月7日(金)
販売価格 : ¥15,000 + 税(自店販売価格)

Licensed material used with permission by アディダスジャパン広報事務局

6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
誰もが目にしているはずなんだけど、見過ごしてしまうような街の風景。それをアート作品に昇華させるMichel Pederson氏。2013年から、このインス...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。なんと...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
COP21。地球環境の行く末を世界のリーダーたちが、一同に介して議論していた同じ時、パリを象徴するモニュメントから、世界へ向けて発信されたもうひとつのプロ...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
クライミングシューズは、もっとファッショナブルでなければ。と、一念発起してつくられたのが「So iLL」。レトロなシューズデザインから着想を得て開発された...
「理想の自分」や「なりたい自分」、それらにふさわしい生き方をするには、まずもってコンセプトづくりが大切です。第一線で活躍するアスリートたちを例に、このコン...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...