「HIVに感染したら、もう恋愛はできないのですか?」

HIVが恐ろしいウイルスだという認識はあっても、感染経路や予防策、治療法などの情報を調べる機会はあまりないかもしれません。だからこそ、誤ったイメージが一人歩きしてしまうリスクもあるといえます。

正しく認知してもらいたいという思いから、ひとりの患者がこんな問いを投げかけました。

HIVに感染したら、
もう人としての魅力はないのですか?

Fb5f01b6cb4b2c1e182b12548b9ee9eacf9ff2c0

2008年に、HIVに感染していると診断されたSamantha Dawsonさんは、最も理解してほしいことのひとつとして、この事実を教えてくれました。

「私はHIVを感染させることはできません。まだ信じてもらえないことが多いけれど、本当なんです。有効な治療を受けているからです。同じように、感染を防いでいる人は何万人もいます。

有効な治療を受けていれば、血液中のウイルス量を非常に低い水準、つまり"検出できない水準"に減らすことができるのです」

これは、流行開始以来の大きな進展でした。つまり、安全にセックスをすることも、子どもを持つこともできるということ。彼女には息子と娘、ふたりの孫もいます。

HIVだという事実だけで、その人の魅力に目を向けてもらうことは出来ないのでしょうか?新しい恋愛をしてはいけないのでしょうか?そんな問いかけを、Samanthaさんは繰り返していました。

「HIV=感染」というイメージだけが一人歩きしてしまい、こういった医療の進歩や、患者の精神的負担についての認知が置いてけぼりになってしまっている問題が、特にこの病気では起こりやすいのではないでしょうか。

誰にとっても、
他人事ではないはず。

6cf093fa50c7e9a0a3f16ee76318ba60ded39497

彼女は感染が発覚してから、「動物とセックスしたの?」「どれだけの人と寝たの?」という質問を繰り返しされ、看護師さんからも、触れないようにと差別を受けた経験があると言います。

いくら医療が発達しても、イメージが払拭されなければ、精神面の負担は解決できない。そう思った彼女は、HIV感染を止めるのをサポートすることと、認知を目的としている慈善団体を支持し、個人的にも講演や寄稿することで、もっと理解を広げるために、日々活動をしています。

「HIVはもはや、長生きを願う人生を妨げるものではなくなりました。普通に幸せな、他の人の日常と変わりません。私は感染者として生きる人生の中で、誤解や偏見と戦い続けるつもりです」

Licensed material used with permission by Samantha Dawson
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
ロンドンの街角に立つ目隠しをしたひとりの青年、Georgeさん。手には「私はHIV感染者です。私へのメッセージを書いてください」と書かれたボード。足を止め...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
「一般的にはこう」と決められているような事柄を、一歩引いた視点で見つめ直し、考えを正す。その結果、人生がより充実する、なんてこともあるでしょう。「Thou...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?そん...
NBCに雇用されていたアメリカのフリーランスカメラマンがエボラ出血熱に感染していたことが分かった。フリーランサーのMukpoさん(33歳)は、NBCニュー...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
米・製薬会社「Turing Pharmaceuticals」社が、エイズの治療にも使用されている薬品を大幅に値上げし注目を浴びている。同社は60年以上にわ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
あなたの周りでも、若いミレニアル世代に対する変な偏見はありませんか?4年後の2020年には、職場の50%をミレニアル世代が占めるとも言われています。IBM...