ゴムを使わない「次世代コンドーム」がHIV撲滅に大きな可能性を秘めている(米研究者)

高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイルス(HIV)感染の予防ばかりか、HIVそのものを撲滅する可能性を秘めている。世界が注目する記事を紹介します。


新素材の次世代型コンドーム

Medium 9867a893a5664cdbf58f01f87aea987b33dbdf2d

高強度のハイドロゲルは、東京大学大学院工学系研究科が世界で初めて開発に成功したもの。高い含水率を有し、生体軟組織に類似した組成を持つことから、人体に優しい医療材料の有力な候補として、注目を集めていました。

すでに、コンタクトレンズやおむつなどの衛生用品として用いられており、これをコンドームに応用するべく、開発競争が進んでいました。

従来のコンドーム素材は、主にポリウレタンや天然ゴムのラテックスを用いたものが一般的でした。このハイドロゲルの特性を活かし、最初にコンドーム開発をしたのが、豪ウーロンゴン大学の研究チーム。2014年のことでした。


ビル・ゲイツが、次世代コンドーム開発者に10万ドル出資する!?

研究チームの開発に出資をしていたのがビル&メリンダ・ゲイツ財団であることからも、新製品開発は大きな注目を集めていました。彼らはすでに10万ドル(約1,200万円)の研究助成金を得て、次世代コンドームの更なる研究開発にあたっています。
それにしても、同財団が次世代コンドームの開発に力を入れる理由、それがエイズウイルス(HIV)感染を食い止めることにある、と「CNN」はゲイツの狙いについて触れています。

HIV撲滅の大いなる“一歩”となるかもしれない

Medium 49034e34a8b77a83f07f89f1d4c81654d5784389

今年に入って、アメリカからもハイドロゲルを用いたコンドーム開発の急先鋒が現れました。HIV撲滅に向けての決定打になるかもしれない。こう信じこませてしまうような、革新的アイデアで大きな評判を呼んでいます。

米テキサス州の「テキサスA&M健康科学センター」Mahua Choudhury博士率いる研究チームが、開発に乗り出した新しいコンドーム。それは、“破けにくい”という観点から更に一歩踏み込んだもの。万一、破れてしまった場合でも、HIV感染の危険を軽減する驚きの工夫がなされているようです。

なんと彼らは、素材のハイドロゲル自体にHIVウイスルを殺菌する、植物由来の抗酸化物質(酸化防止剤)を含ませることに成功。さらには、使用感も従来のラテックス製品と変わらないばかりか、性的快楽や男性の勃起を高める効果まであるというのです。

Medium 5be19d2568cdd48f59fecccdab4e774d7902e3ae

「もし、このコンドームの開発が成功すれば、HIV感染防止の決定打になるはずです。感染症を予防する革新的な製品の開発を目指しているだけではありません。この製品がエイズそのものを撲滅することができる。その可能性を感じているのです」

Choudhury博士のコメントを大きく取り上げる「Daily Mail」は、現在、HIV感染者はおよそ3,690万人、昨年新たに200万人の感染が確認されたと伝えています。

HIV感染の予防・啓発に大きな可能性を秘めた開発であることは、間違いなさそうです。

HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
ロンドンの街角に立つ目隠しをしたひとりの青年、Georgeさん。手には「私はHIV感染者です。私へのメッセージを書いてください」と書かれたボード。足を止め...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏がエボラ出血熱の感染拡大を阻止する為に「25億円の寄付」を行ったことが話題になっている。フェイスブックに...
動物たちの求愛行動を「にんげん」のダンサーが表現したら…。この前衛的なダンスパフォーマンスPVを制作したのは、日本のコンドームメーカー「相模ゴム工業株式会...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
米・製薬会社「Turing Pharmaceuticals」社が、エイズの治療にも使用されている薬品を大幅に値上げし注目を浴びている。同社は60年以上にわ...
2016年2月、サンフランシスコとブルックリンのメッセンジャーたちは、いつもと違う“あるモノ”を運んでいた。「必ず1時間以内に届けよ」という使命のもと、彼...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
「どうすればビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、イーロン・マスクやリチャード・ブランソンのような偉大な人物になれるのでしょうか?」。2015年5月、アメリ...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...