「前衛的!」ではなく動物の本能。コンドームメーカーがガチで制作した「求愛ダンス」

動物たちの求愛行動を「にんげん」のダンサーが表現したら…。この前衛的なダンスパフォーマンスPVを制作したのは、日本のコンドームメーカー「相模ゴム工業株式会社」。曰く、本能のままに求愛表現する動物たちの姿は、私たち人間にとって学ぶべきことが多くあるとか。

まずは、その注目のダンスからどうぞ!


動物の求愛行動を
ダンスで表現

にんげんは、それを語りすぎたのかもしれない。言葉を尽くすから、すれ違う。考えるから、臆病になる。考えてみれば、どうぶつは思い悩んだりしない。求めるために行動し、本能で表現する。それは、純粋で強い、根源的な愛。

相模ゴム工業がBBCやNHK協力のもと、動物たちの求愛行動をまとめた図鑑『Act of Love〜愛は、行動するもの。〜』を編纂し、WEBデジタル版、冊子版を世界に向けて公開したのが2016年1月。上記の力強いメッセージは、そのWEBデジタル版から引用したもの。

創業以来、人と人の間に生まれる「愛」について、誰よりも真摯に考えてきた、という自負がある同社。人間の愛を見つめ続けるうちに、たどり着いたのは「本能で表現しあう動物の求愛」だった。なぜなら……、

にんげんも、どうぶつも
愛は、行動するもの。

1d175a39819d54d29dba63cb8d0c2342a52feeb1

図鑑のPR用に制作された動画とはいえ、振り付けに今注目のコレオグラファー、ラッセル・マリアンを起用。見応え十分だ。“にんげん”のダンサーたちが、本能のままに愛を表現する“どうぶつ”と化す。もしかしたら、愛をささやくセリフ以上に説得力があるのでは?

動画の中から一部、動物たちの特徴的な求愛パターンを抜粋してみよう。

アオアシカツオドリ

263b69ab799e5d44b48c4d7c2aa4f8212a9f27dd89b89ff5bf347be7dff10eeda87d833c173da8ac

鮮やかな青い足を精一杯持ち上げてメスにアピールするアオアシカツオドリのオス。上げたり下げたりしながらメスの周りを回るそう。

シオマネキ

E5f5943c5fad5d3e72e01ca5c824ece4d761fbd4

横に横に、素早い動きを見せるのはスナガニ科のシオマネキ。ハサミを大きく振るのが求愛のポーズ。

フラミンゴ

Ed67bb6bcb580b6b465077f13c3bba51b2791849

繁殖期になると、集団で一定のリズムを保ちながら同じ行動をするフラミンゴ。規則的に首を左右に振る「旗振り」や、首を高くしたまま翼を広げる「翼の敬礼」。その中で気の合うカップルを見つけるんだそう。

99cfc5077a72dc1e5617b06029b614a7ddae8b182ace4a5971727e5ca1fb0d25008b2984e567b084

ちなみにこの動画、「Act of Love」の公式Facebookではすでに800万回以上再生され、海外から多くの賞賛を得ている。また、WEB版ではダンスに登場しない多くの動物たちの求愛行動に触れることも。

Licensed material used with permission by Act of Love
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
健常者と車いすのダンサーがペアを組んで踊る社交ダンス。パラリンピックの正式種目になるほどの人気スポーツだという。ヨーロッパで広く普及し、日本も競技人口が少...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
近い将来、ストリートダンスが日本のお家芸になるかもしれません。2015年8月19日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた世界規模のダンス大会「World of...
ダンサー兼振付師として活躍するMarisa Hamamotoさん。誰でもダンスを楽しめるという考えのもと、車いすダンスの魅力を伝えようと、新しい取り組みを...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
「ダンスをする人はストレスがなく頭がいい」、長年バレエを続けてきた、ライターのAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に寄せたこの記事は...
つい先日、最終回を迎えたTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。「逃げ恥ロス」なんて言われるくらいの人気でしたが、主題歌にあわせて新垣結衣と星野源を中心と...
そこに存在するのは、確かな違和感。でも、どこか神秘的で、写真から放たれるエネルギーに惹きつけられる──。以下の22枚は、あらゆる「生き物」を体全体で表現す...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
Huang Yiさんは、KUKA社のロボットとダンスをするパフォーマー。その様子は、息がピッタリと合っていて、まさに2人のデュエットダンスを見ているような...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
人前で踊ることにはちょっと抵抗がある…なんて人に、是非とも知ってもらいたい情報が。恥ずかしさや臆病心にどこかに踏ん切りをつけることができれば、ダンスはただ...
2016年2月、サンフランシスコとブルックリンのメッセンジャーたちは、いつもと違う“あるモノ”を運んでいた。「必ず1時間以内に届けよ」という使命のもと、彼...
世界中のダンサーを紹介するKen BrowarとDeborah Oryの「NYC Dance Project」による作品。彼らにこの写真の魅力を聞いてみた...
・このダンスには、愛が詰まっている。僕には5歳の娘がいるけれど、すぐに練習を始めるよ。・最高!こんなことが一緒にできるパパが欲しい!・パパから目が離せない...
「なあRima、頼むから踊ってくれよ。せっかく撮影しているんだから。さあ、パパのためだと思って。恥ずかしがってないで、さあ!」カメラを手に、こう娘にはっぱ...
全米の超人気ダンス番組「アメリカズ・ベスト・ダンス・クルー」で、史上最高レベルとの呼び声高いパフォーマンスを披露し、いまや振付師、総合演出家としても活躍す...
ガンが転移し、化学療法中。もし自分や、親しい人がそんな状況になったら、どんな気持ちになるでしょうか。もしかしたら、どう声をかけて良いのかさえわからなくなっ...
ダンスに合わせて腰を振る。セクシーなスタイルはさまざま。なかでも、いま全米で空前のブームとなっているダンスが「twerk(トゥワーク)」です。これ、知らな...