「私はレイシストよ」。視覚障害者たちが語る人種差別。

「目が見えない人は、中身だけで人を判断するはず」という考え方、結構よく聞くように思う。じゃあ肌の色が見られないんだから、人種差別もするはずはない?

Cut」のインタビュー動画によると、どうやらそうでもないみたい。普段はなかなか聞きづらい、彼らの本音に触れてみよう。

目が見えないんだから
人種差別しないよね?

476c56b402aea9e0e81e7119cf3814c8049ca6b5

いいえ、私はレイシストよ。

全ての白人はレイシストだと思う。私はその中の一人だし、奴隷制度とレイシズムによって築かれた資本主義で得しているしね。

02b876b0d23c32e548a0b8e434bea115a7f7f8a6

差別はしてないと信じたいけど、ある程度の偏見は持ってるよ。みんなと同じように。

E0b76ac2437d2129a9e3831968261fc253ecc9a1

僕はレイシズムを体験したし、そういう要素もあると思う。でも気にしようとは思わないね。人種が僕に影響を与えることを許してしまったら、レイシストに優位を与えることになると思うんだ。

0f0b914580b75bb94235d82d8397c5a817605de6

差別はしないわ。だって見えないんだもの。しようがない。

52668c309141b117e7e10f9f9e71ba0c95559f9b

声や訛りに注目しない限りは、相手の人種を決める手がかりがないからなぁ。でも耳からの情報でその人の人種を予想することはあるよ。

肌の色は見えなくても
耳からの情報で?

3a3964a0b89d43186935a080588618c83afa30a9

訛りはわかるから、時々それで人種を予想したりするかな。そんなこと、考えもつかないのが本当は一番いいんだけどね。でも分類せずにはいられないんだ。

例えば攻撃的で、スラングが多くて、下品な物言いをしている人だと、何の気なしに時々、本当に自然に、「この人たちは黒人なのかなって、話し方と人種を結びつけちゃうことがある。

こんなこと考えるべきじゃないのはわかっているんだけど、世界にあるステレオタイプが根付いちゃっているんだ。

418521a86fd8d31a1e7d93a52a4171356328f375

喋り方に注目しがちかな。それで判断しても、完全に間違っているかもしれないけど。だって本当に見ることはできないし。

例えば僕は日本人と仕事をしているんだけど、彼女が自分から言い出すまで、全く気づかなかったんだ。

Cadd61657bdf8fc51604f088a11500f0e1c07c26

私は話し方で人種の予想なんて出来ないわ。今インタビューしてるあなたの人種だって、わからない…。見えないんだもの。

08840610f9f09b797b2304fcdd91c12ed9963e04

日常で、君は白人?黒人?なんて聞く必要はないわけだし、聞いたらおかしいだろ?とはいえ、白人も黒人もメキシコ人も、何であろうと、まあ多かれ少なかれ予想はするよ。声とか、訛りとかで…。

でも目が見えない人と交流してて、半年や一年経っても僕のことを黒人だとわかる人はいなかった、って経験もしたことがあるな。

皮肉なことに、その相手も黒人だったんだけどさ。お互い分からなかったんだ。「キミ、黒人なの!?」「うんそうだよ…えっ、キミも!?」って。

E32ff209507f20ddaae610f4c6df6bfce29874ea

私たち、視覚障害者のコミュニティの中にもレイシズムはあると信じてる。だって人種差別はそこらじゅうにあるもの。人種の判断に繋がる材料は、なにも肌の色だけじゃない。

同じ社会にいる以上、目の見えない人たちも例外なくその影響を受けるわ。

差別はどこからくるのか。

情報が入ってくる限り、無意識のうちに、根拠のない分類をせずにはいられない。この告白にドキッとした人も多いはず。

こうしてみると、もはや人種差別は個人が自分の意思で「する」・「しない」を決められるものではないようにも思えてくる。それよりももっと深いレベルで「刷り込まれている」ものなのかもしれない。

Licensed material used with permission by Cut(HP), (YouTube), (Facebook), (Twitter)
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
美しさをどう捉えるのかは、人それぞれ。でも、目が見えない人たちにとっての「美」って、どんなものなのでしょうか。ここでは彼らの語る想いを紹介します。
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...