人種差別への想いを乗せたHIP HOPが、卒論として認定

アメリカ・バージニア大学に、少し変わった専攻の教授がいる。「Professor of Hip-Hop」と呼ばれるA.D. Carsonは、文字通りヒップホップが研究分野だ。

この時点でも相当に興味を惹かれるのだが、知ってもらいたいのは、ここに至るまでの苦難の道のりのほう。逮捕されてでも人種差別に抗議し続けた、アツい男の物語をお届け。

先導したデモでさえ
卒論の一部にしてしまう

C8368cc4347fd983ece3f6c6b56eac8d4cb76acd

Photo by Ken Scar

父がバンドマンで、母が指揮者という音楽一家で育ったCarsonは、幼い頃はヒップホップに好意的ではなかったらしい。しかし、COMMONの『I Used to Love H.E.R』という曲に出会ってからその世界にのめり込み、自分の思いをラップに込めて歌い上げるようになった。

やがて、クレムゾン大学に入学した彼は、キャンパス内でアフリカ系アメリカ人に対する蔑視を肌で感じたという。この現状を一人でも多くの人に知ってもらいたい。彼は、同じルーツを持つ学生たちとグループ「See the Stripes」を結成。自分の得意なラップでレイシズム(人種差別)を訴える行動に出た。

「その頃は、KKK(白人至上主義団体)が大学内でハイアリングをしていたり、Crip'Masという差別に繋がるパーティーが行われていたり、肌の色の違いをバカにした落書きがあったりした。

それだけじゃない。人種差別主義者の名前が大学のビルの名前に使われていた。これ、キャンパス内での話だよ。あるべきでないこうした出来事すべてに対する抗議だったんだ」

と回想するCarsonだが、じつは2016年、校内で9日間の抗議活動を敢行し、逮捕されてしまう。

罪に問われたとき、彼はFacebookやTwitterに「イノベーティブな卒論プロジェクトだ」と投稿。というのも、所属していた研究室は、言語に関することであれば、どんな内容でも卒業論文として受理してくれたから。

それならばと、自分たちの活動を通してつくりあげたラップや動画を博士論文として提出することに決めたのだった。

学位審査では
差別を歌ったラップを披露

動画は、卒論「Owning My Masters」のイントロダクションで実際に使用されたもの。

逮捕から約1年後、学位審査に用意したのは34曲が入ったアルバム。テーマは逮捕されたときに抗議していた内容とほぼ同じで、アフリカ系アメリカ人に対する差別や歴史について。

時間の関係で披露したのは5曲のみだったそうだが、彼の折れない信念がたくさんの人の心を動かしたのか、そのパフォーマンスは大成功に終わったという。

「一度、僕の考えは真っ向から否定されたように感じた。でも、今では大学側も想いを受け止めてくれている気がするよ」

Licensed material used with permission by A.D. Carson
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキ...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
この日は、2015年5月4日に亡くなったヒップホップミュージシャン、D.LことDEV LARGEの1周忌を記念して、彼と縁の深かった友人や知人、音楽ファン...