「音楽は好き?」この質問をイヤと思う人もいる。

聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。

「今までされてイヤだと思った質問は?」

ときに心ない言葉で誰かを傷つけてしまうことがあります。それは、耳が聞こえる聞こえないに関係なく。

Baea4805d12e47d4d0327669754cbb48d39083de

「たくさんありすぎて。どれから言えばいいんだろう…」

D7c8b1ab8b897ed8a7f03374bdeefd1b0fab64bc

「『俺みたいに聞こえる人ともデートできる?』って言われたことがあります。一応『ええ』って答えたけど、一体それに何の問題があるっていうの?って思った。私たちはただ“聞こえない”ってだけなのに」

D63aca51dc8588e407c477a17c4933dadb23e800

「『音楽は好き?』って聞かれたこと」

Aa59c11071afa2001b27cf1ba31e65395349a166

「『耳が聞こえない人ってセックスできるの?』って」

03b7ef54e973c9fa57acff64e72f860d0528ecda

「何回か『読み書きはできるの?』って聞かれたよ」

6559d31d373df71ffcdbabfb6cf86734a38a6e65

「『くーちーびーるーでーこーとーばーがーわーかーる?』ってゆっくり聞かれること」

「みんな同じ質問ばかり繰り返すの」

E6f6720ae856f9c7b15ffc853900d1d628ab6544

「よく『運転できる?』って聞かれる。もちろんできるに決まってるよ!」

「それに、たまに『車いすが必要?』って聞かれる。なんだよそれ!僕が目の前で普通に立ってるのに、だよ」

E87ad0d74080d21289716120e16bcd4a4636ddb4

「『手話って万国共通なの?』って聞かれるけど、万国共通の言語なんてあるかい?」

9f3d736b1a3e83bcf7980265517ff013ece0fa37

「質問じゃないけど、本当に聞こえないのか試されるのがイヤかな。すぐ後ろで叫ばれたりね」

聞こえるように
なりたいと
思ったことはある?

42857c824b59e83105d6bb7c9bab2b23b8db5bd8

「どうかなぁ。僕は生まれたときから耳が聞こえないから…」

84c0dbb3c9fa9aea92a351c1dc14cf47aa66b47b

「一度もないわね!」

2d41143d085c33eba3ff4a3dd50e552ef7e622de

「世の中の人の大半は聞こえるわけだから、みんなと同じになってみたいって思ったことはある」

6e2353bfa3ee221604e7507ab61b6e9a2978d320

「もちろんあるよ。不便なことも多いしね。でもこれからの人生ずっと聞こえるようになりたいかっていうと、そうは思わない。私は聞こえないままがいい。私はこの『聞こえない人生』が嫌いじゃないから。自分の人生に100%満足しているし、耳が聞こえないことを誇りに思ってる」

9330ef01d62e091c8ef86e908cae6bcd703ce59e

「もし聞こえるようになったら、そのことを特権みたいに考えてしまうと思う。そういうふうに考えることのほうがイヤなの。今の私に十分満足しているんだもの」

0b185eb00d5d20ffb34f0535d3ffd4da919b4cb8

「僕は聞こえるようになりたいと思わない。そう思う理由がない。聞こえないことは僕のコミュニティや文化に結びついているからね」

「もし聞こえるようになったら、アイデンティティを失ってしまうと思うんだ」

C5a856e38fcd951e5d6a958bec38df59d410a874

「そういう質問をする人は『耳が聞こえなければ完ぺきな人生は送れない』と思っているよね。でも聞こえる人たちは僕たちの世界を何も知らないじゃないか。僕には他の人生は想像できないね」

「もし自分が聞かれたらイヤだろうな」という質問。あなたはどう思いますか?

Licensed material used with permission by Cut, (YouTube), (Facebook), (Twitter)
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
音楽好きにとっては、すごくいい時代だと思う。ビジネスとして見たら、音源が売れないとかいろいろ課題があるのもわかってるけれど、いちリスナーとしてはこんなに楽...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
人々は間違った質問の仕方をしている。実体験をもとに、こう主張するJeff Haden氏は、250名の従業員を抱える工場経営者として活躍する人物。彼は、質問...
コミュニケーションをより深くするために、気の利いた質問をせよーー。とは、よく耳にする話。ここで紹介するのは、「Mantelligence」が紹介したもの。...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、...
父の日が過ぎた途端、あの日の感謝モードはなんだったのか…というほど通常運行に戻っていないでしょうか。お父さん、悲しんでいるかもしれませんよ。積極的に話しか...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
あなたは、部下とうまくコミュニケーションできている自信がありますか?知らぬ間に相手を怒らせたり、イヤな気持ちにさせていませんか?会話の専門家である櫻井弘さ...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
同僚との雑談や、クライアントとの仕事以外での会話が続かない…。自分がコミュニケーション下手なのはわかっているけれど、一体どうすれば解決できるか分からない、...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...