知られざる「オーストラリア史のタブー」に切り込んだ地図

オーストラリアには、これまでほとんど明るみにされていない負の歴史があるらしい。18世紀頃にイギリスの流刑地とされたこともあり、同国には多くの罪人や移民がやってきたのだが、彼らによって先住民たちが虐殺を受けたというのだ。極めて秘密裏に行われていたため公にされることはほとんどなく、オーストラリア史の中でもアンタッチャブルな存在として扱われているという。

このたび、そんな同国のタブーに、ある大学が切り込んだ。

秘密裏に行われた虐殺を
認知する貴重な一歩に

D92fdee7a05fbd471efd611f6317d3c9474577eb

ニューカッスル大学が制作したのは、18世紀から19世紀にかけて国内で発生した先住民の虐殺をデータ化したサイト。オンラインマップには、いつ、どれくらいの人が殺害されたかが明記されている。

制作にあたって、同大学のLyndall Ryan教授は、 21世紀人文科学センター、暴力史センターと協力。先住民虐殺の歴史を「隠された触れるべきでないもの」としないため、日記や新聞記事を参考にしながら、このマップを作り上げたのだそう。

39a7ec1f39bde14da2370f148b16243c7039234d

このサイトでは、1838年5月1日に、300人の先住民がスローターハウス川沿いで、剣やピストルで武装した15人の牧場労働者に殺害された、などの情報を読み取ることが可能だ。

「クイーンズランド州からタスマニア州まで、東部のほぼ全てをマッピングしたところ、約150人が虐殺されたことを確認しました。特に1850年頃が激しかったと推測できます。

現在記されている人数は控えめに見積もったもの。まだまだ数多くの被害者がいるのではないでしょうか」

と同教授は説明している。

Licensed material used with permission by Centre For 21st Century Humanities
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?オーストラリアでは、...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...