指1本だけにマニキュアを塗る男性。その悲しい理由とは?

いま、世界中で1本の指だけにマニキュアを塗る男性が現れているという。ファッションとしてではなく、どうして男性がそのような行為をするのか?

そこには、悲しい理由があることがわかった。

「児童虐待」への
悲しいメッセージ

B45a81c44ab39a880e7d06c8787c9794615138bb

18歳未満の子ども、
5人に1人が虐待被害

『Polished Man プロジェクト』と呼ばれるこの活動は、オーストラリアに拠点を置く非営利団体YGAPによって毎年10月に行われており、今年で3年目になる。男性が1本の指にマニキュアを塗ることで、児童虐待防止へのメッセージを発信しているのだ。

マニキュアを塗るというアイデアは、YGAPのCEOであるElliot Costello氏の経験による。

彼がカンボジアを訪れたとき、8歳の少女に出会った。彼女は父親を亡くし、他の家族や親戚にも引き取ってもらえず、施設に入れられていた。しかしそこで2年間、彼女は施設の職員から身体的、性的な虐待を受けていたのだ。

彼女はCostello氏のとなりに座り、彼の1本の指に、青いマニキュアを塗った。

Costello氏はそれ以来、彼女のことを忘れないよう、指にマニキュアを塗る活動を続けている。

2ed15bbfb2b2e883a2df920667c834af67ce0a65

残念ながら、Costello氏がカンボジアで出会った少女の例は珍しい話ではない。YGAPによると、世界では18歳未満の子供の5人に1人が虐待を受けている。

こうした悲しい事実を失くすためには、援助が不可欠である。

「指にマニキュアを塗っていれば、理由を聞かれるでしょう。そこから児童虐待の話題が広がり、寄付につながります。マニキュアを塗るあなたの活動が、子供たちを虐待から守り、防ぐことにつながるのです」

と、Costello氏は語る。

オリンピックの金メダリストや俳優など、多くの著名人もこの活動に参加しており、今後もさらなる広がりを見せそうだ。

5a3a0ea5fb4dd04d83f8f84300ab117149481403
Licensed material used with permission by POLISHED MAN
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
「指を舐めたくなるほど美味しい('It's finger lickin'good')」は、同社のスローガン。まるで、エイプリルフールネタのようですが、ウソ...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
「LittleThings」にライターREBECCA ENDICOTTさんがまとめた記事には、「花」を使ったとある計算問題が。落ち着いて臨めば誰だって正解...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
マメにメールしてくれる男性もいれば、まったくしない男性もいます。むしろ後者のほうが多数派かもしれません。女性からしてみれば「メールが返ってこないのは私に気...