アメリカのムスリムたちは、こんなにも多様性にあふれていた。

1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」という言葉があります。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。今、アメリカで生きていくうえで、きちんと理解していなければいけない言葉だそうです。

この偏見を人々の心のなかから消し去るため、ムスリムの写真を撮り続けるフォトグラファーがいます。Carlos Khalil Guzman、彼の写真に登場する人々は、僕たちの知るムスリムとは少し違う姿に写っていました。

共通点は
外見ではなく信仰心

2eba5f947a2c364ccacfdad312ac93c6fcc0b739Aca4feecba5caa5e504c642f7de2d4133196818708c9c8d7b931ffeaa35e8e932f241295ca5ea9836be2ffd5f4438d7a5b02d81a96b2d9598eb552a6586d0d298208ecb2bab88f43a1190558d242645c1a1c5620518bcaa6c2dc62fba29e27e46d0a925a0e4cee6d51f562c41fc926fce418c78528447ad06540504e3e93897d297332de88b514f64d0c599a1ff36eb77af95f52a0859735ed1ad130b8cadaf351ae6c5bc717d44a2ef528fd07fae24a08c39d7cE4a60232731bf9e81c25b5d5b71cee7e4f259cb0Eea2634008358690b926251b918322117a31ba4a9f1418ef5d8caa99c203af300a0bc01cbbbbb02dD1f5beea10a85fe17229c35393327da7535ed697

ムスリムと聞いてどんなイメージをするでしょうか?ヒジャブを深く被り、目元だけしか見えない女性。または、白いガラベイヤと呼ばれる服装を着ている男性。迷彩服を着ていなくても、自動小銃を手にしてなくても、ムスリムと聞いただけで安易に「テロリスト」と結びつけて考える人も現にいる。この意識こそがイスラモフォビアだとCarlos。

潜在意識にべっとり付着したこの“恐怖”を、同じくイスラム教徒として生きる彼は、どのように自身のプロジェクトで払拭しようというのか。僕は尋ねてみたくなりました。

移民大国アメリカは、
ムスリムによっても成り立っている

ーーイスラム教は世界中に広がっています。それでも、なぜアメリカのムスリムに焦点を当てたのでしょうか?

Carlos 現在イスラモフォビアは、アメリカをはじめ様々な国に蔓延しています。最近も(ヴァージニア州での)ヘイトクライムで、Nabra Hassanen(17)が「ムスリムであること」を理由に殺されました。こういった事件を耳目にするたび、クリエイティブの力でできることがあるはず、と立ち上がったのです。人々の中にある偏見を変えたいし、メディアのスタンスも変えたいと考えています。

ーーアメリカというと、あまりイスラム教の国というイメージはないのですが。

Carlos イスラム教に改宗したアフリカ系奴隷が、最初に降り立った時から、ムスリムはアメリカに生活の根を下ろしました。隣人や友だちであり、同僚でもある、それほど近い存在なんです。移民大国アメリカは、間違いなくムスリムによっても成り立っているということ。つまり、珍しい存在ではなく、同じ価値観を共有している仲間なのです。

ーーそれにも関わらず、「イスラモフォビア」という偏見が出てきてしまう…。

Carlos 公民権法は1964年に制定されましたが、残念ながら人種差別はなくなっていません。例えば、女性やLGBTQの人たちだって未だに軽視されることも。トランプ政権が行っていることは、たくさんのレイシスト(差別主義者)の考えを反映したものと言えるでしょう。それは彼だけの問題ではないのです。マイノリティーに対する差別は確実に存在しますが、多くのメディアはそれを伝えきれていません。

ーー誤解を恐れずに言えば、そもそものムスリムのイメージが、僕たち日本人のなかにあまりないかもしれません。

Carlos このプロジェクトは、たくさんの人にムスリムを理解してもらうことが目的。ここにある写真を見て、少しでも僕らのことを知ってもらう、それだけでも意味がありますよ。


プロジェクト「Muslims of America」では、撮影に協力したムスリムたちの想いにも触れることができます。

Licensed material used with permission by Carlos Khalil Guzman
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
「LittleThings」にライターREBECCA ENDICOTTさんがまとめた記事には、「花」を使ったとある計算問題が。落ち着いて臨めば誰だって正解...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
「遊んでばかりいないで宿題やんなさい!」と怒られた記憶のある人も多いかも。でも、ゲームが上手い人程、頭がいいという理論は、いろいろな調査によって確かになり...
誰かを好きになる時、「その人のことが本当に好き」と自分を説得するようなことは誰もしません。もっと直感的であり、自分の感覚に疑いを持ちたくない、こう思うはず...
夜、トイレに行きたくて起きることがある。いきなり明かりをつけると、眩しい上に目がパッチリ覚めてしまう。だから、暗闇の中を手探りで洗面所方面へと進んでいくハ...