「観光地でゾウには乗らないで」。彼らの傷に、あなたは気づいていましたか?(動画あり)

時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だという現実を思い知らされる。

観光地でゾウに乗るとき、彼らの体や行動に刻まれた「傷痕」に気がつく人はどれだけいるのだろうか。

※閲覧注意:動画には暴力的なシーンや血が流れる場面が含まれています。

ゾウの体に残った
訓練の傷痕

動画の字幕説明によれば、1900年頃のタイには30万頭の野生のゾウがいたそうだ。また、10万頭のゾウが飼育されていた。

2012年時点で、タイにいるゾウは2,000頭ほどに減少。飼育されているゾウは4,000頭いるが、そのほとんどは観光客のために飼われているそう。たとえば、以下の画像のように人を乗せたり、絵を描かせるようなサービスのためだ。

スクリーンショット 2015-09-19 15.03.39

スクリーンショット 2015-09-19 15.03.51

しかし、彼らはもともと自然にいた。罠にかけられて捕獲されたのち、痛々しいトレーニングを受けたからこそ、人間の指示通りにさまざまなパフォーマンスができるようになった。
彼らの体に刻まれた傷跡に見覚えはあるだろうか。

01.
脇腹に残った
ナイフに刺し傷

スクリーンショット 2015-09-19 15.04.18

02.
鼻筋に見える
白くなった突傷

スクリーンショット 2015-09-19 15.04.33

03.
かぎ付きの棒で
叩かれた跡

スクリーンショット 2015-09-19 15.04.47

05.
ストレス性の精神疾患
による挙動不審

また、国際的には禁止されている象牙の売買も、タイ国内では合法なのだとか。

その他にも同国やビルマなどでは、伐採作業のために違法労働をさせられているゾウも多数いるという。

スクリーンショット 2015-09-19 15.22.36

スクリーンショット 2015-09-19 15.22.11  スクリーンショット 2015-09-19 15.22.47

スクリーンショット 2015-09-19 15.23.34

動画は2012年に公開されたものだ。The New York Timesによれば、2013年2月27日に開催されたワシントン条約(CITES)の会議のスピーチで、タイのインラック・シナワット首相が象牙の国内取引の停止を宣言。

その後、2015年1月22日には象牙法が制定。Newsclip.beは、登録のない象牙販売者には禁固刑や罰金刑が科せられると報じた。しかし、観光客のために、また、象牙の販売のために捕獲されるゾウはまだまだたくさんいる。
この動画が未だにインターネット上でシェアされ続けている理由は、その事実を世界中の人に知ってほしいという意思の表れなのかもしれない。

Reference:The New York Times,Newsclip.be
Licensed material used with permission by Wildlife Friends Foundation Thailand

2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
子守唄は赤ちゃんだけのためではないかも?タイの動物保護施設「Save Elephant Foundation」にいるFaamaiは、飼育スタッフのLekさ...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?「Higher Perspec...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
雪が積もれば、最高に楽しい「そり滑り」。出身地によって、つねに身近にあった人、今まで1度も乗ったことがない人、さまざまかと思います。そんな「そり」を交通手...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...