発症率は5%以下。ゾウの遺伝子が「ガン治療」の特効薬に!?(米研究)

いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんどガンにかからない」という事実をご存知だろうか?

動物のなかでもゾウだけは
ほとんどガンを発症しない

000019971289_Large

ガンは、人間だけでなく動物も発症する。もちろん、野生動物は寿命を全うする前に捕食されたり、餓死することもあり、一概には計れないものの、人間でも動物でも理論上は隔てなく発症する。ところがゾウだけは、ガンを発症する確率がほとんどないらしい。
米ユタ大学のHuntsman Cancer Instituteとアリゾナ州立大学の研究者らが、ゾウ保護団体「Ringling Bros. Center」の協力のもと行ってきた研究で、ある一つの回答を導き出した。それは「ゾウは損傷した細胞がガン細胞に変わる前に死滅させる力を持っている」ということ。

成長すると5トンを優に超えるゾウは、人間よりもはるかに多い細胞を持っている。論理的に考えれば発症リスクも高いと思える訳だが、人間は最大で25%もの発症リスクがあるが、ゾウのガン発症率は5%にも満たないらしい。では、なぜ動物の中でもゾウの発症率だけが低いのか?

細胞を修復、死滅させる
ガン抑制遺伝子が人間の20倍!

_90131938

この研究をリードしてきたJoshua  Schiffman博士によると、人間とゾウの血液を調査した結果、ゾウからはガン腫瘍を抑制する「p53遺伝子」のコピーが、40も発見されたという。このp53とは、それぞれの細胞の中でDNA修復や細胞増殖停止する機能を持つ、ガン抑制遺伝子のひとつで、人間にはこのコピーが2つしか存在しない。
さらに、ゾウは損傷したガン化のリスクがある細胞を、早期に死滅させる強靭な機能が体内に備わっており、人間の細胞に比べて、より迅速に細胞死(アポトーシス)を起こしている。この結論にたどり着いたSchiffman博士は、他の動物と比較しても細胞数が多いゾウに発症が少ない理由を、この2点だと主張している。

小児ガン治療薬の
研究開発に向けて

At laboratory

Schiffman博士はすでに、アメリカ医学協会誌「JAMA」で、人間のDNA損傷とガン治療に向けたゾウのガン耐性の応用研究を発表し、医学界から注目を集めることとなった。彼はいま、p53遺伝子が損傷したり、そもそも持たずに生まれた子供ほど、小児ガンのリスクが高まることに着目。この遺伝子の研究を進め、将来的には「小児ガン治療の新たな戦略として役立てたい」とするSchiffman博士の抱負をCNNが報じている。
じつは、彼自身も15歳の時、ホジキンリンパ腫のガンを患った経験がある。現在、プライマリ小児病院の医師も兼任するSchiffman博士が、ゾウの血液サンプルからガン抑制に関連するメカニズム解明に情熱を注ぐのも、こうした背景があるからではなかろうか。

Reference:Ringling Bros. Center ,The University of Utah , CNN  

 

喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
なんとも不思議な見た目の透明な器ですが、実はこれ「ガン発見器」なんです。2013年のDutch Design Weekにも出展されていたもので、中に息を吹...
飲み過ぎると胃に悪い・身体に悪いと言われることも少なくないコーヒーに皮膚ガンを予防できるかも知れない可能性があるという研究結果が明らかになった。アメリカで...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
ストレスは思われている以上に危険だ。精神疾患だけでなく、死に直結する様々な病気の発症リスクがあるとされる。では、具体的にどんな病気のリスクがあるのだろうか...
ガンが転移し、化学療法中。もし自分や、親しい人がそんな状況になったら、どんな気持ちになるでしょうか。もしかしたら、どう声をかけて良いのかさえわからなくなっ...
実は人が浮気をするのは、その人の性格…だけではなく、体内から分泌されるホルモンや遺伝子の問題でもあるのだとか。カナダのYouTubeチャネル「Asap S...
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
彼のガッツに、世界中が注目した。そして勇気をもらった。これはガンを患った少年Zach Zeilerがそれを乗り越えて、ボディビルダーになった物語だ。ぜひ、...
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だとい...
他の人よりも明らかに旅をしている機会が多い人がいます。彼らを称して、“旅好き”とカテゴライズしてしまうのは早計。なぜなら、それは単なる欲求ではなく、遺伝子...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...
「時計遺伝子」って、聞いたことある?あんまり聞き慣れないよね。その名前から想像する通り、生物の体内には時間を管理する遺伝子が存在するらしい。いわゆる体内時...