ガンと闘うママへ。100ドル札を握りしめた人たちから「サプライズ寄付」

コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。

そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らのテーブルにやってきて、100ドル札を1枚、また1枚と置いていったのです。思いもしない出来事に驚く2人。

じつはこれは、友人たちが企画したサプライズの寄付活動だったのです。

突然ガン宣告を受けた
4人の子を持つママ

5cf91c8280089a2055b2a938d138d2a3252c3823

米・アイダホ州に住む30歳のアマンダさんは、4人の小さな子を持つお母さん。働きながら教師を目指し、大学に通っていました。ほとんどの単位を取り終え、教師になる日を目前にしていた2016年10月、ガンと診断。ステージ3でした。

医師からは「すぐに6か月の集中化学療法を始めるべきだ」と言われましたが、4人の子どもたちの教育ローン、将来の不安などで、継続的に高額な治療費を払うことが難しい状況でした。

アマンダさんは仕事を辞め、卒業を目前にした大学も退学せざるを得ませんでした。

手渡しで100ドル札を

B41e105c1b12e545cbc5dd2d888680b062373de6

そこで彼らの友人のひとりが「Gofundme」での資金集めを提案し、夫婦はコーヒーショップで、資金集めのためのビデオを撮影することになりました。自分の状況を語るうちに胸がつまり、涙声になるアマンダさん。すると、そこへ現れた親子が2人に微笑みかけ、100ドル札を置いて去っていったのです。

親子の後ろには、次から次へと100ドル札を握りしめた人々が続きます。

何が起きているのかわからず、戸惑う夫婦の前にどんどん100ドル札が積み重なっていきました。そして、涙が止まりません。全部で200人近くの人が参加し、集まった金額は約13,000ドル(約150万円)。

87a59d44e0ea0e62b674165555b1872f0ca1d036A628d2e222976650c7a21928486c7549b15f9592

最後には、4人の子どもたちが花束を抱えて、夫婦の下へ。

これこそ、別の友人がアマンダさんの話を聞きつけ、サプライズイベントチーム「Praynksters」に依頼したフラッシュモブ。手渡しの寄付とGofundmeを合わせると、最終的に集まった資金は、59,000ドル以上(約680万円)にまで達したそうです。集まった資金のおかげで、アマンダさんは治療を開始。

下で紹介している動画は、まさにその時の様子を収めたものです。

Licensed material used with permission by Praynksters
ガンが転移し、化学療法中。もし自分や、親しい人がそんな状況になったら、どんな気持ちになるでしょうか。もしかしたら、どう声をかけて良いのかさえわからなくなっ...
現在マサチューセッツ州在住のジェフリーさんは、ビザや経済的な理由からアフリカ・ガボンに住む家族に会えず、弟とは4年、母親とは10年、顔を合わせていませんで...
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
子どもながらの発想力と、機転の利かせ方、そしてその行動力にあっぱれ。米テネシー州の保安事務所を訪れ、緊張した面持ちで写真に写る9歳の少年。目の前には、首か...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...
彼のガッツに、世界中が注目した。そして勇気をもらった。これはガンを患った少年Zach Zeilerがそれを乗り越えて、ボディビルダーになった物語だ。ぜひ、...
子を持つ母親には、本当に頭が上がりません。そう思わずにはいられない動画を「Jukin Media」よりご紹介。再生後に現れるのは、生後8ヶ月の3つ子と2歳...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
肺がんと闘う病床の母の願いを叶えてあげたい。娘Rosie SkripkunisさんはFacebookを利用し、自身のタイムラインに、いちるの望みを託してあ...
Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏がエボラ出血熱の感染拡大を阻止する為に「25億円の寄付」を行ったことが話題になっている。フェイスブックに...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...