乳ガンと闘う母に、息子が「歌」を作った。世界のミュージシャンも動いた!

「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」

そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参加したのは伝説的バンド、グレイトフル・デッドを筆頭に集まった世界有数のミュージシャンたち。

彼らは、乳ガンと闘う母親に贈るアーチャーくんの歌を、カタチにするために集まったんです。

乳ガンを治療するママに
歌をプレゼント!

そのほか楽曲に参加したのは、ノエル・ギャラガー、ホージア、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ミルキーチャンス、イマジン・ドラゴンズ、サラ・シルバーマンなどなど…そうそうたるメンバー。

Upworthy」によれば、アーチャーくんの母親クリスティさん(42歳)は、40歳の時に発覚した乳ガンの治療を終えてから、半年も経たずして再発の診断を受けたそうです。

一度目の治療で乳房を切除しており、5人で開いた家族会議でも重苦しい空気が流れていました。しかし、そんなときにいつも場をなごませてくれたのが息子のアーチャーくんでした。

「ぼく、ガンてバカなんだと思うんだ。なんでか分かる?だって、一度コテンパンにやられてるのに、またやられに帰ってきたんだ」

アーチャーくんが
頭の中でつくった音楽

Medium e868711535886b283448b80a8613cdcf465016d7

ある日、父親はCDプレイヤーの中にくしゃくしゃの紙が入っていることに気づきました。よくみると円盤型に切り取られたものだったそう。

「ママのために歌を作ったんだ」

じつはこれ、アーチャーくんが頭のなかで生み出した音楽イメージを再生するために作ったもの。紙製のCDには、「Boob Spelled Backwords Is Boob(ブーブは逆から読んでもブーブ)」と書かれていました。

ラジオ局にサポートが集結

Medium e3990b826b1ca9138271de1d8e9da0d51f7f9e4a

ラジオ局で働いていた父親は、このことを同僚に話しました。すると、番組プロデューサーがバンドを雇ってアーチャーくんが考えた歌詞を楽曲化!それから、出演するアーティストに頼んで楽曲にもっと磨きをかけてもらっていったそう。

そして、噂を聞きつけ力強い味方となってくれたのが「グレイトフル・デッド」でした。

乳ガンの女性のために
「おっぱいプロジェクト」が始動!

Medium 5fa4f475e2a63c7df4d65e7d65cce2880a4442a2

「まるで乳ガン患者へと向けた、"We Are The World"のような感じでした」

とクリスティさんの夫マイクさん。

SNSを使い、ハッシュタグ「#boobproject」で活動内容が拡散され、無数のアーティストサポートが開始。やがて動画がつくられ、iTunesで楽曲が販売開始。収益は「BoobProject.org」を通じて「乳ガン研究基金(BCRF)」へと寄付されるようになりました。

クリスティさんの治療も
無事に終了!

Medium f345b65ac470a4a290ec893efcf4c4288c63be71

彼女から電話連絡を受けたマイクさんは、買い物の途中涙が止まらなくなったそうです。彼は、自身のブログなどを通じて、その想いを人々に伝えています。

「乳ガンは早期発見が大切です。妻もあと1~2年発見が遅れていたらもうここにはいなかったでしょう。みなさんも体の異変に気を配って、異常がないかどうか確認してください」

母親を想うアーチャーくんの気持ちが、父親やミュージシャンを通じて世界中へと広がっていきました。夫婦ふたりともいまだに歌を聞くたび涙が出るそうです。歌詞の中で繰り返し歌われているフレーズが印象的です。

人生になかにある"いいこと"を忘れちゃいけない。キャンディみたいな、人生や、食べることや、楽しいこと。

Licensed material used with permission by Mike Nelson
Reference:Upworthy
小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
32歳、ハリウッド女優であるアニエラ・マックギネスさん。彼女は乳ガンを患い、治療のために乳房を切除しないといけませんでした。無事にガン細胞をとり除いた彼女...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
肺がんと闘う病床の母の願いを叶えてあげたい。娘Rosie SkripkunisさんはFacebookを利用し、自身のタイムラインに、いちるの望みを託してあ...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
イスラエルに住むRuthi Gaonさんの息子、Erezくんは、いくつかのハンディキャップを背負って生まれてきました。そのうちのひとつに「congenit...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
薬より効くのでしょうか?ぜひ試してみたいところ。プロデュースしたのは、頭痛薬の製造で知られるブラジルの会社「Dorflex」。鎮痛効果があると言われている...
夢に自分の子供が出てくると、どんな展開であれ、気になるものです。特に子供が幼い場合はそうでしょう。子供が夢に出てくるのは、子供に関することを暗示する場合と...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...