男性もなるって本当?「男性乳ガン」について教えて!

Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

乳ガンは、女性にとって大きな死亡原因の一つです。特に40代後半の女性に多いといわれていますが、なかには比較的若い30代の女性でも発症することがあります。「まだ若いから」と油断せず、乳房のしこりなど異常に気付いたら、早めに専門医を受診して検査を受けることが推奨されています。 

この乳ガン、一般的に女性がかかるものと思われがちですが、実は男性にも発症することをご存知ですか? 今回は、このあまり聞きなれない乳ガンの原因や症状について、医師に聞いてみました。

「男性の乳ガン」は
全体の1%未満

_224941048

男性における乳ガンの割合は女性に比べると少なく、全体の1%未満といわれていますが、若年から高齢まで幅広い年齢層において発症する可能性があります。特に多いのは、60~70歳くらいの男性といわれています。 

乳ガンは、乳房にある乳管などの組織や細胞が癌化することで起こります。 

この癌化は、放射線にさらされたり、女性ホルモンであるエストロゲンの増加、また、乳ガンを発生させる変異遺伝子が遺伝によって受け継がれるなどの影響により、そのリスクが高まるといわれています。

しこり、炎症、分泌液
症状は女性の乳ガンと同じ!?

225460834

症状としては、女性に比べ乳房に脂肪が少ないため、乳ガンがしこりとなってはっきりと現れることが多いです。また、ガンのステージや種類によっては乳房が腫れたり、赤くなったり、熱くなるというような炎症の症状がでることもあるほか、乳頭から分泌液がでることもあります。転移が起こると、その部分にも痛みや機能不全などの症状がでます。

男性でも女性ホルモンが
増加する!?

Alone in office

放射線を受けやすい環境にいる人や、肝硬変などによる肝機能障害やクラインフェルター症候群などの先天性疾患がある人などは、女性ホルモンの量が増えて乳ガンになりやすくなります。 

また、女性男性に関わらず血縁者で乳ガンにかかったことのある人が複数いる場合も、乳ガンになりやすいといわれています。

■医師からのアドバイス
もし乳ガンにかかってしまったら、そのステージに応じて、手術化学療法が行われます。女性ホルモンなどの影響も受けやすいので、もともとの持病などをしっかり治してコントロールすることも、男性乳ガンを起こさないためには大切です。 

「男だから、乳房にしこりがあっても気にしない」という考え方は禁物です! 異常に気付いたら、ただちに専門医を受診してくださいね。 

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

「何を考えているのかわからないし、何も話してくれない…」女性からはそんな風に思われてしまいがちな男性陣ですが、じつはいろんなことを考えているんです。ただ、...
初対面でキスされる、という経験はありますか?日本人ではなかなか、初対面でのキスはあり得ないシチュエーションですよね。何回かデート重ねてキスをするのが、普通...
あぁ、なんで男性ってこんなに女性のことわからないんだろう?男ってみんなこうなの?と思っている女性のみなさん。今度から理想の男性のチェック項目に「姉妹がいる...
年が離れている分、年上男性へのアプローチは、するりとかわされてしまいがち。「子供扱いされて、なかなか女性として見てもらえない」と悩んでいる人も多いのではな...
IT系企業の採用面接に向けて、インタビューのスキルを向上させるオンラインサービス「Interviewing.io」の女性CEO、Aline Lerner氏...
ショーウィンドウに映る自分を見て、髪を整える男性。見た目ばかり気にしていても、意外と女性はそこまで見た目にこだわっていないかも。「Elite Daily」...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
ライターMatt Duczeminski氏は、男性視点の切り口で恋愛を捉え、世の女性たちに向けて「理想の男性の見極め方」を伝授しています。でも、どちらかと...
女性の脳内で起きている変化って、想像するよりもずっと大きなものなのだとか。神経精神医学に詳しい、Laura Brisendine博士は『The Femal...
米ウェブメディア「Elite Daily」で人気の恋愛ライター、Paul Hudson氏。数ある彼の記事のなかでもとくに人気を集めたのが「大人の男性」と「...
気が多い「浮気症」、いつもギラギラで「エネルギッシュ」、年を重ねるごとに「若々しさ」が出てくる。巷にあふれる性欲が強い男性のイメージを並べてみると、ポジテ...
学生のときは、一緒にいて楽しければそれで良かった。でも結婚を意識する年齢になってくると、それだけでは物足りなくなってくるもの。もう子供っぽい男性と付き合っ...
ちょっと親しい関係になると、気軽にボディタッチしてくる男性っていますよね。特に、肩の部分は触られやすいようで、軽くポンと叩くこともあれば、じっと手を置かれ...
二の腕へのボディタッチには、いったいどのような男性心理が隠れているのでしょうか。ちょっと下心があるのが本音ではないでしょうか。その触れ方や過程、時期などか...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
母性本能をくすぐる可愛い男性はどこの世界でも人気者。学校にも会社にも一人は存在するのではないでしょうか。そんな母性本能をくすぐる男性には共通するコト。とく...
気になる、男性からのボディタッチ。とてもうれしくて、どういう意図があるんだろう?なんて思わず深く考えたりする人もいるでしょう。そういうとき、まずは背中のど...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
夫婦共働きが当たり前の現代社会。そんな中で、結婚相手として女性から支持を集めるのは、いわゆる家庭的な男性です。夫婦共働きとなると、家事や育児に協力的な男性...
優しいけれど、いまいち何を考えているのかが分かりづらい年上男性。そんな彼との恋愛を成功させるには、微妙な心理を把握するのが一番の近道です。彼らは普段どんな...