人間に傷つけられたゾウが、保護施設に助けを求めてやってきた

2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashed」が伝えている。記事の内容によれば、彼らは、およそ二日間かけ、手負いの身体で、ある施設を目指していた。

ゾウたちは知っていた・・・
介抱してくれる施設がある

11-15th Ithumba Darting

一見、この写真だけをみてしまうと、密猟によって殺されたゾウの周りで撮影されたものに思えてしまう。だが、これはまったくその逆。横たわったゾウの傷の治療にあたる医療スタッフの様子だ。野生ゾウの保護施設「David Sheldrick Wildlife Trust(DSWT)」は、孤児となったゾウの救出のほか、野生動物やハンターに襲われた傷の手当やリハビリを主におこなう、自然保護団体のひとつ。
1頭のゾウが2頭を引き連れるような格好でDSWTを目指してきたという。先導した野生のゾウは、施設で保護されていた経験はなかったものの、ほかの2頭は以前この施設で保護され、野生に還された記録が残っていた。

動物情報の専門サイト「The Dodo」が、詳しく追記している。
この雄ゾウは、孤児となってDSWTで保護され、その後野生に戻された2頭(MwendeとYetuと命名された)の雌ゾウとの間に、2011年に子供をもうけていた記録も判明した。「私たちなら手当をしてくれると分かっていて、施設を訪れたのは明らか」そう断言するDSWTスタッフもいる。

野生のGPS機能が
正確な位置を把握

13th -15th August 2015

ゾウが助けを求めて人間のいる場所へとやってくる。そもそも、そんなことが可能なのか?じつはゾウは、空間認識能力に長けた動物。「体内に備わるGPSが、広大なサバンナで水源地を求めて移動するのにも役立てている」と、専門家たちはみている。
密猟の手から野生のゾウたちを守る保護目的で、人間の手によってGPS付きの首輪を付けられることもあるが、これは人間の側がゾウの位置を把握する目的。ゾウにはもともと、方位感覚が備わっているということだ。
ゾウの高い知性と社交性を考えれば、毒矢に冒された自分たちを介抱してくれる、人間の居場所へと向かわせた理由が、理解できる気がしないだろうか?

それでも、氷山の一角?

11-15th Ithumba Darting

傷口の手当にあたる医療スタッフ。幸いなことに傷ついたゾウたちは、DSWT医療スタッフによる治療処置によって、3頭とも事なきを得たよう。
だが、すべての野生のゾウたちが、彼らのように助けを求めて優れた能力を発揮できるのは、珍しいケースだとスタッフは言う。
過去3年間だけでも、10万頭を超えるアフリカゾウが密猟により殺されている。その目的は違法な象牙の取引によるもの。このままいくと、「10年以内にアフリカゾウは全滅の危機がくる」と見る専門家もいるほどだ。

Reference:The Mind Unleashed ,The Dodo 
Licensed material used with permission by the David Sheldrick Wildlife Trust

アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
全国の保健所には、たくさんの「行き場のない犬=保護犬」が収容されているという。凶暴な犬や野犬など、問題行動アリと判断された犬は譲渡対象にならず殺処分になる...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
子守唄は赤ちゃんだけのためではないかも?タイの動物保護施設「Save Elephant Foundation」にいるFaamaiは、飼育スタッフのLekさ...
時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だとい...
犬の救助ボランティアに参加していたシカゴの美大に通うErin Einbenderさんは、あるとき、首にエリザベスカラーをつけた犬たちに、なかなか貰い手がつ...
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。そ...
アフリカ・ケニアのトサボでは、近年降雨量が激減し、野生動物たちが乾燥に苦しんでいるそう。そんなサバンナに「オアシスを作ろう」と奮闘している、ひとりの男性が...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...