イギリスの動物保護団体が「ネコのための不動産会社」をオープン

ネズミのための遊園地ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネコのための不動産会社」が、実際にロンドンにオープンしたのだ。

猫だって、住む場所は
自分で選びたいんです。

6b29767841fc7031e945c61de91055149de39ee7

位置するのは、IT企業が集結し始めている「Tech City」。野良猫が1番居なそうな土地柄ということは、割とリッチな人たちを対象にしているのだろう。中にいるスタッフも、キリッと爽やかに決めている。

Aa6d6bf5be4c120a0af0758f56fa2389f5a95f97

「ようこそ、Estate Agent For Catsへ!」

開店と同時に入って来てくれた、最初のお客様はなんとラグドール。ふわふわの長い毛と青い目が特徴的で、高級感があふれている。

Cc2e31af7b466607f8216b00ce5ebdf550cd26e2

「なかなかイイわね、このお家」
「ありがとうございます!こちらの物件はサイズ感もぴったりですし、何より大きめの窓が開放感を出してくれているので〜……」

466c3b9e838cb778e21f2888d5606999822b0880

「僕の城見つけた!」

1701aba81a8fb232caa500ffabdd63e3b69b2a9a

「ここじゃちょっと狭いわね……」

7903dd62ae0aedfa5d87c413751d0d13525a8f21

「ママ、お家決まった〜!?」

A4d653841796114d83b0ef3c64c0a56692d3ee0a

「そうねぇ、この家に決めようかしら」

C9cd06f4427d0e35d265ce1960fa23320bb32d7d

「タージマハルも良かったけど、もう少し庶民的なのはないの?」

D05164a8d5bdaa727acca0beaa4e54e0c4927c44

「あっ、お客様!爪とぎはおやめください…!」

予想以上に続々と来るお客さんに、ひとりでバタバタと忙しそう。出品している家も、デザイナー、ジャーナリスト、学生など、建築家がそれぞれ違うためバラエティに富んでいて、迷ってしまうのも仕方がないだろう。

気に入った?
買取はオークション方式で

7b96114f03fffc18ce92ca2a7d4f5d33ee406769

「お客様、聞いてらっしゃいますか?必ずこの期間までに、飼い主様との交渉をお願いしますね?」

せっかく来店してもらったけれど、残念ながらすぐに購入して持ち帰ることはできない。まずはそのお気に入り具合を存分にアピールして、決められた期間のうちに、飼い主に入札を頼むという仕組みだ。

「猫の居場所」に、
もっと目を向けて欲しい

99aa64b043e469aa7ff2518fff850be69726948a

この前代未聞の企画を実行したのは、イギリスの動物保護団体Blue Cross。彼らは毎年、数千匹もの猫を保護していると言う。プロモーションの動画や写真に使われているのも、実際に彼らが保護している猫たち。

彼らの人生や住むところに、もっと目を向けて欲しいという想いから「不動産」を選んだのだ。

320b3f663e623dca024964d3c2836ea621e0a1f2
Licensed material used with permission by Blue Cross
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。そ...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
近所に捨てネコがいる。「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。赤ちゃんを産んだのだ。毎日のように子ネ...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs &...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...