信じられる?これすべてボールペンで描いたんだって!(イラスト20枚)

タイトルでいきなり種明かしをしたのは、それと分かっていてもパット見、ボールペンだけで描かれたものとは思えない、精巧さと画力があるから。

どっからどう見ても
モノクロ写真の世界

1ca84066a2d59f48d77fb9e75f7ee455d216a825

まずは、こちらをチェック。道行く車のフロントガラスに写り込んだ空の雲。画面奥へと伸びる吊り広告のビキニの女性。これが絵と言われなければ、まず間違いなくモノクロで撮影された写真だと思うはずです。

そのくらい、精巧で緻密。傑出した描写力を独学で身につけたのは、ウクライナ人アーティストAndrey Poletaevさん。この印影をつけるのに10本、多い時で20本。濃淡の違うボールペンを使い分けて光と影を表現していくんだそう。

1つの作品に200時間〜300時間をかけて描き上げた、Poletaevさんのシティスケープ。じっくり見ていきましょう。

721e431c39a060ee16e8c6a81ea8863be55d5411D21d629298e252049a847848b2d9106087bcafb9452312939d62f5e4c6a93520fe4df4e7f7af875c1b7509b9a9578a287deb52a7b89c26c5d4b9d8ae9be08ac48deb71268061215df1500d2bc9cac885496b234c30e8136fb7b18d616012cc325f1e1c47

たまには色を変えて

5368b8658c5f28febfaa9dd2222e451a2ce48179B8679b95e20b3b62c7b0a30ddd7bd01ee5b71cac0582aa4987a9d368888deb3463ae90eb55d9912352b0b0ba411ad12f8badb9d445d1257fe629020396b72250808bc3c7427dc20674e3bd3e04e203feBae1a8576de77fe526b019989292fd5e3486b887Cdfbcf9ff95be5204c78885536d57d17fbdcdf27101906d806c22c6e836c3eb3094a4cb07b8945623cf666e30479ed081f35a809d2fe1ad6368abfbf016f6251a46fa8d950d9696cd9ba00d52aaf81f0

銀幕のスターたちも

Aee41effbbd7e9a1f1ca37801f1415ef07eb3850D838e0b59f425054d9d72d00aca964d7f3d794c537f1de9d8a48528d4987f2afb707d08f040f6a49

オードリーにマリリン、ハンフリー・ボガートもご覧のとおり。

ボールペン画は世界的にも評価が高く、クオリティ、作品によっては数十万、数百万単位で売買されるものもあるくらい。Poletaevさんの情景を切りとる画力にファンは黙っていないはず。

Licensed material used with permission by Andrey Poletaev
思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
死んだあとってどうなるの?と聞かれるといくつか思い浮かぶイメージはありますよね。たとえば、天国とか地獄とか。しかし、ここで紹介するRamin Nazerさ...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...