「灰」でイラストを描くのは、歴史的建造物を蘇らせるため

アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が込められていると分かった途端、私のような素人でもグッときてしまうものだ。

ロンドンをベースにしたイラストレーター、Sharon Liuさんの作品もそう。彼女が1本1本丁寧に線を引いて描いた絵の裏側にも、あるストーリーが隠されている。

大切な建物が
火事で焼けてしまった…

5cae522ea0061258640dcbaeebe74ff5a1c0b1818466704687a67e7b153af3a8c44f7fe9f1fd9dba8266391656c2dfe32abfe87945f442670fbae1a2

実は、このイラストに使われているのは「灰」。2014年の火災により焼けてしまったスコットランドの美術大学の校舎の一部だ。世界的建築家チャールズ・レニー・マッキントッシュ設計の歴史的建造物だったのだという。

B0729f14f2d63f99499606802c5f1ebc3049a0bd

火災を受け、「Ash to Art」という名のプロジェクトが立ち上がった。トップアーティストを含む25人が選ばれ、大学から焼け跡に残った灰の塊が送られたのだ。それを元に作った彼らの作品はオークションで売られ、集まった資金はなんと706,438ポンド(約9,900万円)。これは再建のための費用にあてられる。

先のSharon Liuさんのイラストは、建物が火事になるところから、アーティストが作品をつくりオークションで売られるところまで、すべてを灰で表現している。そしてプロジェクトを広めるため、絵をつなぎ合わせてアニメーションに仕上げたのだった。

作品づくりも再建も
「ゼロから」

7031d57d04c2061becd3dd60292407b582884fc44b4a015a114e02d43d06f21fab8677e05b7c692e

作品をつくる過程で苦労した点をLiuさんに聞いてみた。

「木炭のピースは、黒色や茶色に近いものなど色がまばらで、手触りもそれぞれ違った。柔らかいものもあったから、細かい線を書かなければいけない時は、ピンセットを使ったわ

用意されたのはあくまで焼けてしまった本物の木材。だからこそまずは木炭を砕いたりして、「インク」を確保するところから始まった。与えられた量では足りなかったため、何度も大学から送ってもらい完成させたとのこと。Liuさんは、ネガティブをポジティブに変えるという点からプロジェクトを気に入り、選ばれて光栄だったと誇りに思っているそう。

A6972bdab6f5134a2f58f543327d760e224572e7

資金はできる限り募りたいとのこと。いつ再建されるかは未定だが、新しい建物ができた時には、いつの日か訪れてみたい。

Licensed material used with permission by Sharon Liu
このたび登録されたロンドン・デンマークストリートにある2件の建物は、もともと歴史的建造物として公式登録されていた場所。しかし、2016年3月22日にそのラ...
身近な人の死は、避けては通れない出来事。誰しもに平等に訪れるとはいえ、気持ちを切り替えるのはなかなか難しいものです。しかし、このアイデアでそうしたショック...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
夜寝る前に必ずしてしまう一人反省会、何よりも楽しいひとりで過ごす時間。人と話したりするのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが話題...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...
そんな「弱肉強食」の関係が、それぞれ一枚のイラスト内で完結。どこに焦点を合わせるかで、あなたが目にするものの立場が180度変わります。これは、イタリア人イ...
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...