実はこの絵・・・絵の具ではなく、すべて○○で描かれていた!

【問題】
これらの絵に使われている
画材がわかりますか?

B7ecd525d50f05b1fecc30531e82bd8142e7e9ce0bbda400893548a1e7ed0a592a15fd217ac750e1

【正解】
なんと、ワイン!

E8e917eeec0796f6eb28c901cc9c7951d65babea

一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、このユニークな画法をアートワークにしています。

品種やエイジングで
色相を変えるワイン

48010df9427ff8cc198472e9c047d8ef118d1e76

ブドウの品種やヴィンテージに応じて、ワインは画用紙の上でそれぞれ異なる色相を見せるんだそう。彼女はこうして独自にワインごとのカラーチャート表を制作し、絵の具を使い分けるようにワインの濃淡を変えて、作品を表現していきます。なるほど、確かにコーヒーよりも色合いに幅があるのはワインの方かもしれませんね。

では、今一度ワインで描かれていることを意識しながら、Sanjaさんの絵を見ていきましょう。古典絵画から、浮世絵、有名人、さらには彼女お気に入りの映画まで、モチーフはさまざま。

赤ワインの色調が「ルビー」や「ガーネット」「レンガ」などに例えられるくらい、酸化熟成することでバラエティ豊かであることに、改めて気づかされます。

ヴィンテージ感ただよう
“ワイン画”の世界

3b3a6d153b8c33ff6cbba0bb0a5e3311b1b403b6

たとえば、こちらの作品「Winescape」。リースリング、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランの白ワイン3種、さらにはピノノワール、メルロー、カルベネ・ソーヴィニヨンと赤を3種の計6種類のワインが用いられているんだそう。赤だけでなく白ワインもときに使い分ける…奥が深い!

1bfc8f9eb3fd2e0991c777f44f314565b37333830d5729a2232ccab5c284522c3d5543cebf2d50095d8b74238d4a6f81dd359e169a5166041cc0b35926b8f2f3ad58c4aef008ab9c471d3de73e40b70bF5869d4a558831fc69176adc773431048c7580804fe5b8c6861c71851e043ba8dfa82a2b7fa8cb853271c4d595655dab619fda0e2a0eedc7c799e0bc494fde8e0e1e62bd0b2276b3d29e9e44696718ea50ca368a9f8de497f43cae3f92fd9c39ab00128d747e438e2f3f3f1113c7ee8f7518f62014c756b9A08a0a0e1f4a694399e676430b21f00c6a87945b3cac167d74c13d610814bd2997490ddbc8cc441b

もしも、飲みかけのワインボトルがあるならば、画用紙にちょっと試してみたくなりませんか?

Licensed material used with permission by Winerelle Vinoreli
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
どこからどう見ても、水面を泳ぐ金魚。ところが、そこに生きた金魚は存在しない。ならば、リアルな彼らはいったい何なのか?驚くなかれ、これは3Dペインティングに...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
タイトルでいきなり種明かしをしたのは、それと分かっていてもパット見、ボールペンだけで描かれたものとは思えない、精巧さと画力があるから。まずは、こちらをチェ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
世界に1%程度と言われている、両利きの人。そんな珍しい「両利き」の日本人アーティスト、Toruさんはさらに珍しい技の持ち主。なんと、両手それぞれで、しかも...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...