「通報を恐れて、芸術なんて表現できるものか。」

「芸術はいつも、反感を買うものさ」。

美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多いようだけれど、冒頭のセリフのとおり、本人は気にしていないご様子。

全裸ではあるが
“絶対に見せない”ポリシー

Bef9a42be06b1a705a2031742bec82895576c7b6

急に裸になって、周りから驚かれるでしょう?と聞いてみると、「拘束されたり、罰金を要求されることはよくあるよ」とサラリ。ちょっと待って、無断なの!?

よく通報されるらしけれど、なぜか今まで一度も罰金を払わずにやってきたらしい。芸術を表現しているだけなのに、金を払う必要がどこにある?とのこと。

なぜそれが許され続けているのかもよくわからないけれど、振り切りすぎてて清々しい。もはや、相槌を打つ言葉もみつからない。

ということで、説明は終わり。彼の信念をご覧いただこう。

3175547d14dab20bb4c5a605611aad71da4f0cdfC82159a81db6305ba7240ee8d87070209841fd0f64e3b70414f559559a9e94001adcc22f5903f10f8fb0f002f3568ebaca9e5d2f7a332fe5cdcfc23287637c78d79e5d08ed2f417d0a9cf3e44016a27b926aa306619a8c076d68c7d91f92996243735920

裸にこだわっているのだから、すべてをさらけ出すのかと思えば、それはタブー。絶対に男性器を見せないことは、彼の掟のようなもの。そこに目が行き過ぎると、芸術を感じる妨げになってしまうから、らしい。

それにしても、一本たりとも生えていないスネ毛や、トゥルトゥルのお肌を見ると、「美しさ」の徹底ぶりには関心してしまう。裸には違いないのに、ここまで男臭さを感じないのも、不思議な感覚だ。

女性の「美」は、
どこまでも魅惑的。

E4345fdd1fb2ac548a13fde189b1866fccb156cd

女性の絵画の前でパフォーマンスすることが多いのは、どんなに男性が魅せようと、「女性らしさがもつ魅力には敵わない」ということを表現したいからだそう。

彼はこの芸術を通して、自身がフェミニストであることを伝え続けていたというワケ。なるほど……フェミニズムに関しても、パフォーマンスに関しても、誤解を招くことが多そうだ。

52084a674b440997168d9302cc386b52ec216102

「あぁもう、この忙しい時に!」

これからも捕まらないよう、ほどほどに信念を貫いてほしいと思う。

Licensed material used with permission by Adrián Pino Olivera, (Facebook), (Instagram)
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
米メディア「Elite Daily」のライターSean Levinson氏は、男性がおしりを好きなのには、科学的根拠があると書いています。男性が大きなおし...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...