「ポルノとは違うの」。女性写真家が撮るオーガズムの瞬間

オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。

フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「Moments(瞬間)」というシリーズで撮るのは、様々な男女のリアルなオーガズムでした。

世界に新たな
「セクシャリティ」の提案

7ac7d13809a8110f91b71e3964c4e9ab0e844f41

「セクシャリティ」に対する新しい考え方を、社会に提案したかったの。

そう語る彼女にとって、「セクシャリティ」は肉体的なものだけでもなければ、もちろんポルノ業界が見せるものがすべてというわけでもありません。

だからこそ彼女は、「体ではなく顔」を撮影することに決めたのです。なぜなら、オーガズムの瞬間の表情は、コントロールできません。そんな生の表情こそが、彼女の写したいものだったのです。 

オーガズムのもつ
パワーを感じてほしい

D2e2f3e2da0ab5d08efc3c89989161ed030feb03

この作品を展示した1〜2回目は、これらがオーガズムの写真だとは誰にも言わなかったそう。それは彼女にとって「言葉を介さないコミュニケーションは可能なのか」という実験でもありました。

言葉ではなく、写真からオーガズムの瞬間のエネルギーや感情を感じ取ってほしい、それがテーマでした。

ひとりの友人から始まり
世界へ

Fb672ec2b3ec9e615e0ec445a7dd7b7474c61d67

このシリーズは、まずAlinaと友人をモデルに始まったそうです。こういったテーマに対してオープンなAlinaがプロジェクトについて説明し、すでに撮った写真を見せ、撮影OKかどうかをモデル候補に聞いたのだそう。

0768270f5bd9fc9f76f5cf2334e062657070247c

プロジェクトについて知ってもらうほど、みんなが興味を持ってくれるという手応えを感じていたAlina。最初のモデルは友だち、次は友だちの友だち、そしてプロジェクトに参加したいと連絡をくれる世界中の人へと、その輪は広がっていきました。

撮影OKなら
ワインを持って訪ねていく

00ba78b79736d16a65c938fb680e085fb6e66fea

プロジェクト参加希望の人がいたら、だいたいの場合ワインを持って、夕方にその人の家を訪ねるのだとか。そして少しおしゃべりをして雰囲気を作り、お互いに気持ちの準備ができたら、撮影開始。

2587f444a768ac7f06bb280d3e59e7967c96210b

モデルが“自分で”したり、時には誰かに手伝ってもらいながらオーガズムに達するのを待ちます。Alinaは部屋で一緒に待っていることもあれば、一旦部屋を出て最後に戻ってくることも。その瞬間がきたら、5〜10枚のカットを抑える。

「オーガズムに達するとき、カメラを通して“つながっている”感じがするの。ポジティブなエネルギーの波が、私のなかに入ってくるみたい」

こうして捉えられた「瞬間」が、このシリーズなのです。プロジェクトはまだ続いていて、彼女の写真やフォトブックも購入可能。リアルなパワーを感じてみては?

Licensed material used with permission by Alina Oswald
リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
「どうやったらそんな瞬間撮れるの?」という猫写真が満載の、沖 昌之さんによるインスタグラム。家ににゃんこがいて、毎日シャッターチャンスがあってもこうはいき...
インディアナ大学とキンゼイ研究所による共同研究をもとに立ち上げられたwebサイト「OMGYES」は、女性の性的な悦びの質を高めるために、その知識と技術を共...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
最近、キャットラバーの間で話題となっているインスタグラム(okirakuoki )があります。それは、猫写真家の沖昌之が、野良猫の貴重な瞬間をとらえたもの...