『脱いでみた。』で話題の写真家は、なぜ女子のヌードを撮り続けるのか?

写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。

そんな写真を撮る彼女が魅力を感じるのって、どんな人なんでしょう。2015年に語られたインタビューを『QREATORS』の記事からご紹介します。

花盛さんが思う
「魅力的な人」って?

自分をかわいく見せたい、というのは多くの女性が思うこと。 インスタでの自撮りアップやプリクラのデカ目機能など、「かわいく加工する」技術や風潮は日々高まっている。

でも、『寝起き女子』や女子のための新しいかたちのヌード『脱いでみた。』で話題のフォトグラファー花盛友里さんは「魅力的な人こそ、自分をよく見せないんです」と言う。

星の数ほどの女性を撮り続けてきた花盛さんが、思わず撮りたくなる魅力的な女性ってどんな人なんだろう? 詳しく聞いてみました。

自分の「いい顔」を
わかってない子が好き

Medium 9a54087fd9754ab7f5750f38a77d2a2af1ca72e7

花盛 一言で言うと、自然体でかっこいい人。ただ歩いているだけでもいい雰囲気を持っている人はやっぱり撮りたくなる。

「自然体」って難しいと思うんですけど、例えば多くの人は、笑顔じゃないとダメ、目が大きくないとダメ、キメ顔じゃないとダメ……って、何かしら「自分的なこだわり」がありますよね。

その気持ちもわかるんだけど、私は「めっちゃ変な顔だな〜」と思っていても、「ま、いっか」って言える子が魅力的だなと思っていて。

そういう子って「全部ひっくるめて自分だよね」って思っている。 どんな状態でも自分は自分で、それでいいんだ、と思える人ってやっぱり素敵ですよね。

Medium cc3566f60ec28ed98a446b722f12b140bc45e9e3

————花盛さんが作品を撮る時のモデルさんも「自然体な人」を選んでいるんですか?

花盛 そうですね。「撮られ方を知っている人」はあまり撮影しないかもしれません。 自分の“いい顔”がしっかりわかっていて、インスタでアップされている顔がいつも同じ角度とか。キメ顔じゃないと自分を出すのが不安っていう子は、撮っていてもちょっとつまらない。

なので、作品で撮影するのは、撮られ慣れていない一般の女の子や、カメラを向けられても自然体でいられるモデルさんが多いです。動きながらその子のいい瞬間を探す作業がすごく好きなんです。

インスタとかSNSには基本賛成だけど、今は加工だって自由にできるし、“自分を出しながら隠している”現状があるなと思っていて。 いい顔も変な顔ももっと楽しめばいいのに……そういう部分ではもったいないと感じています。

Medium 6022825b8c358b6b77220d738600e7c4d213773f

————でも自然体でいいと思えるって、すごく難しいですよね……。

花盛 はい。私もできてないし、そうなりたいと思っているところ(笑)。特に若いうちは難しいかもしれない。 だから、『寝起き女子』や『脱いでみた。』などの作品を通して、本当に何も手を加えていない「自然体」の女子の魅力を感じてもらえたら嬉しいです。

最近、『寝起き男子』も撮っているんですけど(『寝起き男子』のインタビューはこちら)、男子より女子の方が撮っていて興奮するな〜と改めて実感していて(笑)。 もちろん男性を撮るのも楽しいんだけど、女子に対して思うような「やばい、めっちゃかわいい!死にそう!!」っていうのはないかも。

女子ってその瞬間瞬間で表情が全く違うし、本当に奥深い。あとは私自身が女性で「当事者」だからなのかも。 同じ女性としてこうありたいとか、羨望のような感情が入っているから、モデルたちがキラキラ見えるのかもしれません。

自分を知るきっかけが
「ヌード」になったらすごく嬉しいし
おもしろいと思う

Medium 48a2450c727300a8417945da747f49feeb54c996

————来年2月(※2015年当時)には『脱いでみた。』の個展を開かれると伺いました。

花盛 はい。2月16日〜21日に渋谷の「ギャラリー・ルデコ」で開催予定。個展自体はこれで3回目なのですが、規模は一番大きくてめっちゃ緊張してます。 だけど、これまで以上に面白いことになりそうっていう確信もあって。今までの全てをかけて取り組みたいなと思っています。

まだまだ構想段階だけど、例えば写真をただ飾るだけじゃなくて、ものすごく大きな写真があったり、その中にすごーく小さい写真が混ざって飾られていたり、天井から吊るされていたり、あとはただ写真をカラーコピーしたものを壁にペタペタ貼ってあったり……。

写真を見るだけだったらネットでも見れちゃうので、空間としても楽しめるようにしたいなと思っています。 ヌードだけど、子連れも大歓迎。私も土日は息子を連れてくる予定です。

Medium efad2f4572453ea8ada6473cc1d0813b7c4adfeb

————子連れもOKなんですね!(笑)

花盛 もちろんです! よく「どんな人に来てもらいたいですか?」とか聞かれるんですけど、「みんな!」って答えています。女の子ひとりでもいいし、男の子同士でもいいし、カップルでもいいし、親子でもいい。

ヌードというと、男性のためのキメキメのモノをイメージする方が多いと思いますが、こんな自然体なヌードもあるんだなと知ってほしい。これなら全然ありやん!っていろんな人に感じてほしいんです。

Medium 4d8bb64fb313c52091678e2bf5a2d5201fd05161

花盛 最初にもちょっと言いましたけど、脱いでくれる子って一般の子が多いんですよね。 その子たちが写真を見て「自分の体ってこうなってんねんな。意外と素敵じゃん」と感じてくれたら最高だと思って撮ってます。

だから今回の個展を見て「じゃあ私も脱いでみようかな」っていう人が増えてくれるといいなと。

この「自分は自分でいいんだ」っていう感情って、間違ったら開き直りとか、諦めとかにも捉えられるんですけど、全然そうじゃない。自分を知って、受け入れるってすごく大切でポジティブなこと。

そのきっかけになるのが「ヌード」だったらすごく嬉しいし、おもしろいですよね(笑)。

「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
「どうやったらそんな瞬間撮れるの?」という猫写真が満載の、沖 昌之さんによるインスタグラム。家ににゃんこがいて、毎日シャッターチャンスがあってもこうはいき...
猫マニアの間でチェック必須なのが、沖 昌之さんのInstagramアカウント(okirakuoki)。下町に暮らす猫を独自の視点で撮影し、ほぼ毎日アップし...
メディアで話題の○○動物系女子。犬系女子、猫系女子、ひつじ系女子...女子の特徴をさまざまな動物にたとえた言葉がありますが、「モグラ系女子」という言葉はご...
ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...
「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩...
レバノン出身のパメラ・ハケムさんは、独学で写真を勉強してきたフォトグラファー。被写体のアイデンティティが見える作品を撮ろうと考えた彼女が思いついたのが、「...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
最近、キャットラバーの間で話題となっているインスタグラム(okirakuoki )があります。それは、猫写真家の沖昌之が、野良猫の貴重な瞬間をとらえたもの...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...