不思議な写真家が、3,200の「窓」を撮り続けた。

窓は、建物という生き物の「瞳」だと思うんだ。

Andre Goncalvesさんが窓の魅力に気がついたのは、今から8年前、2009年のこと。それ以来、ポルトガルを拠点に3,000以上の窓ばかりを撮影してきたという。冒頭の言葉は、他でもない彼のセリフだ。

「なるほど…」と曖昧な相槌を打てば、「ははっ、変な人だと思っただろ?」と笑いかけられて返事に困ってしまった。それは図星で、今までも色々な研究者や、写真家の記事を書いてきたけれど、Andreさんもまた、不思議なことを言う人だなと思ってしまった。

彼は、窓という存在について、こんなふうにも説明している。

それぞれの場所にある建築物は、その地に根付く花や草、森、風の匂いのような自然と同じ。そのくらい多様で、歴史・文化・言語の個性が表れているんだ。

窓を覗いて、
そこにある物語をイメージする

05997037c8797d9790bbc3f5f7085bcf4a5c6252
Noerte,Portugal
Cd5fd7b0a515cb140ce18ca7008703e0c7614786
Monsanto,Portugal
7017b1e49242c6fe5a63a0c268eadf3e4b954a6e
Porto,Portugal
9b5090561e128f6861decce2160a3fd2024a3af3
Sesimbra,Portugal
59c19218cd75c90e487f2321d76dc96fcc419824
Lisbon,Portugal
4d2677be34554d6c701473efc17b048a1e83fc16
Amsterdam,Netherland
00fc6d9147c8510c0bdceffb9b853dfb535483bc
Guimaraes,Portugal
Bee2d5c15282d99eac9550281a5f26aa172075dd
Costa nova,Portugal

こんなに窓ばかり見ることもないけれど、さすがはヨーロッパ。ここだけ切り取って並べても、じゅうぶん絵になる。

建てられた姿は変わらないまま、変わっていく風景をじっと見ている。時には中から監視されるように、時には外から覗き穴のように。だから彼は、窓を「瞳」だというのだろうか。

Licensed material used with permission by Andre Goncalves
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
「どうやったらそんな瞬間撮れるの?」という猫写真が満載の、沖 昌之さんによるインスタグラム。家ににゃんこがいて、毎日シャッターチャンスがあってもこうはいき...
「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。「柏倉さんを代表する作品ってどんなものなんですか? いろん...
縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスで...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家A...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...