「バースマーク」を持つ人を撮り続けるフォトグラファーが伝えたかったこと

「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩み苦しむ人も多いのです。

デンマークの首都、コペンハーゲンを拠点に活動する写真家Linda Hansenさんは、3年をかけてバースマークを持つ人々のポートレートを撮影しています。この作品に込めたメッセージとは?

4198bc1fa14338fa42e9c98c1a4e23ba053d7ab0

メディアで見る「理想」なんて
重要ではない

「私はいつも、不完全なもの、そしてその美しさに魅せられてきました。私たちは、メディアを通じて伝わってくる“理想像”の影響を大きく受けていると思っています。でも、そんなものは重要ではありません。メディアによって押し付けられる理想に抗い、誰もが持っている不完全さこそを、賞賛していかなければならないのです」

B653e18ffe41659df68ff993a9b87c28ae28242310e618185dc0e80627fe7cf412a46f90572cf12eF5226ce51e1c6434f0876a65a48d38b126dbc2109980e1f68571d60ad96f325ef8b79a9920dbad41B7699e5142fa7b055c96fe6f446d0f970c1bf7282e66048fa7d384c51f3aa297cab59ad4a9eda4dc374253c8257177ce2b225d8312e59bc1fbc4832423681c02e8562d8fc2c6952c4dd110541513059dEf3b9fd43fc52fb4ad26adee3daab7dc6e7cfc1dCb52bd9e216e9a3ac0bfbe5acf1c5c71f3ad6d936b7f7e51cd63707e8f73e12ee465b625f4422a8bAdc05d406cd738ba203f36e2d1b4532810d8698b

「写真の瞳もまた
あなたを見つめ返すのです」

「人は、簡単に外見から中身までを判断してしまうもの。でもバースマークは、その人の内面とは何の関係もありません。写真を見て、バースマークではなく、彼ら自身に目を向けるまで、一体どれくらいの時間がかかりましたか?

写真の中の瞳もまた、そんなあなたを見つめ返しているのです」

多くのモデルが撮影に対してポジティブだったそうですが、それでも自分のアザと向き合うには、困難が多いもの。

不完全こそが「人」。お互いの違いこそが「魅力」。

それが、撮影を続けたLinda Hansenさんが伝えたかったメッセージなのでしょう。

Licensed material used with permission by Linda Hansen
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
166年前に発明された技術を使って、子ども達の写真を撮影し続けている、スペインのアーティスト・Jacqueline Robertsさん。坂本龍馬の有名なポ...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
あなたが笑顔になる理由は?笑うきっかけは?ルーマニアに住む32歳の写真家クリスチャン・マンタさんは「174 Reasons to Smile(笑顔でいる1...