ニューヨークの「いま」を撮り続けるフォトグラファーの生々しい言葉

大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?

一体どんな景色が広がる、どんな街なのか。「この目でひと目見てみたい」と憧れを抱いている人も多いかもしれません。

Medium a3cc05293dc2bfbc472e817173dc142668d3a56c

Vincent Pfliegerは、そんなニューヨークの「いま」を取り続ける写真家のひとり。カメラを手にしたときからずっと、街の写真を撮り続けているという筋金入りのストリートカメラマン。彼が写すのは、人々のリアル暮らしの重み。

「だいぶ、安全な街になったよ」

Medium 40ec7ce90fa53615465b35254130f1a01e219812

「80年代から90年代、ニューヨークはいわゆる犯罪都市だった。映画や音楽に登場するような、きっとあのイメージのままじゃないかなと思うよ。僕がこの街に住み始めたのはそのあとだから当時のことはあまり知らないけど、今ではそんな面影はほとんどない。市長がジュリアーニ氏になってから、NYは以前より安全な街になった。もちろん、危険や犯罪がまったくないとは言わないけど、少なくとも表に出てくることは少なくなったんじゃないかな」

「とんだ皮肉だね」

Medium b93bec0ff98163b8f30baf652f21f68bb3ade0e4Medium f0b7126dbb84554787ffebf7dd21bb4a4dd46554

「この街には、あらゆるところから来た人が一緒に暮らしている。僕にもフランス人や、イタリア人、ハンガリー人、クロアチア人、ポーランド人、その他いろいろな国から来た友人がいる。

世界中を探しても、これほど多文化が共生できている場所はないだろうね。それなのにトランプ大統領がこのNY出身だというのは、ちょっとした皮肉だよね」

街で出くわす、生のNY

Medium 1d1f7f1041976287ad00bfcf40cdac55d068caa9Medium 8ecae21ffe86f4f1aac20e974da535771e03337eMedium e3b0fe143d90d0dc14e44b7201971f31dcb2d894

「街で写真を撮っていると、いろいろなことに出くわすんだ。数週間前は、この冬初めての吹雪に見舞われたんだけど、ホームレスの人たちの写真を撮ったよ。暖かいコーヒーを一緒に飲んで、話をした。そういうとき、写真を撮ることはそれほど重要じゃないんだよね」

Medium b405142d90a7efd68ee3bc9ec54bc43ed76b7133Medium ac3b989c6697120ace254ab7f7737a60b7b1653eMedium 082c01644935e14d7fbbc837e3c1c816efbaa89f

「そこで、あるひとりの女性を見かけたんだ。彼女は妊娠4ヶ月で、凍えないようにたくさんの毛布に包まっていた。周りには人通りもほとんどなかったし、絶望的な状況に思えたよ。彼女は僕と少し話したあと、あと10ドルあればブルックリンのホテルに泊まれる、と言ったんだ。僕は所持金はちょうど10ドル。彼女にあげたよ」

Medium 90dd957f6dfe45285719d7db4b80f83baee630abMedium 87556ad752dc9d3be151d62ab8fa263a72dde106Medium ec2334d501ecab03f46100921613007064f2e841

「吹雪のなか去っていく彼女の後ろ姿を見ながら、僕は祈ったんだ。

“きっともう二度と会うことはないだろう。でも、彼女とお腹のなかの子どもだけは、無事でいてほしい”

って」

Licensed material used with permission by Vincent PFLIEGER, (Facebook), (Instagram)
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア自分をかわいく見せたい、というのは多くの女性が思うこと。 インスタでの自撮...
「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩...
屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。写真は、ポーランドのフォトグラファ...
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
4月からの新生活で、慣れ親しんだ街を離れることになってしまった人も多いはず。「Elite Daily」のライターSarah Coleさんは、26歳のときに...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
日本人フォトグラファー・MAR SHIRASUNAの作品『Beauty and NYC』。ニューヨークの高層ビルで、屋上のふちに佇む美女を撮ったもの。NY...