ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。

ポーランド出身の写真家、Klaudyna Shubertさんもおそらく同じことを考えたのでしょう。彼女のNY滞在中のトラベルレポートは、ひと味ちがいます。昨年の夏、人生で初めてニューヨークに訪れ、全力でその「日常」を捉えようとしたのです。

こんなニューヨークも、
ニューヨークなんだ

Medium 0f402cf0a6c145a6380aa27bfb6e271cfe925fb6Medium d4116d2b2a5f92edebc38580271a960a25c53979

旅をするのが大好きで、とにかくたくさんの旅に出るというKlaudynaさん。初めてアメリカを訪れたときは、西海岸を数週間ほど回ったのだとか。

そのときに、絶対またすぐ来ようと誓ったそうです。そして先日、ずっと行きたいと夢見ていたニューヨークについに降り立ったのです。

Medium c0b15f4247646b6492f65b4c521caaa4e1050b1bMedium 4bed67367c2b69f9fe9b4d8e9e1eff5518c7a62b

彼女が捉えたニューヨークは、どこかレトロで色彩が満載の、日常の風景。「旅行写真」というより「日常のヒトコマ」といった印象。

定番の観光地って
こんな感じなんだ

Medium 25535cfde54bb04e15bd9848bde9de43d4e08b68

自由の女神の写真って、きれいに像だけが入ってアップで撮られているものが多いですよね。意外に周りがどうなっているのか知らない人もいるはず。

自由の女神の島に上陸しないで見ると、こんな感じ。像を写真に収めようとたくさんの人がスマホやカメラを向けているのも、また味わいがあります。

Medium 97be226f4a9b4a0079ff038149ec0cae504bb658

お土産屋さんらしき人が、スマホをチェックする瞬間。

ニューヨークの街は
期待以上にパワフル

Medium ef69d5bc7bdb51936d201f0311e99444836982e0Medium fe116dc2b8df2782636e1c12e05c5aef2aa6fe1b

「ニューヨークの街は期待通り…どころか、期待以上にパワーをもらえる場所だった」

と語る彼女。

お気に入りの場所は、地下鉄、オキュラス、ウィリアムズバーグ橋。

Medium e0b928b68029fb9e11afde30fbe7d913046a740fMedium dae86c17cf69dba5be0147c8a4c83b03d1003929

「地下鉄は、ニューヨークのアイコン。いろんな国の、いろんなタイプの人がここで毎日暮らしているの」

Medium 68b3d3e19cc5e1556f1c7520a5febf5ffbcbe750

「ニューヨークの新名所とも言えるオキュラスは、シンプルでとても美しい建物よ。それでいて、とても強いメッセージとエネルギーを持っていると思うの」

Medium 7bcc9a10b0bbb8c78218bdf74aaa99bdc4f028b4Medium 2b96db5f00794e534bf93c66303ceb0fe1bb5e0f

「ウィリアムズバーグ橋は、マンハッタンからブルックリンを歩くときに素晴らしい景色を見ることができる場所。マンハッタンの景色だけじゃなくて、あまり話題にならない地域の景色も見られるのよ。ウィリアムズバーグ橋自体もとっても印象的で、エネルギッシュな場所なの。とくに、夕方から夜にかけてがオススメ」

ありのままのNYに
恋をした

Medium 2b72bcc7a057576c96266a5c7e748b131cc35368Medium 80a215322d037294d2a0dc834ddaf8f6bab3a031Medium 2cb46142c591db750d34e79e4628e01f2370c644

最後に「あなたにとって、ニューヨークとは?」と、直球の質問をしてみました。

「バラエティ。 エネルギー。 ダイナミクス。 私はその多様性とカラフルさに、完全に恋に落ちたの」

Licensed material used with permission by Klaudyna Schubert, (Facebook), (Instagram), (tumblr)
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
大好きな人と、どこへ行くのも何をするのも一緒がいい。付き合っていたら、そう思うのは当たり前です。できるだけ同じ時間を過ごしてお互いを知って愛を育んでいきた...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。写真は、ポーランドのフォトグラファ...
Steinway(スタインウェイ)のグランドピアノができあがるまでの工程を捉えた写真作品を紹介します。ピアノに携わる多くの職人たちにも焦点を当てたこの作品...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおうーー。経産省によって公開された...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...