「美術館のソファー」での寝落ちは、やめられない。

美術館って、うとうとしてしまう。

座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。そして「仰せの通りに……」と、溶けるように落ちてゆく“うたた寝”というのは、ほんとうに気持ちがいい。

窓から差し込む太陽のあたたかさなのか、作品を維持するための湿度なのか、小声での会話や静かな足音なのか。なにがあんなにも、心地よく眠気を連れてくるのかはわからないけれど、彼らの気持ちはよくわかる。

すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術館に張り付いた写真家がパリにいた。

夢は、絵画より奇なり

81db67d942f7dc2d1f72f77f74ae7c3b132cf63559f031970737776822c71d431bcad32c4c72d389406fea8cd01227fd23a57d2a07726272df9dcf7d4bed0aa6f8ebb83eaa04617caa2f25083571c4e727339b0d4c6d3f0449212ee2c9b27ca7f2e59e262a36c436bf6b1db0246640634ca8fac801fbb7323fb3cf25b47b0caafa9b8adff0689f2f958feaea76903760e9313f19715f4f522bdac5a0df6b5df7Aad4cc7c0ca47b65b88929cc07f3216743501570290b43665a760988143ce2a3b7e07b3fea88c2bc50139f38dfd02acb1b78d8ee2bf8edecadb40687B642c4527a3adb85cac7b633499694f1a2c9e98f86f1210315bb01cef93c5cd7743bda9dd13fca5fE353a5263283c796042d7eea13d534d769c3a3ac305a52bd2a6544e557222e776d9f0176fcdd755f

「寝てますけど何か?」くらいに遠慮のないおじいちゃんもいれば、呆れたおばあちゃんに上着をかけてもらっているおじいちゃんも。よっぽど熟睡だったんじゃないか。

目を覚ました時は少し恥ずかしいだろうけれど、寝息が聞こえてきそうな彼らを見ていると、つられて眠たくなってきてしまう。

Stefan Draschanさんは、このように美術館で起きる「あるある」を撮影しては、アルバムにまとめている。他にも、<こっそり作品に触れてしまう人たち>や<服と絵画が被っている人たち>の写真集が。

もっと見たいひとはこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Stefan Draschan
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
1989年、ルーヴル美術館中庭のナポレオン広場に設置された、建築家イオ・ミン・ペイによる「ルーヴル・ピラミッド」。当初、古典建築の前に近代的なモニュメント...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
ここで紹介する「Landysh」氏の作品は、とにかく眠ることが好きな人々へ向けたイラストの数々。ユーモア溢れるメッセージと共に、どうぞ!01.朝が昼ごろに...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...
お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
①ふかふかのベッドにバフっと埋もれる。②飲んで食べてゴロゴロしながら映画を見る。③ウトウトしてたら、いつの間にか寝落ち。そんな体験が映画館でできるんです。...
真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。確かに...